北海道中央バス白石営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北海道中央バス 白石営業所

北海道中央バス白石営業所(ほっかいどうちゅうおうバスしろいしえいぎょうしょ)は、北海道中央バス(中央バス)が北海道札幌市白石区川北2254-7に設置する、バス事業部(旧・札幌事業部)に属する営業所である。乗車券発売は定期乗車券の予約取次のみ行う。

敷地内に整備部札幌整備工場に属する白石整備場を併設する[1][2]

歴史[編集]

  • 1960年12月3日 - 札幌市交通局白石営業所として、札幌市白石町本通16丁目南(現在JICA札幌国際センターなどがある位置)に開設。
  • 1977年11月 - 東営業所の開設に伴い、東区内の路線を移譲。
  • 1986年 - 厚別支所開設。
  • 1993年12月20日 - 現在地に移転。
  • 2001年4月1日 - 札幌市営バスよりに営業所移譲。同日厚別支所(バス停名は「厚別東5条1」に変更)廃止。
  • 2008年6月17日 - 同年12月に白石営業所管轄の北郷線、川下線、本郷線、米里線、山本線、厚別通線、小野幌線、白石本線、北郷本線を廃止すると届出[3](白石本線・北郷本線以外は札幌市営バス移管路線)。
  • 2008年9月4日 - 上記路線廃止届を撤回。

路線[編集]

白石区・厚別区方面が中心[4][5]。下記の他、他営業所が主担当の路線を運行する場合や、下記路線を他営業所が運行する場合がある。

札幌市交通局札幌市営地下鉄)との連絡運輸乗継割引)は、太字(乗継指定)停留所・駅からバス乗車方向関わらず全区間で適用される。都心発着路線は南郷線に乗継指定区間がある他は非適用となる[6]。乗継割引に関する概要は、北海道中央バス#運賃形態札幌市営地下鉄#乗継割引を参照。

2019年(平成31年)4月1日現在

都心発着[編集]

白石本線
北郷本線
  • 57:札幌駅前 - (55と同経路) - 北郷3条4丁目 - 北郷4条9丁目 - 川下5条1丁目 - 白石高校 - 白石営業所
    • 2005年2月1日新設

地下鉄白石駅・南郷7丁目経由[編集]

南郷線

地下鉄白石駅発着[編集]

白石営業所[編集]

川下線
  • 白22:地下鉄白石駅 - 中央3条4丁目 - 北郷2条4丁目 - 北郷2条8丁目 - 北都小学校 - 川下5条1丁目 - 白石高校 - 白石営業所
    • 1993年12月20日、営業所移転に伴い、(白22)北郷2条線(地下鉄白石駅前 - 中央1条3 - 北郷2条9 - (旧)白石営業所前)の終点を(現)白石営業所に、路線名を(白24)川下線(地下鉄白石駅 - 中央1条3 - 北郷2条7 - 北郷4条9 - 川北1条2 - 白石高校 - (現)白石営業所)に系統変更。
    • 1996年4月1日、番号を(白22)に、経由を川北1条2から北郷2条13に変更。
  • 白24:地下鉄白石駅 - 白石本通4丁目 - JR白石駅 - 北郷2条7丁目 - 川下会館 - 八幡宮 - 川下公園・白石高校経由/川下共栄・北川下経由 - 白石営業所(→東米里白陵高校
    • 川下公園・白石高校経由の一部便は白陵高校まで運行。
北郷線
  • 白23:地下鉄白石駅 - 白石小学校 - JR白石駅北口 - 北白石中学校 - 北郷公園 - 白石高校 - 白石営業所(→東米里→白陵高校)
    • 一部便は白陵高校まで運行。
  • 白23:地下鉄白石駅 - (同経路) - 白石高校 - 川下公園 - 川下共栄 - 北川下 - 白石開拓記念碑 - 白石営業所
    • 白石営業所発白石開拓記念碑経由の一部便はJR白石駅北口を経由しない「北郷通直通便」。
    • 2003年12月1日、白石開拓記念碑経由便の経路を、「地下鉄白石駅 - 瑞穂中央 - 白石開拓記念碑 - 白石営業所」から「地下鉄白石駅 - 川下公園 - 北川下 - 白石開拓記念碑 - 白石営業所」の大回り経路に変更。
    • 2008年12月17日、JR白石駅北口への乗り入れを開始。南口への乗り入れは前日で終了。同時に、JR白石駅に乗り入れない「北郷通直通便」を新設[8]
    • 2009年12月1日、急行便(地下鉄白石駅←(環状通)←北郷公園←白石営業所)を廃止、北郷通直通便に振り替え。

