北部鉄道支社 (ロシア鉄道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロシア鉄道北部鉄道支社
Филиал ОАО «РЖД» - Северная железная дорога
Yar railway.jpg
北部鉄道支社本部(ヤロスラヴリ)
設置 1953年
(ソビエト社会主義共和国連邦運輸通信省)
支社所在地 ロシアの旗ロシア連邦
ヤロスラヴリ市
電信コード СЕВ
路線総延長 5956km

北部鉄道支社ロシア語: Северная железная дорога)は、ロシア鉄道公開株式会社の支社(Филиал ОАО «РЖД»)の一つであり、1953年に創設された[1]アルハンゲリスク州ヴラジーミル州ヴォログダ州コストロマ州ヤロスラヴリ州イヴァノヴォ州コミ共和国のロシア鉄道線および一部がヤマロ・ネネツ自治管区にあるチュムロシア語版-ラブイトナンギロシア語版線を管轄する。本部はヤロスラヴリに設置されている。

歴史[編集]

最初の開業区間はノフキ - シューヤ - イヴァノヴォ間であり、1868年に開業した。その後、サーヴァ・マモントフが設立したモスクワ・ヤロスラブリ鉄道がアレクサンドロフ - ヤロスラブリ - ヴォログダ間の鉄道を1870 - 72年にかけて開業させた。ほぼ同時期にルイビンスク - ソンコヴォ間とイヴァノヴォ - キネシマ間も開業した。1894年にヴォログダ - アルハンゲリスク間の鉄道の建設が開始され、1897年に開業した。最短ルートで建設することを優先したため、当時の人口希薄地帯を経由しており、交易路には沿っていない。

サンクトペテルブルク - チェレポヴェツ - ヴォログダ - キーロフ間の鉄道は1906年に運行を開始した。モスクワ・ヤロスラブリ鉄道は1907年に北部鉄道に改称された。ペルミ方面と接続し、これが2001年までの長期にわたりシベリア鉄道の本線の一部になった。コノシャ - ヴォルクタ間を結ぶペチョラ鉄道は1937年から1941年にかけてグラグの囚人によって建設され、コトラスに本部がある。

路線[編集]

参照[編集]