北海道庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北海道の旗 北海道の行政官庁
北海道庁
ほっかいどうちょう
Hokkaido Government
Flag of Hokkaido Prefecture.svg
北海道庁本庁舎
北海道庁本庁舎
役職
知事 鈴木直道
副知事 浦本元人
土屋俊亮
中野祐介
組織
知事部局 総務部
総合政策部
環境生活部
保健福祉部
経済部
農政部
水産林務部
建設部
出納局
企業局
道立病院局
行政委員会 北海道教育委員会
(教育庁)
北海道公安委員会
警察本部
選挙管理委員会
人事委員会
監査委員
労働委員会
収用委員会
連合海区漁業調整委員会
海区漁業調整委員会
内水面漁場管理委員会
振興局 空知総合振興局
石狩振興局
後志総合振興局
胆振総合振興局
日高振興局
渡島総合振興局
檜山振興局
上川総合振興局
留萌振興局
宗谷総合振興局
オホーツク総合振興局
十勝総合振興局
釧路総合振興局
根室振興局
概要
所在地 北海道札幌市中央区北3条西6丁目1番地
北緯43度3分52.6秒
東経141度20分48.5秒
座標: 北緯43度3分52.6秒 東経141度20分48.5秒
定員 一般行政部門12,689人[1]
教育部門38,069人
警察部門11,986人
公営企業等会計部門965人
年間予算 一般会計2兆8,609億円(令和元年度(2定補正後))[2]
設置 1869年(明治2年)
前身 北海道庁 (1886-1947)
ウェブサイト
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/
テンプレートを表示

北海道庁(ほっかいどうちょう、: Hokkaido Government)は地方公共団体である北海道行政機関首長北海道知事

歴史[編集]

  • 1869年明治2年) - 開拓使設置、蝦夷地を北海道と改称11国86郡を置く
  • 1882年(明治15年) - 開拓使を廃止、札幌県・函館県・根室県の3県を設置
  • 1886年(明治19年) - 3県1局を廃止し、北海道庁を設置
  • 1888年(明治21年) - 北海道庁の本庁舎(現在の赤れんが庁舎)落成
  • 1897年(明治30年) - 北海道区制、一級町村・二級町村制公布。郡役所を廃止し、19支庁を設置
  • 1901年(明治34年) - 第1期北海道議会議員選挙(定数35人)
  • 1904年(明治37年) - 屯田兵条例廃止
  • 1923年大正12年) - 戸長役場を全廃し、町村制を施行(市6、一級町村99、二級町村155)
  • 1947年昭和22年) - 普通地方公共団体として北海道を設置
  • 1958年(昭和33年) - 北海道大博覧会開催
  • 1968年(昭和43年) - 北海道百年記念祝典開催
  • 1972年(昭和47年) - 第11回冬季オリンピック札幌大会開催。札幌市が政令指定都市に指定
  • 2010年(平成22年) - 14支庁を9総合振興局・5振興局に改組

北海道の自治体組織(知事部局)[編集]

本庁[編集]

[表示]をクリックすると一覧を表示

総合振興局・振興局[編集]

全道14分し、それぞれに総合振興局又は振興局を設置している。 [表示]をクリックすると一覧を表示

出先機関[編集]

[表示]をクリックすると一覧を表示

行政委員会[編集]

[表示]をクリックすると一覧を表示

議会[編集]

  • 議会事務局 (総務課、議事課、政策調査課、秘書室)

不祥事[編集]

  • 北海道庁でパソコンソフト約4700本が違法コピーして使われていたことが2009年11月14日に発覚。マイクロソフト社に対してライセンス(許可)料約1億4000万円を支払うなどで合意。
  • 北海道庁から接続のIPユーザーがWikipediaの項目に、高橋はるみ道知事を賛美する記述をした上、チマチョゴリ切り裂き事件を「朝鮮総連による自作自演劇」と書き換えたことが、WikiScannerによって明らかになった。
  • 北海道庁爆破事件 - 1976年に発生したテロ事件

脚注[編集]

  1. ^ 平成30年地方公共団体定員管理調査結果 (PDF) - 総務省自治行政局公務員部給与能率推進室(平成31年3月)
  2. ^ 令和元年度予算の概要 - 北海道総務部財政局財政課

関連項目[編集]

議会[編集]

地方独立行政法人[編集]

関与団体(外郭団体)[編集]

その他[編集]