美園・平岸、環状通東[編集]

白石平岸線
  • 白30:地下鉄白石駅 - 栄通1丁目 - 美園駅 - 豊平区役所 - 平岸3条9丁目 - 平岸駅
    • 2000年4月1日、札幌市営バスから北海道中央バス(平岡営業所)に移譲。
    • 2001年4月1日、白石営業所に転籍。
北15条線

新さっぽろ駅発着[編集]

新さっぽろ駅新札幌バスターミナルを示す(厚別ふれあい循環バスを除く)。

もみじ台・森林公園[編集]

もみじ台団地線
  • 白28:厚別東5条1丁目 - 新さっぽろ駅 - もみじ台団地入口 - もみじ台北3丁目 - もみじ台南2丁目経由/テクノパーク入口経由 - もみじ台団地
  • 白29:新さっぽろ駅 - 青葉町中央 - 青葉通橋 - もみじ台南3丁目 - もみじ台団地
    • 厚別東5条1丁目 - もみじ台団地はもみじ台南2丁目経由。新さっぽろ駅 - もみじ台団地はいずれかを経由。
    • 札幌市営バス当時は厚別支所管轄。
    • 199X年XX月XX日、(白37)厚別東通線(新さっぽろ駅 - 厚別東3条1 - 厚別支所前(現在の厚別東5条1丁目)の廃止に伴い、白28の一部便を厚別支所前まで延長。
小野幌線
  • 白35:新さっぽろ駅 - 厚別東3条1丁目 - 小野幌小学校 - 厚別中学校 - 小野幌神社 - 厚別北3条4丁目 - タウン中通 - 森林公園駅
    • 札幌市営バス当時は厚別支所管轄。
    • 2005年7月1日、森林公園パークタウンに乗り入れ開始。
    • 2018年12月1日、新さっぽろ駅 - 厚別中学校間、南郷通(もみじ台団地入口・もみじ台北3丁目)経由から原始林通経由の現経路に変更[9]

南郷7丁目、白石営業所[編集]

北都線
  • 白25:南郷7丁目駅 - 北郷2条8丁目 - 北都小学校 - 東川下 - 厚別西2条3丁目 - 厚別中央4条4丁目 - 東商業高校 - 新さっぽろ駅
    • 札幌市営バス当時は厚別支所管轄。
    • 2000年4月1日、札幌市営バスから北海道中央バス(平岡営業所)に移譲。
    • 2001年4月1日、白石営業所に転籍。
厚別通線
  • 白38:新さっぽろ駅 - 小野幌小学校 - 厚別中学校 - 小野幌神社 - 厚別北小学校 - 厚別高校 - 川下5条1丁目 - 白石高校 - 白石営業所( - 東米里 - 白陵高校)
    • 一部便は白陵高校発着で運行。
    • 札幌市営バス当時は厚別支所管轄。

ひばりが丘、山本、厚別循環[編集]

山本線
  • 白27:新さっぽろ駅 - 青葉町1丁目 - ひばりが丘駅 - 旭町 - 花き卸売市場 - 山本稲荷 - 厚別高校 - 山本中央 - 山本四区(→白陵高校)
    • 一部便は白陵高校まで運行。2001年12月1日新設(厚別高校止まりの便を延長)。
    • 札幌市営バス当時は厚別支所管轄。
厚別ふれあい循環バス
  • 厚別駅→厚別中央まちづくりセンター→旭町→ひばりが丘駅→青葉町1丁目→新さっぽろ駅→東商業高校→厚別中央4条4丁目→厚別駅
    • 連続で循環運転。始発便運行開始と最終便運行終了は厚別駅。
    • 2003年4月1日定期運行開始。

里塚緑ヶ丘、平岡[編集]

新さっぽろ線
  • 新93・循環新93:新さっぽろ駅 - 青葉町1丁目 - 厚別南4丁目 - 太洋団地入口 - 東栄通中央 - 東栄通 - ライブヒルズ南 - 緑ヶ丘団地/緑ヶ丘団地東
    • 新93の往路は緑ヶ丘団地東経由緑ヶ丘団地終着、復路は緑ヶ丘団地東始発緑ヶ丘団地経由。
    • 2019年4月1日、大曲営業所から移管。緑ヶ丘団地で打ち切らず新さっぽろへ戻る循環新93新設[10]
新さっぽろ平岡線(ジェイ・アール北海道バス厚別営業所)と相互乗り入れ
  • 循環新111:新さっぽろ駅 - 青葉町1丁目 - 厚別南4丁目 - 雇用促進住宅入口(→平岡公園東2丁目→平岡4条3丁目→上野幌2条1丁目→雇用促進住宅入口)
    • 1999年4月1日開設。新さっぽろから雇用促進住宅入口を経て、カッコ内を循環し、雇用促進住宅入口から新さっぽろへ戻る循環線
    • 2019年4月1日、平岡営業所から移管。系統番号を新111から変更[10]

