北海道大学大学院水産科学研究院・大学院水産科学院・水産学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北海道大学 > 北海道大学大学院水産科学研究院・大学院水産科学院・水産学部
水産学部附属練習船おしょろ丸V世

北海道大学大学院水産科学研究院(ほっかいどうだいがくだいがくいんすいさんかがくけんきゅういん、英称:Faculty of Fisheries Sciences)及び北海道大学大学院水産科学院(ほっかいどうだいがくだいがくいんすいさんかがくいん、英称:Graduate School of Fisheries Sciences)は、北海道大学大学院に設置される研究科以外の組織の一つである。また、北海道大学水産科部(ほっかいどうだいがくすいさんがくぶ、英称:School of Fisheries Sciences)は、北海道大学に設置される学部の一つである。

概要[編集]

北海道大学水産学部は、1949年の新制北海道大学発足時に、札幌農学校水産学科を源流とする函館水産専門学校を吸収して設立された学部。1953年に大学院水産学研究科が設置された。附属練習船としておしょろ丸を保有している[1]

沿革[編集]

学科[編集]

  • 入学定員215人[2]
    • 海洋生物科学科[2]
    • 海洋資源科学科[2]
    • 増殖生命科学科[2]
    • 資源機能化学科[2]

著名な出身者[編集]

政治、行政[編集]

経済[編集]

マスコミ[編集]

研究[編集]

文化[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 「沿革」北海道大学水産学部
  2. ^ a b c d e [1]北海道大学