北海道道111号静内中札内線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
主要地方道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
北海道道111号標識
北海道道111号 静内中札内線
主要地方道 静内中札内線
日高横断道路
総延長 79.601 km
実延長 72.747 km
制定年 1967年昭和42年)
起点 北海道日高郡新ひだか町静内田原
終点 北海道河西郡中札内村東1条南8丁目
接続する
主な道路
(記法)
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
北海道道71号標識
北海道道71号平取静内線
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
北海道道55号標識
北海道道55号清水大樹線
国道236号標識 国道236号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

北海道道111号静内中札内線(ほっかいどうどう111ごう しずないなかさつないせん)は、北海道新ひだか町中札内村を結ぶ道道主要地方道)である。

概要[編集]

北海道道111号幌尻覆道(舗装道終点)

21.3 kmの未開通区間があり、両町村の境界に掘削予定の静中トンネル(延長4,782 m)を含む7.4 kmは未着工となっていたが、1984年の着工から2003年の19年の歳月に約540億円[1]の建設費が費やされたにもかかわらず、さらに40年近い工期と約980億円[2]の資金が必要であったため、2003年(平成15年)8月8日に北海道開発局より計画の凍結(実質中止)が発表された。

路線データ[編集]

道路管理者[編集]

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年) - 北海道第二期拓殖計画において道路代替として簡易軌道上札内線の幸震(大正) - 上札内の敷設が計画される。中札内側のルーツ[要出典]
  • 1967年(昭和42年)3月31日 - 静内(現・新ひだか)側が道道577号高見静内停車場線に認定される[4]
  • 1980年(昭和55年)12月27日 - 道道577号を廃止し[5]、道道991号静内中札内線を認定される[6]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、道道静内中札内線が静内中札内線として主要地方道に指定される[7]
  • 1994年(平成6年)10月1日 - 路線番号を111号に変更[8]

路線状況[編集]

通称[編集]

  • 日高横断道路

重複区間[編集]

道路施設[編集]

主なトンネル[編集]

  • あかしやトンネル (654 m) 通行止め
  • かつらトンネル (279 m) 通行止め
  • にれトンネル (383 m)
  • かんばトンネル (761 m)
  • みずきトンネル (244 m)
  • かしわトンネル (614.8 m)
  • いたやトンネル (730 m)
  • しんぱくトンネル (407.5 m)

地理[編集]

通過する自治体[編集]

  • 日高振興局
    • 日高郡新ひだか町
  • 十勝総合振興局
    • 河西郡中札内村

交差する道路[編集]

新ひだか町
中札内村

沿線にある施設など[編集]

新ひだか町
中札内村

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 伊藤健次『新・分県登山ガイド0 北海道の山』山と渓谷社、2005年、ISBN 4-635-02300-1
  2. ^ 日高横断道 建設を凍結「しんぶん赤旗」
  3. ^ a b c d 道路現況調書 平成30年4月1日現在 北海道 (pdf)”. 一般財団法人 北海道建設技術センター (2019年3月27日). 2019年5月19日閲覧。
  4. ^ 1967年北海道告示第525号
  5. ^ 1980年北海道告示第3094号
  6. ^ 1967年北海道告示3093号
  7. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省
  8. ^ 1994年北海道告示第1468号

関連項目[編集]