休廃止路線[編集]

北柏山バス転換所
本郷線
  • 白34:地下鉄白石駅 - 白石区役所 - 白石本通8 - (白石本通) - 北柏山
  • 白34:地下鉄白石駅 - 白石区役所 - 白石本通8 - (平和通) - 大谷地駅
    • 1993年12月20日、札幌市交通局白石営業所移転に伴い以下の4路線を統合し、上記2系統を新設。
      • (白34)本郷線(地下鉄白石駅 - 白石区役所前 - 白石本通8 - (旧)白石営業所前)
      • (白33)白石本通線(地下鉄白石駅 - 白石中央 - 白石本通8 - (旧)白石営業所前)
      • (白26)柏山線(南郷7丁目駅 - 白石本通8 - 北柏山)
      • (白29)平和通線(地下鉄白石駅 - 平和通3 - (平和通) - 大谷地バスターミナル)
    • 2010年4月1日、大谷地駅発着系統を廃止。
    • 2016年12月1日、廃止。同日72南郷線をJR平和駅前(旧 北柏山)まで延伸し代替[7]
米里線
創成川・白石線
  • 創75:札幌駅北口 - 札幌ターミナル→南3条橋(往路)/北海道四季劇場←南3条東2丁目(復路) - 豊平橋 - 豊平3条8丁目 - 美園3条2丁目 - 豊平郵便局 - 月寒東2条1丁目 - 月寒中学校 - アサヒビール園 - 白石本通4丁目 - JR白石駅
    • 1998年12月1日、南郷営業所の廃止に伴い平岡営業所に移管。
    • 2001年12月1日、白石営業所へ移管。
    • 2011年12月1日、起点を札幌駅前(みずほ銀行前)から札幌駅北口に、都心の経路を西2丁目通・西3丁目通から創成川通に変更し、系統番号を75から創75に変更。同時に、創成川公園線(札幌駅前 - 創成川通 - 福住駅、2011年5月23日運行開始、大曲営業所管轄)を廃止。
    • 2019年4月1日、廃止[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 組織図”. 北海道中央バス. 2018年11月22日閲覧。
  2. ^ 一般社団法人札幌地方自動車整備振興会会員名簿 (PDF)”. 札幌地方自動車整備振興会. p. 5. 2018年11月22日閲覧。
  3. ^ 諸般の事情により当社白石営業所管轄9路線を廃止することについて (PDF)”. 北海道中央バス. 2018年11月22日閲覧。
  4. ^ 札幌地区営業所の担当路線の系統番号”. 北海道中央バス. 2018年10月11日閲覧。
  5. ^ 市内路線バス 路線案内”. 北海道中央バス. 2018年10月11日閲覧。
  6. ^ 札幌市営交通ご利用ガイド (PDF)”. 札幌市交通事業振興公社. pp. 27 - 28. 2018年10月11日閲覧。
  7. ^ a b 白34本郷線と72南郷線の統合について”. 北海道中央バス. 2016年12月17日閲覧。
  8. ^ 白23北郷線 12/17からJR白石駅周辺運行経路を変更 (PDF)”. 北海道中央バス. 2018年11月21日閲覧。
  9. ^ 白35小野幌線の経路が変わります!”. 北海道中央バス. 2018年12月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月9日閲覧。
  10. ^ a b 中央バスH30冬ダイヤ時刻表E (PDF)”. 北海道中央バス. 2019年4月2日閲覧。大曲(新93)・平岡(新111)営業所。中央バスH31夏ダイヤ時刻表E (PDF)”. 北海道中央バス. 2019年4月2日閲覧。白石営業所。
  11. ^ 2019年4月1日ダイヤ改正に伴う路線廃止のおしらせ (PDF)”. 北海道中央バス. 2019年4月2日閲覧。

座標: 北緯43度4分10.73秒 東経141度26分23.03秒 / 北緯43.0696472度 東経141.4397306度 / 43.0696472; 141.4397306