北里氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北里氏
No image available.svg
本姓 清和源氏大和源氏
家祖 源頼親
種別 武家
華族男爵
出身地 肥後国阿蘇郡小国郷北里[1]
主な根拠地 肥後国小国郷北里[注釈 1]
著名な人物 北里柴三郎
支流、分家 綿貫氏(武家)
松岡氏(武家)
禿氏(武家) など
凡例 / Category:日本の氏族

北里氏(きたざとし)は、肥後国小国郷北里に依拠した中世から続く小土豪地侍の一族。清和源氏二代源満仲の次男源頼親を始祖と自称した。鎌倉時代に源頼親の子孫が北里に下って永住したと伝承されている。

南北朝時代肥後桜尾城によって阿蘇氏に仕え、戦国時代後期には大友氏に属した。江戸時代になって北里惟経が加藤清正に250石で召し出され、寛永10年(1633年)小国郷の惣庄屋に任命された。加藤氏改易後は移封してきた細川氏に臣従し、加藤氏時代から11代にわたって北里伝兵衛を称し惣庄屋を世襲した。

細菌研究で有名な北里柴三郎は惣庄屋家の支流に当たる。

北里氏一族は熊本県阿蘇郡小国町を中心に繁栄し、地方議員自治体首長弁護士医師などを輩出して、現在も地域の指導的役割を担っている。[要出典]

系図[編集]

源満仲源頼親 … 北里妙義 - 定義 - 満義 … 永義 - 正義 - 重義 … 惟経(伝兵衛)

支族に綿貫氏、松岡氏、禿氏らがある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 熊本県阿蘇郡北里村、のちの北小国村北里、現・小国町大字北里北里駅

出典[編集]

  1. ^ 太田 1934, p. 1885.

参考文献[編集]