北畠通城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北畠通城

北畠 通城(きたばたけ みちしろ[1] / みちくに[2]1849年11月19日(嘉永2年10月5日)- 1888年明治21年)10月15日[1])は、幕末公家、明治期の内政官僚神職華族。官選兵庫県知事男爵霊山神社宮司。旧姓・久我、初名・維麿(これまろ)[2]

経歴[編集]

内大臣久我建通の四男として生まれた[2]

王政復古後、明治元年(1868年9月、第一次柏崎県知事に就任[2]。小千谷校(現在の小千谷市立小千谷小学校)の創立にかかわった[3]。明治2年4月10日1869年5月21日)、兵庫県知事に発令されたが赴任せず、同年5月19日(6月28日)に退任[3]。明治3年(1870年3月、大阪兵学寮入寮[2]。同年12月22日(1871年2月11日)、終身華族となる[4]。明治4年(1871年)7月村上源氏の同族である北畠に改姓。同年12月1872年)病のため兵学寮を退寮し、その後、三等中警部心得、陸軍少尉試補などを務めた[2]1877年6月、宮中祗候となり[2]1884年7月、男爵を叙爵[1]1885年4月、北畠親房などをまつる霊山神社の宮司に就任した[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『平成新修旧華族家系大成』上巻、499頁。
  2. ^ a b c d e f g h 『明治維新人名辞典』331頁。
  3. ^ a b 『新編日本の歴代知事』692頁。
  4. ^ 「久我通城ヲ華族ニ列ス」

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 霞会館華族家系大成編輯委員会『平成新修旧華族家系大成』上巻、霞会館、1996年。
  • 日本歴史学会編『明治維新人名辞典』吉川弘文館、1981年。
  • 太政官「久我通城ヲ華族ニ列ス」明治3年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-024-08・太草00010100


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
北畠家初代
1884年 - 1888年
次代:
北畠克通