北澤豪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
北澤 豪 Football pictogram.svg
Kitazawa Tsuyoshi from "Goal! Goal! Goal! -The Best of Football Films-" at Opening Ceremony of the Tokyo International Film Festival 2018 (45618869921).jpg
第31回東京国際映画祭にて(2018年10月)
名前
愛称 キーちゃん、中盤のダイナモ
カタカナ キタザワ ツヨシ
ラテン文字 KITAZAWA Tsuyoshi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1968-08-10) 1968年8月10日(52歳)
出身地 東京都町田市
身長 170cm
体重 68kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1991 本田技研工業サッカー部 71 (17)
1991-1992 読売クラブ 20 (2)
1992-2002 ヴェルディ川崎/東京ヴェルディ 265 (41)
代表歴2
1991-1999[1] 日本の旗 日本 58 (3)
1. 国内リーグ戦に限る。2002年12月31日現在。
2. 1999年6月6日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

北澤 豪(きたざわ つよし、1968年8月10日 - )は東京都町田市出身の元サッカー選手。ポジションはMF。元サッカー日本代表。現在は日本サッカー協会理事、日本障がい者サッカー連盟会長[2]國學院大學客員教授[3]三桂所属のタレントサッカー解説者としても活躍している。

略歴[編集]

選手時代[編集]

小学生時代は町田SSS、町田市の町田JFC、中学時代は読売ジュニアユースに在籍[4]修徳高等学校に進学後はユースとの掛け持ちを認められず部活動に専念、1985年に全国高校サッカー選手権出場、翌1986年に高校総体ベスト8進出に貢献した。卒業後は宮本征勝監督の勧誘もあり本田技研工業サッカー部に入部した(同い年で同期就職に古川昌明黒崎久志)。

1990-91シーズンの日本サッカーリーグで得点王に輝いた。この活躍が認められ日本代表に選出されると、1991年4月4日のスパルタク・モスクワとの親善試合で代表デビューを飾り、同年6月のキリンカップでは2得点を決め、日本の初優勝に貢献するなど、レギュラーを務めていたが、1994 FIFAワールドカップ・アジア予選前の合宿中に負傷して以降は控えに回った[5]。最終予選の第4戦の韓国戦では先発出場して勝利、しかし最終戦のイラク戦(ドーハの悲劇)では出場機会が訪れなかった[5]1998年FIFAワールドカップ・フランス大会では、(前年のアジア最終予選では4試合で先発出場、ジョホールバルの歓喜と言われる、ワールドカップアジア第3代表決定戦のイラン戦で先発出場して勝利[6])、アジア予選突破に貢献したにも関わらず、本大会直前のフランス合宿中に三浦知良と共にメンバーから「ポジションがない」という理由で外された[7]。1991年から1999年までの間に日本代表に選出され、Aマッチ59試合に出場した[4]

1991年に古巣である読売クラブに倉田安治と一緒に移籍。Jリーグでは三浦知良ラモス瑠偉ビスマルクらと共にヴェルディ黄金時代を支える主力選手の1人となり、独特の長髪でアイドル的な人気を誇った。1994年にはベストジーニスト賞にも選ばれている[8]。Jリーグ開幕戦となったマリノス戦では日本代表の合宿での怪我の影響で[5]、後半からの出場となったが[9][10]、第2節のジェフ戦でJリーグ初ゴールを挙げた[9]。晩年は出場機会に恵まれなくなったもののヴェルディ一筋。旺盛な闘志と豊富な運動量を誇るプレースタイルから、中盤の“ダイナモ”と称された[7]

2002年に現役を引退。Jリーグでは通算264試合に出場、41ゴールを挙げた[4]。2002年終盤に、翌年横浜F・マリノスの監督の就任が決定していた、岡田武史から移籍オファーが届いたが、膝の調子がよくなくオファーを断った。2003年6月21日に国立競技場で開催された引退試合には多くのファン、プレーヤーなどが集まった。

Jリーグ開幕後はスタメン選手は11以下の背番号という決まりがあったため8番をつけた(固定背番号制になっても8を着用)が、好きな背番号は戸塚哲也にあこがれて14だった。

なお本田技研所属時、第1回FIFAフットサル世界選手権出場の為に(自身と同い年の野田知1名除き)本田の選手によって構成されたフットサル日本代表にも選出されており[11]、グループリーグの対カナダ戦で宮本監督の期待に応え2得点を挙げている。

引退後[編集]

四ツ木駅前に設置されている北澤豪の足型レリーフ。

引退後はサッカー解説者を務める傍ら2003年4月からはJFAアンバサダーとして、若年層へのサッカーの普及活動にも積極的に取り組んでいたが、多忙のためか2006年3月に同職を退任している。現在はフットサルチーム監督の他、日本サッカー協会特任理事兼国際委員、サッカースクールフットボールコミュニケーションアカデミー主宰、国際協力機構(JICA)オフィシャルサポーター。カンボジアアフリカ大陸の難民にサッカーの文化を広めようとサッカー教室・講演などを行っている。また、人気サッカーゲーム「ウイニングイレブン」シリーズでの解説を長年務めている。

