北角富士雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北角 富士雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛知県名古屋市緑区鳴海町
生年月日 (1947-05-17) 1947年5月17日
没年月日 (2008-09-16) 2008年9月16日(61歳没)
身長
体重
172 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1965年 ドラフト外
初出場 1966年
最終出場 1968年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

北角 富士雄(きたかど ふじお、1947年5月17日 - 2008年9月16日)は、愛知県出身の元プロ野球選手投手)。

来歴・人物[編集]

東邦高校では甲子園に2回出場。2年生の時、1964年春の選抜遊撃手として出場。1回戦で水沼四郎基満男らがいた報徳学園に9回サヨナラ負け[1]。翌1965年夏の選手権にはエースとして出場。準々決勝まで進み、高鍋高牧憲二郎と投げ合うが完封負けを喫する[2]。この大会では、選手宣誓を行った。同年秋の岐阜国体にも出場するが、1回戦で銚子商木樽正明に抑えられ1-2で惜敗。

1965年プロ野球ドラフト会議阪神タイガースから3位指名を受けるがこれを拒否して、同年にドラフト外中日ドラゴンズへ入団。

スライダーシュートを武器に、1年目の1966年は22試合に登板して6勝を挙げる。1967年は20試合、1968年は44試合に登板した。

肩の故障もあって1969年からは一軍での登板機会が無く、1970年の第1回選抜会議(トレード会議)の対象となり、1971年からは阪急ブレーブスに移籍した。しかし、ここでも二軍暮らしに終始し同年限りで引退した。

引退後は会社員となる。2008年9月16日心不全のため、61歳で亡くなった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1966 中日 22 1 0 0 0 6 3 -- -- .667 220 54.1 34 1 22 4 4 32 1 0 9 7 1.17 1.03
1967 20 1 0 0 0 0 2 -- -- .000 145 31.2 37 5 10 2 2 16 1 0 29 22 6.19 1.48
1968 44 1 0 0 0 3 1 -- -- .750 317 79.1 60 15 23 4 4 60 0 0 31 31 3.53 1.05
通算:3年 86 3 0 0 0 9 6 - -- .600 682 165.1 131 21 55 10 10 108 2 0 69 60 3.27 1.13

背番号[編集]

  • 47 (1966年 - 1970年)
  • 41 (1971年)

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年

関連項目[編集]