北海道中ひざくりげ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

北海道中ひざくりげ(ほっかいどうちゅう・ひざくりげ)は1987年4月から2020年3月まで放送され、NHK札幌放送局北海道各地の日本放送協会各局が制作していた紀行番組。一時、「新・北海道中ひざくりげ」のタイトルで放送されていたり、「北海道スペシャル」の枠内で放送されていた時期がある。

概要[編集]

  • 1987年4月9日放送開始、2020年3月13日放送終了[1][2]
  • NHK札幌局のアナウンサーがレポーターを務め、北海道内すべての市区町村を訪問し、そこで見つけた人・もの・文化・自然・グルメをアナウンサーの視点から見つめつつ訪ね歩くシリーズである。
  • 初期は藤谷栄也アナウンサーが月1度旅人を務め、残り3週は道内各局の若手アナウンサーが担当していた。
  • 1990年代後半には総合テレビ深夜に全国再放送があった。衛星第2テレビでも不定期に再放送された。
  • 番組連動のデータ放送を実施。また、2012年4月から字幕放送も実施している。全国放送番組の時差放送を除けば北海道ローカルにおける地域番組の字幕放送実施は本番組が初めてとなる。字幕放送は当初、再放送時のみ行っていたが、2013年4月以降は本放送でも実施するようになった。
  • 番組に携わるスタッフは5人(ディレクター・アナウンサー・カメラマン・音声マン・ドライバー)、ロケの期間はおおむね6日であった。

主な旅人[編集]

主な旅人以外の担当した各局のアナ[編集]

ほか多数。その他、道内各地の放送局アナウンサー・契約女性キャスターも参加した。

放送記録[編集]

放送日 内容 旅人
1987年4月9日 吹き荒れて・春~浜頓別町~ 藤谷栄也
1987年4月16日 足踏めば音がするなり太鼓山~厚沢部町~ 藤谷栄也
1987年4月23日 ラッコ会いたや春の海~ユルリ島~
1987年4月30日 幻の鍾乳洞を探せ!~島牧村~
1987年5月14日 山の湖に春の精を見た~南富良野町~
1987年5月21日 アドベンチャー号 クマゲラの森を行く~然別湖~
1987年5月28日 名水集合・里の春~東藻琴村~
1987年6月4日 政宗一門・花よし酒よし人もよし~伊達市~
1987年6月11日 清流に仙人ひとり住むという~士幌町~
1987年6月18日 四つ子わんぱく便り~北村~
1987年6月25日 地名の旅 昔の名前で生きてます~釧路町~
1987年7月2日 売り物は気っぷの良さと生きの良さ~小樽市~ 藤谷栄也
1987年7月9日 島の子どもは鳥見て育つ~天売島~ 鎌田正幸
1987年7月16日 滝さがし夢さがし~滝上町~
1988年7月14日
1989年6月29日 神威の森で羅漢は生まれた~浦河~
1990年1月25日 雪原を走れ!トナカイの夢~幌延町~
1990年4月26日 清流の里にカヌーをこぐ~千歳市~ 鎌田正幸
1990年6月14日 緑の大地に羊の国の夢をみる~白糠町~ 品田公明
1991年5月16日 "兄ちゃん"の里にふれあい見つけた~栗沢町・万字~ 鎌田正幸
1992年7月2日 山里に故郷の夢描く~端野町~ 二見和男
1993年11月13日 宝島の夢追い夫婦の住むという~松前町 松前小島~ 二見和男
1993年12月18日 波の谷間で"ひとうなり"~鹿部町~
1995年5月14日 春本番でっかいイチゴに夢馳せて~比布町~
1995年12月10日 モチの里 夢もふっくら六人衆~風連町~ 白崎義彦
1996年3月17日 炭鉱の町いまも輝く~赤平市~ 二見和男
1996年12月8日 故郷の山にとどろけ樽太鼓~羅臼町~ 齋藤哲
1997年10月19日 木登り師山の男の誇りをかけて~丸瀬布町~ 河島康一
1998年3月1日 牛舎がおれたちのアトリエ~別海町 高市佳明
1998年5月31日 馬馳せる浜に「わんぱく」育つ~浜中町~ 武田康孝
1999年6月6日 おやじ釣り師 オホーツク一番勝負 武田康孝

2000年代[編集]