三桂に所属している点からTBS色・関口宏ファミリーが濃いと思われがちだが、引退当初はNHK衛星テレビに出演。その後は読売グループ繋がりで日本テレビへの出演が多く、スポーツ報知の専属評論家も務めている。2004年4月改編から、日本テレビ系のスポーツニュース番組『スポーツMAX』(2005年10月から『スポんちゅ』と改名)月曜日のコメンテーター及び『ズームイン!!サタデー』のコメンテーターとして出演。2006年10月からの『スポんちゅ』の後番組『NEWS ZERO』にも引き続き出演している。また、WOWOWの海外サッカー中継の解説や絵本「ぼく(わたし)と魔法のスパイク」を執筆するなど幅広い活躍をしている。

2012年4月、日本フットサルリーグ(Fリーグ)のCOO補佐に就任。同年5月には日本スポーツ振興センターによる「NAASH スポーツ・ジャパン・アンバサダー」にも就任。2012年6月、日本サッカー協会理事に就任。2016年4月には新たに設立された日本障がい者サッカー連盟会長に就任している[2]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1987-88 本田 13 JSL1部 0 0 0 0
1988-89 7 0 0 0
1989-90 22 4 0 0
1990-91 22 10 1 0
1991-92 読売 14 20 2 4 1 5 0 29 3
1992 V川崎 - J - 11 1 2 2 13 3
1993 35 6 1 1 3 2 39 9
1994 40 9 3 1 2 1 45 11
1995 40 11 - 3 0 43 11
1996 28 4 15 5 5 2 48 11
1997 8 29 1 0 0 2 0 31 1
1998 34 5 0 0 3 0 37 5
1999 J1 28 4 3 1 3 2 34 7
2000 4 0 1 0 0 0 5 0
2001 東京V 23 0 0 0 0 0 23 0
2002 4 1 2 0 0 0 6 1
通算 日本 J1 265 41 36 9 28 9 329 59
日本 JSL1部 71 16 5 1
総通算 336 57

その他の公式戦

個人タイトル[編集]

代表歴[編集]

出場大会など[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 58試合 3得点(1991年 - 1999年)[1]


日本代表国際Aマッチ
出場得点
1991 2 0
1992 11 1
1993 4 0
1994 7 1
1995 14 1
1996 5 0
1997 11 0
1998 3 0
1999 1 0
通算 58 3

サッカー以外での受賞歴[編集]

  • ベストジーニスト(協議会選出部門:1994年)
  • アクアピースゴールデンハート賞(2001年) ※アクアピースネットワーク主催[12]
  • 人権擁護功労賞法務大臣表彰状(ユニバーサル社会賞)受賞(2019年)

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

CM[編集]

ゲーム[編集]

ディスコグラフィ[編集]

参加作品[編集]

  • 16 Voices - 『ひとり ひとつ』(2015年10月1日)[13]

脚注[編集]

  1. ^ a b “北澤 豪”. サッカー日本代表データベース. http://www.jfootball-db.com/players_ka/tsuyoshi_kitazawa.html 
  2. ^ a b “日本障がい者サッカー連盟発足 元代表MF北澤豪氏が初代会長就任”. スポーツ報知. (2016年4月2日). http://www.hochi.co.jp/soccer/national/20160402-OHT1T50076.html 2017年2月14日閲覧。 
  3. ^ 水曜講座「多様化する社会の中で、どうチャンスを創り出していくか」”. 國學院大學メディア. 2019年7月13日閲覧。
  4. ^ a b c 北澤豪”. tokyofa. 2020年4月21日閲覧。
  5. ^ a b c ドーハの悲劇」イラク戦で出場できなかった北澤豪の本音”. sportiva. 2020年4月21日閲覧。
  6. ^ ドーハ組、北澤豪がもたらしたもの”. sportsyahoo. 2020年4月21日閲覧。
  7. ^ a b 北沢豪、岡田監督に対し「何だお前!?」という感じ”. サンスポ. 2020年4月21日閲覧。
  8. ^ 歴代受賞者”. ベストジーニスト. 2013年9月21日閲覧。
  9. ^ a b 27年前のカズさんのプレーを堪能して 北澤豪が語るヴェルディ黄金時代”. sportyahoo. 2020年4月21日閲覧。
  10. ^ 93Jリーグサントリーシリーズ 第1節”. data.j-league. 2020年4月21日閲覧。
  11. ^ 北澤豪・藤井健太 - ぴあ「@ぴあインタビュー」
  12. ^ アクアピースゴールデンハート賞.NPO法人/アクアピースネットワーク.2016年元日閲覧。
  13. ^ 青年海外協力隊50周年ソングを川嶋あい、乙武洋匡、倉木麻衣、宮沢和史ら16組歌う”. 音楽ナタリー (2015年10月1日). 2015年10月1日閲覧。

関連項目[編集]