北海道人造石油

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北海道人造石油(ほっかいどうじんぞうせきゆ)は、かつて北海道滝川市に存在した石炭化学メーカーである。

概要[編集]

1939年昭和14年)、第二次世界大戦直前の石油需給が逼迫する背景の中で設立。ドイツから技術移転した石炭液化技術(フィッシャー・トロプシュ法)により、人工的な石油の製造を目的とした株式会社。出資者は、特殊会社である帝国燃料興業が中心となり、三井三菱住友の三大財閥(前二社は近隣の石狩炭田に炭鉱を有していた)のほか、北海道炭礦汽船などであり、資本金7,000万円と当時としては破格の財務規模を有していた。これに加え、人造石油製造事業法に基づく多額の補助金がつぎ込まれたため、資金は潤沢であった。

しかしながら太平洋戦争に突入すると、資材不足などがたたりプラントの稼働率は低迷。230,000 klの生産予定は7,000 klの生産に留まり、石油不足の解消に貢献しないまま終戦を迎えた[1]

戦後の1946年(昭和21年)9月に滝川化学に改組したが、設備が膨大で採算には程遠く、1952年(昭和27年)6月に経営破綻に至った。施設の一部として会社法人の本社建屋が陸上自衛隊滝川駐屯地本部隊舎として、研究所及び工場としての建築物が留萌駐屯地[2]に残されている[3]

従業員の待遇には手厚いものがあった。学校を卒業したばかりの10代の養成工に対して、午前中はドイツ人教師による石油化学の教育を施し、午後には仕事に従事させることも行われていた(1944年(昭和19年)まで)[4]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 北海道人造石油滝川工場遺構 北海道文化資源データベースホームページ
  2. ^ 当時の研究所母屋が現在の連隊本部隊舎として活用されている
  3. ^ 北海道人造石油株式会社研究所棟 そらち産業遺産と観光ホームページ
  4. ^ 小石川武美 「人間として命を与えられたよろこび」『穂別高齢者の語り聞き史(昭和編)大地を踏みしめて 上』穂別高齢者の語りを聞く会、2014年、p74。

関連項目[編集]

  • GTL
  • 三井化学 - 日本国内でフィッシャー・トロプシュ法に関する特許権を有していた。