北精進ケ滝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北精進ヶ滝
精進ヶ滝.jpg
北精進ヶ滝
所在地 山梨県北杜市
位置 北緯35度43分46.0秒
東経138度19分32.0秒
座標: 北緯35度43分46.0秒 東経138度19分32.0秒
落差 121m
滝幅 35m
水系 富士川水系石空川
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

北精進ヶ滝(きたしょうじがたき)は山梨県北杜市南アルプス国立公園にある。山を隔てた南精進ヶ滝と区別するために精進ヶ滝と呼ばれるが、元来は精進ヶ滝といえば当滝を指した。日本の滝百選の一つ。

概要[編集]

北精進ヶ滝(奥)と
九段の滝(手前)

富士川水系大武川の支流石空川(いしうとろがわ)にかかり、標高1,400m付近から数段にわたり落下する。落差の総計は121mとも180mとも推定され、鳳凰山山域中で最大である。付近を糸魚川静岡構造線が走り、閃雲花崗岩の露出した断崖を流下して行く。直下には後述の九段の滝があり、さらに下流にも一の滝、二の滝、三の滝等複数の滝が続いており、石空川渓谷と呼ばれている。渓谷に沿って、遊歩道が整備されている。

鳳凰山を信仰する行者が大武川を遡行する経路を通る場合、この滝で斎戒沐浴する事からその名がついた[1]。また精進は障子に通じ、大岩壁を表す意味もある。実際、滝の右岸側には花崗岩の大岩壁が聳つ。

九段の滝
九段の滝.jpg
所在地 山梨県北杜市
位置 北緯35度43分54.8秒
東経138度19分36.8秒
落差 40m
滝幅 20m
水系 富士川水系石空川
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示

九段の滝[編集]

北精進ヶ滝の直下にあり、落差40m。末広がりの段瀑で、滝前には美しい白砂の浜が広がる。 石空川渓谷遊歩道終点にある観瀑台からは、上流の北精進ヶ滝とあわせ一望できる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]