北遼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

北遼(ほくりょう、1122年 - 1123年)は、中国史料で存在した亡命政権の呼称。都は南京(燕京:現在の北京)。

概要[編集]

1122年に、遼の天祚帝が入来山で太祖によって大敗し、長春に逃れた。そのため、留守を託された遼の皇族耶律大石は大臣の李処温とともに、3月17日に天祚帝の従父の耶律淳を天錫帝として擁立し、勝手に天祚帝を「湘陰王」に格下げしてしまった。この王朝は「北遼」と称し、金と対抗した。

6月24日、天錫帝が61歳で病死すると、天祚帝の太子で五男の秦王耶律定が擁立された。天錫帝の未亡人の徳妃蕭普賢女が摂政となり国政を見た。しかし、1123年正月、燕京が金の攻撃を受けると、これを支えきれずに耶律定と蕭普賢女と耶律大石らに支えられて、長春から西方の雲中(現在の山西省大同市)の陰山に移動した天祚帝のもとに身を寄せる事になった。

この時の天祚帝は上記の天錫帝擁立などの罪状から「おば」の蕭普賢女を2月2日処刑してしまい、耶律定はもとの太子に戻された。

同年5月8日、南京(燕京)にいた遼の大臣たちは再び「北遼」を建国し、天祚帝の次男の梁王耶律雅里(耶律定の同母兄)を北遼の皇帝として、遼から自立した。だが、10月に耶律雅里は病没した。そのため、蕭徳烈らは今度は天錫帝の従弟の耶律朮烈[1]を擁立させた。しかし、11月に金軍に包囲され、耶律朮烈は内訌によって家臣たちに弑された。こうして、北遼は滅亡を迎えることになった。

北遼の歴代君主[編集]

  1. 宣宗天錫帝 耶律淳
  2. 秦王 耶律定摂政:徳妃 蕭普賢女)
  3. 梁王 耶律雅里
  4. 耶律朮烈

北遼の年号[編集]

  1. 建福1122年 : 3月 - 6月)
  2. 徳興(1122年 - 1123年 : 6月 - 2月)
  3. 神暦(1123年 : 5月 - 11月)

脚注[編集]

  1. ^ 陳邦瞻著『宋史紀事本末』によると、興宗の孫と記されている。

参考文献[編集]