北翔海莉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ほくしょう かいり
北翔 海莉
生年月日 3月19日
出身地 日本の旗 日本 千葉県松戸市
身長 169.7cm
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 1998年 -
活動内容 1998年:宝塚歌劇団入団
1999年:月組配属
2006年:宙組へ異動
2012年:専科へ異動
2015年:星組へ異動、星組トップスター就任
2016年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 藤山扇治郎
公式サイト 北翔海莉オフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
雨に唄えば
エリザベート
ガイズ&ドールズ
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

北翔 海莉(ほくしょう かいり、3月19日[1][2] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団星組トップスター[1][3][4]

千葉県松戸市[2]市立第二中学校出身[2]。身長169.7cm[1][5]。愛称は「みっちゃん」[1][2][5]

来歴[編集]

1996年、宝塚音楽学校入学。

1998年、宝塚歌劇団に84期生として入団[6]宙組公演「エクスカリバーシトラスの風」で初舞台[7][1][2]

1999年、組まわりを経て月組に配属[7][1][2]

のびやかな歌唱力とダイナミックさが魅力の男役として注目を集め[8]、2003年のバウ・ワークショップ「恋天狗」で、バウホール公演初主演[7][2]。続く「シニョール ドン・ファン」で新人公演初主演[7][2][8]。その後も3作連続で新人公演主演を務める[7][2]

2006年、「想夫恋」でバウホール公演単独初主演[7][8]。同年8月21日付で宙組へと組替え[7][1][2][8]。翌年に大和悠河が宙組トップスターに就任後は、宙組新3番手となる[9]

2011年、「記者と皇帝」(日本青年館・バウホール公演)で東上公演初主演[8]

2012年7月2日付で専科へと異動[1]。専科異動後は各組に特別出演を続け、スタークラスでは轟悠水夏希に次ぎ、史上3人目となる5組全組への出演を果たす[1][5][4]

2015年5月11日付で星組へ異動となり、星組トップスターに就任[1][5]。入団18年目でのトップ就任は、同じく18年目でトップ就任した元宙組トップスター・大空祐飛に次ぐ遅咲きとなった[1]。相手役に妃海風を迎え、同年の「ガイズ&ドールズ」でトップコンビ大劇場お披露目[1]

歌・ダンス・芝居ともに優れる実力派トップとして活躍したが、2016年11月20日、「桜華に舞えロマンス!!」東京公演千秋楽をもって、相手役の妃海と共に宝塚歌劇団を退団[5][4][3]

退団後は舞台を中心に活動を続け、2018年11月に俳優の藤山扇治郎と結婚[10]。2020年9月に長男を出産した[10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

月組時代[編集]

宙組時代[編集]

専科時代[編集]

星組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2001年4月、真琴つばさディナーショー『TSUBASA伝説』
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2001年7月、『月組エンカレッジ・コンサート
  • 2003年5 - 6月、紫吹淳ディナーショー『RIKA』
  • 2003年6月、TCAスペシャル2003『ディア・グランド・シアター』
  • 2003年9 - 10月、紫吹淳コンサート『Lica-Rika/L.R』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2004年8月、映美くららミュージック・サロン『マイ・スイート・メモリー』
  • 2004年12月、彩輝直バウ・パフォーマンス『熱帯夜話』
  • 2005年10月、第46回『宝塚舞踊会』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2006年9月、貴城けいコンサート『I have a dream』
  • 2006年10月、第47回『宝塚舞踊会』
  • 2007年9月、『TAKARAZUKA SKY STAGE5th Anniversary Special』
  • 2007年10月、第48回『宝塚舞踊会』
  • 2008年10月、第49回『宝塚舞踊会』
  • 2009年9月、北翔海莉ディナーショー『ALL OF ME』 主演
  • 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2010年12月、タカラヅカスペシャル2010『FOREVER TAKARAZUKA』
  • 2012年7月、『宝塚巴里祭2012』 主演
  • 2013年10月、第52回『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2014年5月、北翔海莉ディナーショー『Music パレット』 主演
  • 2014年12月、タカラヅカスペシャル2014『Thank you for 100 years』
  • 2015年3 - 4月、北翔海莉ビルボードライブ『Music パレット』 主演
  • 2015年9月、第53回『宝塚舞踊会』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

広告・CM出演[編集]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2005年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2004年度新人賞[6]
  • 2010年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2009年度努力賞[6]
  • 2012年、『愛宝会賞』 - 2011年度鈴蘭賞(歌唱部門)[6]
  • 2014年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2013年度努力賞[6]
  • 2016年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2015年度優秀賞[6]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 努力すればやったぶんだけ答えが出る/北翔海莉 日刊スポーツ。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 何の悔いもない/北翔海莉 プレシャス!宝塚 日刊スポーツ。
  3. ^ a b c 宝塚星組トップ「北翔海莉」退団、芸名の由来は“潜水艦キラー” 父が語る 週刊新潮 2016年11月3月号掲載、2021年8月10日閲覧
  4. ^ a b c d e f g 星組トップ・北翔海莉さんが退団会見「おなかいっぱい、大満足で卒業できます」 産経WEST。
  5. ^ a b c d e f 人斬り半次郎で「私らしく散りたい」/北翔海莉 日刊スポーツ。
  6. ^ a b c d e f Profile 北翔海莉オフィシャルサイト。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r フェアリーインタビュー 宙組 北翔海莉 ウィズたからづか。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o Stars of 宝塚 北翔海莉 月刊TVnavi。
  9. ^ a b 魅せマスがむしゃらヤス/北翔海莉 プレシャス!宝塚 日刊スポーツ。
  10. ^ a b 藤山扇治郎妻の北翔海莉が第1子長男出産「感謝」 日刊スポーツ。
  11. ^ 北翔海莉×新納慎也「パジャマゲーム」“7セント半”を巡る工場コメディ開幕 ステージナタリー。
  12. ^ 藤山扇治郎&北翔海莉ら「蘭」初日に鏡開き「この楽しさが皆様にも伝わるように」 ステージナタリー。
  13. ^ ミュージカル「ふたり阿国」ビジュアル公開、北翔・峯岸らが着物姿を披露 ステージナタリー。
  14. ^ 玉野和紀らが届けるエンタテインメントショー「CLUB SEVEN ZERO II」開幕 ステージナタリー。
  15. ^ 歌舞伎の演出を駆使して上演、藤間勘十郎「牡丹燈籠」に北翔海莉・北村有起哉 ステージナタリー。
  16. ^ KIM YONGSEOK主演、7名で紡ぐ音楽劇「ハムレット」共演に北翔海莉ら ステージナタリー。
  17. ^ 「海の上のピアニスト」東京公演開幕、北翔海莉「懐かしさと喜びで胸がいっぱい」 ステージナタリー。
  18. ^ 「bare」幕開け、原田優一が自信「すべてのキャラクターに共感できた」 ステージナタリー。
  19. ^ 玉野和紀の明治座コンサート、出演に大野拓朗・咲妃みゆ・吉野圭吾ら ステージナタリー。
  20. ^ 宝塚版「エリザベート」25周年記念コンサートの出演者発表、歴代出演メンバーがずらり ステージナタリー。

注釈[編集]

  1. ^ 霧矢大夢休演により、7/3〜東京公演千秋楽まで代役で出演。

参考文献[編集]

  • 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』 阪急コミュニケーションズ、2014年。ISBN 978-4-484-14600-3。