北海道文教大学短期大学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北海道文教大学短期大学部
大学設置 1963年
創立 1942年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人鶴岡学園
本部所在地 北海道札幌市南区藤野400
学部 幼児保育学科
テンプレートを表示

北海道文教大学短期大学部(ほっかいどうぶんきょうだいがくたんきだいがくぶ、英語: Hokkaido Bunkyo University Junior College)は、北海道札幌市南区藤野400に本部を置いていた日本私立大学である。1963年に設置。大学の略称は文教短。

概観[編集]

大学全体[編集]

  • 北海道文教大学短期大学部は、北海道札幌市南区内にある日本私立短期大学。学校法人鶴岡学園により1963年に北海道栄養短期大学として設置された。当初は、独立型の短大だったが、北海道文教大学開学後は一部の学科が学部に吸収され、現在 1 学科体制と小規模化された。かつては恵庭市にもキャンパスがあったが廃止された。

建学の精神(校訓・理念・学是)[編集]

  • 北海道文教大学短期大学部の学訓は「清く 正しく 雄々しく進め」となっている。

教育および研究[編集]

  • 北海道文教大学短期大学部に幼児保育学科があり、大学附属幼稚園での「教育実習」も取り入れられている。

学風および特色[編集]

  • 北海道文教大学短期大学部は、大学に付設された短大となっているが、札幌市内に独自のキャンパスをもっている。
  • 現在、女子を対象とした短大となっている[1]

沿革[編集]

  • 1942年 北海道女子栄養学校を創設。
  • 1947年 北海道栄養学科に改称。
  • 1963年 北海道栄養短期大学(ほっかいどうえいようたんきだいがく)として開学。食物栄養学科を置く[2]
  • 1965年 別科調理専修が設置される。
  • 1966年 家政学科を設置[3]
  • 1968年 幼児教育学科を設置(後に、幼児保育学科と改称)
  • 1981年 専攻科食物専攻を設置。
  • 1988年 食物栄養学科・別科を恵庭市の新キャンパスに移転。これらの学科に男子学生の受け入れを開始する[4]
  • 家政学科を生活文化学科に改称:募集は1998年度まで。
  • 1994年 北海道文教短期大学(ほっかいどうぶんきょうたんきだいがく)と改称。
  • 2002年 北海道文教大学短期大学部に改組。
  • 2009年度をもって学生募集を終了。以後は、北海道文教大学に移行。
  • 2011年廃止。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 北海道札幌市南区藤野400

象徴[編集]

  • 北海道文教大学短期大学部のカレッジマークは学校法人名から、ツルをイメージしたものとなっている。

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 幼児保育学科

過去にあった学科[編集]

  • 生活文化学科:募集は1998年度まで
  • 食物栄養学科:学生募集は2002年度までで、翌年度より北海道文教大学へ移行。

専攻科[編集]

  • かつて食物専攻が設置されていた。

別科[編集]

  • かつて調理専修が設置されていた。現在は、北海道文教大学の別科として設置されている。

取得資格について[編集]

  • 幼児保育学科では、幼稚園教諭二種免許状保育士資格が取得できる。
  • 過去にあった食物栄養学科には栄養士資格が取得できるカリキュラムが設定されていた。
  • かつて中学校教諭二種免許状(家庭保健)が、生活文化学科・食物栄養学科それぞれに設置されていた。
  • 別科調理専修では、調理師資格が取得できるカリキュラムが設置されている。

学生生活[編集]

部活動・クラブ活動・サークル活動[編集]

学園祭[編集]

  • 北海道文教大学短期大学部の学園祭は「文華祭」と呼ばれ現在は、札幌キャンパスで行われている。かつてあった恵庭キャンパスでは「華食祭」として行われていた。

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

大学関係者[編集]

施設[編集]

札幌キャンパス[編集]

  • 使用学科:幼児保育学科
  • 使用専攻科:なし
  • 使用附属施設:なし
  • 交通アクセス:札幌市営地下鉄南北線真駒内駅より札幌市営バス93番又は定鉄バス12番で「藤野3条2丁目」バス停留所下車、徒歩でおよそ10分程度。
  • 設備:創立者である鶴岡新太郎・トシ夫妻の胸像がある。キャンパスの裏手には「小鳥の村」がある。図書館の所蔵資料数はおよそ66,000冊となっている。

旧・恵庭キャンパス[編集]

  • 使用学科:旧・食物栄養学科、旧・生活文化学科
  • 使用専攻科:食物専攻
  • 設備: 現在は、北海道文教大学のキャンパスとして使用されている。

対外関係[編集]

系列校[編集]

附属校[編集]

社会との関わり[編集]

  • 保育セミナーや文教子ども劇場を催している。

卒業後の進路について[編集]

就職について[編集]

編入学・進学実績[編集]

  • 北海道文教大学への編入学が多い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 唯一、男女共学だった、食物栄養学科が大学に改組されたため。
  2. ^ 当初の在学者数は136人となっている
  3. ^ 当初の在学者数は45人となっている。
  4. ^ 当時、6人が在籍していた。

参考文献[編集]

関連項目[編集]