北海道道779号南黄金長和線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
一般道道
Japanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
北海道道779号標識
北海道道779号南黄金長和線
地図
総延長 12.660 km
実延長 12.632 km
制定年 1972年(昭和47年)
起点 北海道伊達市南黄金町
終点 北海道伊達市長和町
接続する
主な道路
(記法)
国道37号標識 国道37号
国道453号標識 国道453号
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路
手前は北海道道779号南黄金長和線起点(国道37号交差点)・黄金小学校前。標識板の「室蘭 苫小牧」は普通な表記と異なり、近くの室蘭が上、遠くの苫小牧が下に書いてある。

北海道道779号南黄金長和線(ほっかいどうどう779ごう みなみこがねながわせん)とは、北海道伊達市内を結ぶ一般道道北海道道)である。

概要[編集]

路線データ[編集]

  • 起点:北海道伊達市南黄金町(国道37号交点)
  • 終点:北海道伊達市長和町(国道37号交点)
  • 総延長:12.660 km
  • 実延長:12.632 km
  • 重用延長:0.028 km

道路管理者[編集]

歴史[編集]

認定当初は伊達市網代町(伊達紋別停車場線交点)を終点としていた。2000年(平成12年)の有珠山噴火を受け、国道37号を補完する避難道路の整備が計画され、黄金網代線の延長(路線名変更)で対応することになった。整備区間には、長流川にかかる新長流川橋やJR室蘭本線をまたぐ長和跨線橋が建設された。

路線状況[編集]

重複区間[編集]

道路施設[編集]

主な橋梁[編集]

  • 錦橋(63 m、気門別川、伊達市錦町 - 伊達市山下町)
  • 新長流川橋(182 m、長流川、伊達市館山下町 - 伊達市長和町)
  • 長和跨線橋(234 m、室蘭本線、伊達市長和町)

地理[編集]

並行する国道37号よりも海側を走り、JR室蘭本線を渡る踏切が3ヶ所ある。

通過する自治体[編集]

  • 胆振総合振興局
    • 伊達市

交差する道路[編集]

沿線にある施設など[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1972年北海道告示904号
  2. ^ 2000年北海道告示2035号
  3. ^ 2006年北海道告示122号

関連項目[編集]