北軽井沢 (横浜市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 神奈川県 > 横浜市 > 西区 > 北軽井沢
北軽井沢
—  町丁  —
北軽井沢の位置(横浜市内)
北軽井沢
北軽井沢
北軽井沢の位置(神奈川県内)
北軽井沢
北軽井沢
北軽井沢の位置
座標: 北緯35度28分16.5秒 東経139度36分48.1秒 / 北緯35.471250度 東経139.613361度 / 35.471250; 139.613361
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Kanagawa Prefecture.svg 神奈川県
市町村 Flag of Yokohama, Kanagawa.svg 横浜市
西区
面積[1]
 - 計 0.186km2 (0.1mi2)
人口 (2017年(平成29年)12月31日現在)[2]
 - 計 2,944人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 220-0001[3]
市外局番 045 (横浜MA)[4]
ナンバープレート 横浜

北軽井沢(きたかるいざわ)は神奈川県横浜市西区町名[5]である。丁番を持たない単独町名である。住居表示未実施[6]郵便番号は220-0001[3]

地理[編集]

西区の北西部に位置し、南東は南軽井沢、南西は宮ヶ谷、西は神奈川区三ツ沢西町、北西は神奈川区三ツ沢南町、北東は神奈川区沢渡に接する。町の南から北西にかけて県道横浜生田線新横浜通り)、中央付近を東西に首都高速神奈川2号三ツ沢線が通る。首都高速は町の西部ではトンネル構造となる。町の大部分を住宅が占め、三菱重工業の社宅などがある。町の南部には横浜市立軽井沢中学校がある[5]。面積は181,563.4m2[7]で、2016年7月末現在1,252世帯2,937人が暮らす[8]

歴史[編集]

元は神奈川区青木町字西軽井沢と字南三ッ沢の一部で、1932年(昭和7年)に新設された。このとき、同時期に設立した南軽井沢に合わせるため、町名を北軽井沢とした。1943年中区1944年に西区の町名となる。1952年には横浜市立軽井沢中学校が開校した[9]。町名は、水が枯れた沢を意味する「カレイ沢」に由来する説が有力である[10]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[2]

町丁 世帯数 人口
北軽井沢 1,242世帯 2,944人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[11]

番地 小学校 中学校
全域 横浜市立宮谷小学校 横浜市立軽井沢中学校

交通[編集]

町内に鉄道は通っていない。横浜生田線に北軽井沢バス停があり、横浜駅西口と三枚町方面や三ツ沢方面を結ぶ横浜市営バス及び相鉄バスが利用可能である。

施設[編集]

  • 横浜市立軽井沢中学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 横浜市町区域要覧”. 横浜市 (2016年3月31日). 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ a b 横浜の人口 - 登録者数(市・区・町・外国人) - 町丁別世帯と男女別人口”. 横浜市 (2017年12月31日). 2018年1月24日閲覧。
  3. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2018年1月23日閲覧。
  4. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2018年1月23日閲覧。
  5. ^ a b 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p1023
  6. ^ 横浜市西区の町名一覧(横浜市役所) (PDF) 2016年8月14日閲覧
  7. ^ 地図で見る統計(統計GIS)
  8. ^ 西区町別世帯と人口(2016年7月31日現在の住民基本台帳・外国人登録原票に基づく)横浜市統計ポータルサイト、2016年8月14日閲覧
  9. ^ 『角川日本地名大辞典 14 神奈川県』p321
  10. ^ 『横浜の町名』p50-51
  11. ^ 小中学校等通学区域”. 横浜市 (2017年11月15日). 2018年1月24日閲覧。

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 14 神奈川県』 角川書店1984年6月8日、321,1023頁。
  • 横浜市市民局総務部住居表示課 『横浜の町名』、1996年12月、50-51頁。
  • 『県別マップル14 神奈川県道路地図』 昭文社2016年、第6版、16頁。ISBN 978-4-398-62683-7。

関連項目[編集]