北海道道814号滝野上野幌自転車道線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
自転車専用道路
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
北海道道814号標識
北海道道814号滝野上野幌自転車道線
路線延長 37.6 km
制定年 1973年昭和48年)
起点 北海道札幌市南区滝野
終点 北海道札幌市厚別区青葉町
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0012.svg国道12号
Japanese National Route Sign 0275.svg国道275号
Japanese National Route Sign 0453.svg国道453号
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
北海道道341号標識
北海道道341号真駒内御料札幌線
■テンプレート(■ノート ■使い方) PJ道路

北海道道814号滝野上野幌自転車道線( ほっかいどうどう814ごう たきのかみのっぽろじてんしゃどうせん)は、北海道札幌市南区から同市厚別区に至る一般道道である。自転車歩行者専用道路で、札幌市域は札幌市管理路線。一部未開通区間あり。

概要[編集]

滝野上野幌自転車道線(豊平川左岸区間)

南区滝野の滝野すずらん丘陵公園から始まり、北海道道341号真駒内御料札幌線国道453号と並走した後藻岩上の橋豊平川を一度渡る。市内中心部を豊平川左岸沿いに通って雁来大橋(かりきおおはし)にて豊平川をもう一度渡り、今度は江別市方面に向かって走る。江別市内は一部未開通。大麻高校南側から国道12号まで東側に向かい、国道12号と並走して南へ向かい、小野津幌川から東へ向かってもみじ台通・厚別青葉通沿いに青葉町まで走り、白石サイクリングロード近くで終点となる。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1973年昭和48年)10月19日 滝野東雁来自転車道線として路線認定[1]
  • 1976年(昭和51年)3月31日 終点を東区東雁来から白石区厚別町上野幌(当時)へ延長、路線名を滝野上野幌自転車道線に変更[2]

地理[編集]

通過する自治体[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1973年北海道告示第3171号
  2. ^ 1976年北海道告示第1052号

関連項目[編集]

外部サイト[編集]