北葛城郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本 > 近畿地方 > 奈良県 > 北葛城郡
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Katsushika-Katsu.pngと異なる可能性があります。
奈良県北葛城郡の範囲(1.上牧町 2.王寺町 3.広陵町 4.河合)

北葛城郡(きたかつらぎぐん)は、奈良県

人口95,292人、面積37.68km²、人口密度2,529人/km²。(2021年8月1日、推計人口

以下の4町を含む。

郡域[編集]

1897年明治30年)に行政区画として発足した当時の郡域は、上記4町のほか、下記の区域にあたる。

  • 香芝市(全域)
  • 大和高田市の大部分(奥田・吉井・根成柿・秋吉・西坊城・出村を除く)
  • 葛城市の大部分(忍海・新町・南花内・薑・林堂・西辻・山田・平岡・山口・笛吹・脇田・梅室を除く)

歴史[編集]

1.高田町 2.新庄村 3.浮孔村 4.磐園村 5.陵西村 6.五位堂村 7.磐城村 8.當麻村 9.二上村 10.下田村 11.上牧村 12.志都美村 13.王寺村 14.土庫村 15.松塚村 21.瀬南村 22.馬見村 23.百済村 24.箸尾村 25.河合村(紫:大和高田市 桃:香芝市 赤:葛城市 橙:王寺町 黄:広陵町 青:合併なし)

変遷表[編集]

自治体の変遷
明治22年以前 旧郡 明治29年3月29日 明治29年 -
大正15年
昭和1年 -
昭和19年
昭和20年 -
昭和29年
昭和30年 -
昭和39年
昭和40年 -
昭和64年
平成1年 -
現在
現在
葛下郡 高田町 高田町 高田町 昭和23年1月1日
市制改称
大和高田市
大和高田市 大和高田市 大和高田市 大和高田市
土庫村 土庫村 昭和2年8月22日
高田町に編入
松塚村 松塚村
浮孔村 浮孔村 昭和16年1月1日
高田町に編入
磐園村 磐園村
陵西村 陵西村 陵西村 陵西村 昭和31年9月30日
大和高田市に編入
二上村 二上村 二上村 二上村 昭和31年4月1日
香芝町
香芝町 平成3年10月1日
市制
香芝市
五位堂村 五位堂村 五位堂村 五位堂村
下田村 下田村 下田村 下田村
志都美村 志都美村 志都美村 志都美村
王寺村 大正15年2月11日
町制
王寺町 王寺町 王寺町 王寺町 王寺町
上牧村 上牧村 上牧村 上牧村 上牧村 昭和47年12月1日
町制 上牧町
上牧町 上牧町
當麻村 當麻村 當麻村 當麻村 昭和31年4月1日
當麻村
昭和41年4月1日
町制 當麻町
平成16年10月1日
葛城市
葛城市
磐城村 磐城村 磐城村 磐城村
新庄村 大正12年8月31日
町制
新庄町 新庄町 新庄町 新庄町
忍海郡 南葛城郡
忍海村
南葛城郡
忍海村
南葛城郡
忍海村
南葛城郡
忍海村
昭和31年5月3日
新庄町に編入
広瀬郡 河合村 河合村 河合村 河合村 河合村 昭和46年12月1日
町制
河合町 河合町
馬見村 馬見村 馬見村 昭和28年5月1日
町制 馬見町
昭和30年4月15日
広陵町
広陵町 広陵町 広陵町
百済村 百済村 百済村 百済村
瀬南村 瀬南村 瀬南村 瀬南村
箸尾村 箸尾村 昭和2年4月29日
町制 箸尾町
箸尾町 昭和31年9月1日
広陵町に編入

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治30年(1897年)8月1日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

参考文献[編集]

関連文献[編集]

  • 『大和北葛城郡史. 上巻』奈良県北葛城郡、1904年。NDLJP:766000

関連項目[編集]

先代:
葛下郡広瀬郡
行政区の変遷
1897年 -
次代:
-----