北陸労働金庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北陸労働金庫
Hokuriku Labour Bank
Hokuriku Labour Bank (Kanazawa, Ishikawa).jpg
北陸労働金庫(2011年11月)
種類 労働金庫
略称 北陸労金
本店所在地 日本の旗 日本
920-8552
石川県金沢市芳斉二丁目15番18号
設立 2001年平成13年)10月1日
業種 金融業
法人番号 6220005002121
金融機関コード 2970
事業内容 協同組織金融機関
代表者 馬場修一(理事長
資本金 40億5,600万円(出資金)
発行済株式総数 4,056,084(出資口数)
純資産 383億62百万円
総資産 7,600億26百万円
従業員数 530名
主要子会社 株式会社北陸労金サービス
外部リンク 北陸労働金庫
テンプレートを表示
北陸労働金庫のデータ
法人番号 6220005002121
店舗数 31店舗
富山10・石川12・福井9[1]
貸出金残高 4,025億39百万円
預金残高 7,161億99百万円
特記事項:
(2016年3月31日現在)
テンプレートを表示

北陸労働金庫(ほくりくろうどうきんこ、略称:北陸労金(ほくりくろうきん)、英語:Hokuriku Labour Bank)は、石川県金沢市に本店を置く労働金庫である。北陸3県(石川県・富山県福井県)を営業区域としている。

概要[編集]

2001年10月1日に、石川県労働金庫・富山県労働金庫・福井県労働金庫を統合して発足した労働金庫である。各県の旧労働金庫は下部組織として各県の本部が設けられている。

沿革[編集]

  • 1953年昭和28年)6月 - 富山県勤労者信用組合発足(翌年3月に富山県労働金庫に改組)。
  • 1954年(昭和29年)
    • 4月 - 石川県労働金庫発足。
    • 11月 - 福井県労働金庫発足。
  • 1975年(昭和50年)11月 - 労働金庫北陸事務センター設立(翌年3月から事務を開始)。
  • 1999年平成11年)8月 - 労働金庫統合準備委員会設立。
  • 2001年(平成13年)
    • 2月 - 3金庫統合を決定。
    • 10月1日 - 富山県・石川県・福井県の各労働金庫が合併し北陸労働金庫発足。
  • 2008年 - 3月 インターネット北陸支店の営業開始。

ATMの提携[編集]

カード利用において手数料無料の金融機関
  • 全国の労働金庫:平日8時 - 21時、土休日9時 - 19時の入出金
  • セブン銀行:平日・土休日7時 - 19時の出金、平日・土休日7時 - 23時の入金 
  • イオン銀行:平日8時 - 23時、土休日8時 - 21時の出金
  • ゆうちょ銀行:平日7時 - 21時、土休日9時 - 17時の入金
  • 東京スター銀行:平日8時45分 - 18時、土曜9時 - 14時の出金
  • ゼロバンク:平日8時45分 - 18時、土曜9時 - 14時の出金
  • 入金ネット:取り扱い可能時間の入金

手数料が一旦引き落とされてもキャッシュバックされることがある。

当金庫のATMで手数料無料の金融機関
  • 全国の労働金庫:平日8時 - 21時、土休日9時 - 19時の入出金
  • イオン銀行:平日8時 - 21時、土休日9時 - 19時の出金

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 石川県庁出張所・インターネット北陸支店含む

関連項目[編集]