北海道第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗北海道第2区
衆議院小選挙区 北海道拡大枠.svg衆議院小選挙区 北海道石狩振興局.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 札幌市北区1区に属しない地域)・東区
(2017年7月16日現在)
比例区 北海道ブロック
設置年 1994年2017年区割変更)
選出議員 松木謙公
有権者数 460,059人
1.97 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

北海道第2区(ほっかいどうだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

札幌市北部一帯で、中心部その他へのベッドタウンとなる地域をカバーしている。新住民の多い地域であると共に、昔ながらの中小商工業者も多数居住している地域でもある。また、2017年の小選挙区改定までの区域は札幌市北区・東区の全域であった。

歴史[編集]

2003年(平成15年)から2012年(平成24年)までは、民主党の三井辨雄と自民党の吉川貴盛が議席を争っていた。2003年(平成15年)からは3回連続で三井が当選していたが、2012年(平成24年)には自民党への全国的な追い風もあり、吉川が三井に比例復活を許さない大勝をおさめた。なお、この選挙では日本維新の会から出馬し得票数3位だった高橋美穂が比例復活している。

2014年(平成26年)の選挙では三井が引退、後継にそれまで北海道12区から出馬していて2区からの出馬経験がある元民主党の松木謙公を指名し維新の党から出馬(前回出馬した高橋は東京17区へ国替え)したが、民主党北海道連が反発し推薦候補として池田真紀を無所属で擁立。その結果、野党票が分散し吉川が再び勝利した(松木は2位で比例復活、池田は3位で落選後、北海道5区に国替えした)。

2017年(平成29年)の選挙では吉川と希望の党に移籍した松木が再び激突したが、吉川が勝利し松木は比例復活もできず落選した。

2020年12月、吉川が河井問題に関連し、アキタフーズから現金を受け取った疑惑で議員を辞職した。翌年4月に補欠選挙が行われ、自民党が公認候補の擁立を見送り松木が当選した。

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派 備考
第41回衆議院議員総選挙 1996年平成8年) 長内順一 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 吉川貴盛 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 三井辨雄 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 吉川貴盛 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年)
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第48回衆議院議員補欠選挙 2021年令和3年) 松木謙公 立憲民主党 ※吉川貴盛の議員辞職に伴う。
第49回衆議院議員総選挙    

選挙結果[編集]

当日有権者数:459,958人 最終投票率:30.46%(前回比:-26.66ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率推薦・支持
松木謙公62立憲民主党 59,664票
43.74%
国民民主党社会民主党日本共産党北海道委員会
鶴羽佳子53無所属27,355票
20.06%
山崎泉48日本維新の会22,459票
16.47%
新党大地
長友隆典52無所属15,738票
11.54%
斉藤忠行29NHK受信料を支払わない方法を教える党5,630票
4.13%
小林悟56無所属5,552票
4.07%

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:457,703人 最終投票率:57.12%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
吉川貴盛67自由民主党104,824票
41.35%
――公明党新党大地推薦
松木謙公58希望の党74,425票
29.36%
71.00%
金倉昌俊43日本共産党52,626票
20.76%
50.20%
小和田康文47日本維新の会21,643票
8.54%
20.65%

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:446,830人 最終投票率:52.86%(前回比:-3.04ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
吉川貴盛64自由民主党88,667票
38.85%
――公明党推薦
比当松木謙公55維新の党56,375票
24.70%
63.58%生活の党推薦、民主党の一部が支援
池田真紀42無所属46,922票
20.56%
52.92%民主党北海道連推薦[1]×
金倉昌俊40日本共産党36,277票
15.89%
40.91%
  • 高橋は東京17区に国替えし落選。その後第48回は北海道4区に再び国替えするも落選した。
  • 松木は第43〜46回は北海道12区で活動(通算3期)。
  • 池田は2016年の北海道5区補欠選挙に立候補し落選、その後第48回で再び5区で立候補し比例復活。

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:442,115人 最終投票率:55.90%(前回比:-15.13ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
吉川貴盛62自由民主党83,575票
34.97%
――公明党推薦
三井辨雄70民主党55,520票
23.23%
66.43%国民新党推薦
比当高橋美穂47日本維新の会47,139票
19.72%
56.40%
太田秀子55日本共産党28,183票
11.79%
33.72%
沢田隆二42みんなの党24,606票
10.29%
29.44%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:436,036人 最終投票率:71.03%(前回比:+3.06ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三井辨雄66民主党165,267票
54.22%
――
吉川貴盛58自由民主党93,870票
30.80%
56.80%
岡千陽46日本共産党27,580票
9.05%
16.69%
本田由美31社会民主党14,311票
4.70%
8.66%
山本志美42幸福実現党3,782票
1.24%
2.29%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日
当日有権者数:428,661人 最終投票率:67.97%(前回比:+10.49ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三井辨雄62民主党129,357票
45.31%
――
比当吉川貴盛54自由民主党127,031票
44.49%
98.20%
金倉昌俊30日本共産党29,131票
10.20%
22.52%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日
当日有権者数:422,095人 最終投票率:57.48%(前回比:-4.01ポイント)

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
三井辨雄60民主党107,840票
45.61%
――
吉川貴盛53自由民主党83,573票
35.35%
77.50%
小田一郎41日本共産党24,259票
10.26%
22.50%
石田幸子54無所属18,227票
7.71%
16.90%×
広坂光則55無所属2,531票
1.07%
2.35%×

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日 最終投票率:61.49%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
吉川貴盛49自由民主党76,276票
31.18%
――
石田幸子50民主党63,965票
26.14%
83.86%
紙智子45日本共産党60,461票
24.71%
79.27%
松木謙公41無所属19,775票
8.08%
25.93%×
浅野隆雄44社会民主党15,722票
6.43%
20.61%
藤田勉38自由連合8,456票
3.46%
11.09%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
長内順一49新進党73,697票
34.74%
――
比当吉川貴盛46自由民主党63,524票
29.94%
86.20%
山根幸嗣47日本共産党48,273票
22.75%
65.50%
松木謙公37自由連合20,009票
9.43%
27.15%
沢田健一32青年自由党6,653票
3.14%
9.03%

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]