北郷 (札幌市)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 北海道 > 札幌市 > 白石区 > 北郷 (札幌市)
北郷
北郷の位置(札幌市内)
北郷
北郷
北郷の位置
座標: 北緯43度03分43.39秒 東経141度25分27.94秒 / 北緯43.0620528度 東経141.4244278度 / 43.0620528; 141.4244278
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Hokkaido Prefecture.svg 北海道
市町村 Flag of Sapporo, Hokkaido.svg 札幌市
行政区 白石区
人口 (2017年(平成29年)1月1日現在[1])
 - 計 40,089人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 003-0831〜40(1〜10条)
003-0849(その他)
市外局番 011[2]
ナンバープレート 札幌

北郷(きたごう)とは、北海道札幌市白石区の地名。郵便番号は003-0831から003-0840(北郷1条から北郷10条)・003-0849(その他)。

地理[編集]

平和通の北東に位置する。その間に函館本線がある。東で川下(北白石川を境界とする)・川北月寒川厚別通を境界とする)、西で菊水元町望月寒川厚別通・米里行啓通を境界とする)、南で白石中央平和通流通センター函館本線千歳線を境界とする)、北で米里と隣接する。この地区の大部分は閑静な住宅街であるが、北部は出水のおそれがあるため市街化調整区域にして宅地化を規制している。特に北郷4条より北側は地盤沈下が激しい地区である。

北郷4条と5条の間にある坂(斜面)は、この辺りが豊平川扇状地の端であるために存在する。以前は河川開発が行われておらず、望月寒川の氾濫が多く発生していた。しかし、堤防の建設・豊平川下水処理場の建設によって河川の水位調整が可能となったことから、河川の氾濫は近年少なくなっている。

北郷1-4条・11-14丁目の北都団地は、白石町大谷地及び厚別町川下地域であったが、札幌市北都土地区画整理組合を結成し、1963年(昭和38年)から1966年(昭和41年)の4年間の継続事業で宅地を造成した後、1967年(昭和42年)北郷に編入された。これは大規模農地を住宅地化した北海道初の事業である。

近隣の川北2261番地には北海道札幌白石高等学校が設置されている。

河川[編集]

歴史[編集]

※札幌新道付近は拡幅されて厚別通となっている。 現在でもJR白石駅付近(北郷1条5丁目~平和通5丁目)の踏切の名称は川下街道踏切。 ※北郷、川北川下地区では最初に開通した最も古い道路である。

札幌市白石区白石町北郷となる。後に白石町が重複することから削除され、 札幌市白石区北郷となる。

住所[編集]

町丁 郵便番号
北郷1条1丁目~14丁目 003-0831
北郷2条1丁目~14丁目 003-0832
北郷3条1丁目~14丁目 003-0833
北郷4条1丁目~14丁目 003-0834
北郷5条3丁目~10丁目 003-0835
北郷6条3丁目〜4丁目、7丁目~10丁目 003-0836
北郷7条3丁目〜4丁目、7丁目~10丁目 003-0837
北郷8条3丁目〜4丁目、7丁目~10丁目 003-0838
北郷9条3丁目、7丁目~9丁目 003-0839
北郷○番地 003-0849

交通[編集]

鉄道[編集]

バス[編集]

北海道中央バスおよびジェイ・アール北海道バスによる、札幌駅地下鉄白石駅とJR白石駅や白石営業所を結ぶ路線などが走行する。詳細は北海道中央バス白石営業所および空知線 (ジェイ・アール北海道バス)を参照。

道路[編集]

教育[編集]

中学校[編集]

小学校[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 札幌市 (2017年3月15日). “人口統計” (日本語). 札幌市. 2017年3月20日閲覧。
  2. ^ 総務省総合通信基盤局電気通信事業部電気通信技術システム課番号企画室 (2014年4月3日). “市外局番の一覧 (PDF)” (日本語). 総務省. p. 1. 2016年5月4日閲覧。
  3. ^ フォト海道-りっぱに完成した北郷小,2010-12-14閲覧。
  4. ^ フォト海道-上昇率で全国2位となった札幌・白石区北郷2条1丁目の一角,2010-12-14閲覧。
  5. ^ フォト海道-竜巻で倒壊したゴルフ練習場の支柱と防護ネット=9日午後0時30分、札幌市白石区北郷4-3,2010-12-14閲覧。