北野誠 (サッカー選手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北野 誠 Football pictogram.svg
名前
愛称 北さん
カタカナ キタノ マコト
ラテン文字 KITANO Makoto
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1967-07-17) 1967年7月17日(51歳)
出身地 香川県高松市
身長 164cm
体重 60kg
選手情報
ポジション FWMF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1986-1992 日立製作所
1993-1995 教育研究社FC / 京都パープルサンガ
監督歴
2009 ロアッソ熊本
2010-2018 カマタマーレ讃岐
2019- FC岐阜
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

北野 誠(きたの まこと、1967年7月17日 - )は、香川県出身の元サッカー選手、サッカー指導者。現役時代のポジションはFWMF

来歴[編集]

高松市立勝賀中学校から帝京高校に進学し、2年次の全国高校サッカー選手権大会では鋤柄昌宏岩井厚裕らと共に同校の大会2連覇に貢献。3年次もレギュラーとして三連覇に挑むがベスト8で黒崎久志を擁する宇都宮学園高校(現・文星芸術大附属高校)に敗れた。

卒業後の1986年に、日本サッカーリーグ (JSL) 1部の日立製作所(現・柏レイソル)に入部。1993年からはジャパンフットボールリーグ(旧JFL)所属の教育研究社FC京都パープルサンガに移籍。クラブが京都パープルサンガに移行した期間を含めて3年間プレーの後、現役を引退。

現役引退後はそのまま京都に残り、強化部スカウト担当、ジュニアユースコーチ、同監督などを務める。

2005年、発足したばかりのクラブであるロッソ熊本(現:ロアッソ熊本、当時九州リーグ所属)から招聘を受けヘッドコーチに就任。クラブの日本フットボールリーグ (JFL)・J2 昇格を支えた。2008年にはS級ライセンスを取得し、翌2009年シーズンは池谷友良に代わり熊本の2代目監督に就任。

2010年、郷里のクラブであるカマタマーレ讃岐の監督に就任。当時四国リーグ所属だったチームを就任1年目でJFL昇格へ、4年目の2013年J2・JFL入れ替え戦ガイナーレ鳥取を破り、J2昇格へ導いた。讃岐では「俺の次に監督をやる人、力を付けてきているユースの選手のためにもクラブをつぶしちゃいけない」との思いでチームの強化に努める一方で、Jリーグクラブとしては決して良好と言えない練習環境についても記者会見を通じて改善を訴えるなど、クラブを内外で支えてきた[1]

2018年限りで9年間務めた讃岐の監督を退任[2]

2019年6月18日、成績不振のため退任した大木武に代わり、FC岐阜の監督に就任することが発表された[3]

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1986-87 日立 JSL1部 6 0
1987-88 JSL2部
1988-89
1989-90 23 JSL1部 15 0 0 0
1990-91 14 JSL2部 10 1 0 0
1991-92 13 JSL1部 2 0 0 0
1992 旧JFL
1部
-
1993 京都 -
1994 旧JFL -
1995 -
通算 日本 JSL1部 23 0
日本 JSL2部
日本 旧JFL -
総通算

その他の公式戦

指導歴[編集]

監督成績[編集]

年度 クラブ 所属 リーグ戦 カップ戦
順位 勝点 試合 Jリーグ杯 天皇杯
2009 熊本 J2 14位 58 51 16 10 25 - 2回戦
2010 讃岐 四国 優勝 38 14 12 2 0 - 1回戦
2011 JFL 11位 40 33 11 7 15 - 2回戦
2012 4位 53 32 15 8 9 - 3回戦
2013 2位 68 32 21 5 8 - 2回戦
2014 J2 21位 33 42 7 12 23 - 2回戦
2015 16位 51 42 12 15 15 - 2回戦
2016 19位 43 42 12 7 23 - 2回戦
2017 19位 38 42 8 14 20 - 2回戦
2018 22位 31 42 7 10 25 - 2回戦
2019 岐阜 J2

その他

出典[編集]

関連項目[編集]