内容 旅人
2000年3月5日 温泉のともしびいつまでも~足寄町 羽隅将一
2000年5月19日 春の息吹 待ちわびた里で~知床半島 高市佳明
2000年6月 ふるさとの山に抱かれて~函館山 木村マサ子
2000年7月21日 夏・積丹 ふるさとの歌声ひびく 大橋信之
2001年1月19日 元気です!風としばれのふるさとの浜~厚田・浜益村 増子有人
2001年4月20日 おやじかっこいい浜~春・猿払村 堀伸浩
2001年5月11日 街道にぬくもり訪ねて~恵庭・千歳 福田光男
2001年12月14日 川が運ぶふるさとの宝もの~鵡川町・穂別町~
2002年10月4日 秋色 夢色 オロロン浪漫 堀伸浩
2003年8月1日 海霧の町に夏きたる~浜中町~ 堀越将伸
2003年9月5日 清流を楽しむ ふるさとの夏~蘭越町~ 増子有人
2003年10月17日 男たちの演歌が大漁を呼ぶ~鹿部町~ 志摩悦二郎
2003年12月5日 カルデラの里は冬じたく~赤井川村~ 武田涼介
2004年2月13日 白鳥が舞う恵みの湖~厚岸町~ 堀越将伸
2004年11月26日 ふるさとのぬくもり求めて~北桧山町~ 高瀬登志彦
2004年12月10日 湖にロマン 大地に笑顔~佐呂間町~ 松村志高
2006年6月30日 地域のきずな いつまでも~当別町~ 堀伸浩
2006年7月28日 学びやに木霊(こだま)が響く~厚沢部町~ 筒井亮太郎
2006年9月15日 ふるさとの夜空 紅く燃えて~沼田町・夜高あんどん祭り~ 赤松俊理
2006年10月27日 思い出の川 いつまでも~札幌・創成川~ 吉岡大輔
2008年2月23日 蒸気機関車はわれらが誇り ~標茶町~ 稲塚貴一
2008年3月 頑張っています!狸小路 ~札幌市~
2008年4月 雪の農家にみつけた春 ~新篠津村~
2008年6月29日 ふるさとの輝きを探して ~浦幌町~ 三好正人
2008年7月20日 牛も幸せに 人も幸せに~喜茂別町 南山吉弘
2008年8月 ツリーハウスは僕らのきずな~白糠町~ 稲塚貴一
2008年9月 魅惑の街・路地裏を一歩入れば ~札幌・円山~ 高瀬登志彦
2008年10月 家族の想い 実りに託して~三笠市~ 南山吉弘

主題歌[編集]

「北の旅人」[5]
作詞 - 庄司明弘 / 作曲 - 南こうせつ / 編曲 - 石川鷹彦 / 歌 - 南こうせつ

放送日時[編集]

  • 概ね毎月最終金曜日(8・12・3月は除く)地域情報番組北スペシャル)枠の20:00 - 20:28(2006年より末尾の3分間はおすすめのスポットを紹介する「ふらっとひざくりげ」を編成。2013年4月以降は20:00 - 20:25となり、「ふらっとひざくりげ」のコーナーは廃止)。原則として翌日の土曜10:35 - 11:03と9日後の日曜8:00 - 8:25に再放送。なお、再放送は前述の時間帯以外にも地域編成の空いた時間枠で組まれることがある。
    • 開始初期は毎週(当初は木曜日19:30 - 20:00)放送されていたが、2000年代以降は北海道スペシャルの枠内(20時台)で放送となり、2006年より再び独立[6]。2014年度以降は不定期放送となり2014 - 2016年度は『穴場ハンター』と組み合わせる形での初回放送、2017年以降は『北海道クローズアップ』を休止し19:30 - 19:55に初回放送し「北海道LOVEテレビ」内で『穴場ハンター』と組み合わせ再放送される。
    • 2005年3月4日に「北海道スペシャル」内で400回記念の特別番組が放送された。
    • 2011年9月22日(木曜日)には放送開始25周年のスペシャルが放送された(19:30 - 20:43)。

脚注[編集]

  1. ^ 「北海道中ひざくりげ」がついに最終回! 旭川・江丹別のブルーチーズドリーマーが登場 - Yahoo!テレビ(archive.is)
  2. ^ 「外伝」を含めると3月27日が最終。(番組HP)
  3. ^ a b c 歴代名物旅人からのメッセージ|北海道中ひざくりげ”. web.archive.org (2012年12月4日). 2021年3月19日閲覧。
  4. ^ 1988年12月1日『のぼれシシャモよ 月夜の川に ~白糠町~』が担当初回。
  5. ^ 南こうせつ* - 北の旅人”. Discogs. 2019年9月25日閲覧。
  6. ^ NHK札幌放送局”. web.archive.org (2007年9月18日). 2021年3月19日閲覧。
NHK総合テレビ 金曜日 7時30分-7時50分
前番組 番組名 次番組
-
北海道中ひざくりげ
NHK総合テレビ 日曜日 8時-8時25分
-
北海道中ひざくりげ(再放送)
北海道道(再放送)