北田正元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北田 正元(きただ まさもと、明治21年(1888年2月11日 - 1978年7月13日)は、日本の外交官。初代駐アフガニスタン公使[1]。父は代言人の北田正董。

経歴[編集]

千葉県人北田正董の五男[2]

東京府立一中を経て明治45年(1912年東京帝国大学法科大学政治学科卒業[2]外交官及領事官試験に合格し外交官補に任ぜられる[2]

外務省参事官、大公使館書記官総領事を歴任[3]昭和9年(1934年)駐アフガニスタン公使[3]。昭和15年(1940年)退官[3]

人物像[編集]

大正11年(1922年分家する[2]。住所は東京都渋谷区原宿[3]。東京都文京区在籍[3]

趣味は庭球ゴルフ[3]

家族・親族[編集]

北田家[編集]

千葉県大網白里市、東京都文京区[3]東京都渋谷区原宿[3]
明治33年(1900年)4月生[3] - 没

親戚[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本・アフガニスタン協会の沿革と業績
  2. ^ a b c d e 『人事興信録. 第11版』(昭和12年)上キ一〇六
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n 第二十一版 人事興信録 』(昭和36年)き六一
  4. ^ a b 篠田正作(秋野散史)著『立志の友:智識進歩』(明治25年)百十八