北陸学院中学校・高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
北陸学院中学校・高等学校
北陸学院中学校・高等学校
過去の名称 金沢女学校
北陸女学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人北陸学院
理念 主を畏れることは知恵の初め
校訓 あなたの使命を実現しよう
設立年月日 1885年
創立者 メリー・K・ヘッセル
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学科内専門コース 特別進学コース
総合進学コース
学期 3学期制
高校コード 17501D
所在地 920-8563
石川県金沢市飛梅町1番10号

北緯36度33分34.2秒 東経136度40分1.5秒 / 北緯36.559500度 東経136.667083度 / 36.559500; 136.667083座標: 北緯36度33分34.2秒 東経136度40分1.5秒 / 北緯36.559500度 東経136.667083度 / 36.559500; 136.667083
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

北陸学院中学校・高等学校(ほくりくがくいん ちゅうがっこう・こうとうがっこう)は、石川県金沢市飛梅町にある私立中学校高等学校

概要[編集]

本校はプロテスタント改革長老教会系により設立されたキリスト教主義学校(ミッション・スクール)である。石川県では最も古い後期中等教育機関としての歴史を持つ。

2005年度より男女共学となった。

共学化以前は石川県最後の男女別学(女子校)の高等学校であった。

校章は雪の結晶と星を象っている。中央のH(北陸学院の頭文字)は高等学校が白抜き。

女子制服は、1935年の改定から受け継がれた伝統的セーラー服。

夏服と冬服ではカラーとカフスの色地が異なる。

2004年に文部科学省によりスーパーイングリッシュランゲージハイスクールに指定された。

設置形態[編集]

高等学校[編集]

全日制課程 普通科

  • 特別進学コース…2003年設置。難関国公私立大学進学を目指すコース。中学校からの「中高一貫進学コース」と同じ教室で授業を受ける。同志社大学への特別推薦制度がある。
  • 英理進学コース…1982年に設置された同校伝統の「英語コース」から2007年度に改組。英語と理数系の授業が充実しており、2年次から文系と理系に分かれる。
  • 一般進学コース…2003年度に「普通コース」から名称変更。短大・専門学校をめざし各種資格の取得を重視するコース。

一般的には、入学偏差値はそれほど高くはないと見られているが、キリスト教系学校ということで、キリスト教系の同志社大学青山学院大学など有名大学に推薦進学枠が広く確保されている。

中学校[編集]

どちらも英語の授業時数は公立校の約2倍の時間を当てている。卒業後は、全員北陸学院高等学校への進学が可能である。ただしクラス編成などのため、入学試験は一般入試と同等のものを受験しなければならない。

  • 中高一貫進学コース…2003年に設置。設置時から男女共学だった。中高一貫教育を行い、北陸学院高等学校へ進学する。
  • 中高発展進学コース…2006年に「普通コース」から改称。

沿革[編集]

経緯[編集]

アメリカ宣教師メリー・K・ヘッセルが1884年(明治17年)に金沢市広坂通り92番地で開いた女子対象の私塾がもととなっている。当時はまだ学制が布かれたばかりであり、県内では金沢第一中学校(1893年設立、現在の金沢泉丘高等学校)も第四高等学校(1887年設立。現在の金沢大学)も存在せず、ましてや女子の普通教育などは考えられない時代であった。

年表[編集]

  • 1885年 - 米国人キリスト教宣教師メリー・K・ヘッセルにより金沢女学校として設立される。予科3年本科4年。9月に金沢市柿木畠10番地に移転。
  • 1885年 - 金沢女学校が開校。
  • 1900年 - 北陸女学校と改称する。
  • 1905年 - 校章制定。
  • 1913年 - 専門学校入学者検定規定により文部大臣の指定を受ける。
  • 1922年 - 制服制定。
  • 1931年 - 5年制高等女学校と同等の資格を受ける。
  • 1935年 - 制服が現在のものに改正される。
  • 1936年 - 本科を高等女学部・専攻科部と改称する。
  • 1947年 - 学制改革により中学部を設置する。
  • 1948年 - 学制改革により高等学部を設置する。
  • 1949年 - 第1回「メサイヤ」演奏会…現在は共催
  • 1951年 - 学校法人北陸学院として認可。
  • 1952年 - 高等学部が現在の飛梅町に移転。講堂兼礼拝堂を「栄光館」と命名。
  • 1961年 - 高等学部を北陸学院高等学校、中等部を北陸学院中学校に名称変更する。
  • 1966年 - 中学校が現在地に移転。
  • 1981年 - 第1回「市民クリスマス」。
  • 1985年 - 100周年記念式典を挙行する。栄光館にパイプオルガン設置
  • 2003年 - 中学校の特別進学コースを男女共学化。
  • 2004年 - 県内で初めてSELHi指定校となる
  • 2005年 - 高等学校及び中学校全コースを男女共学制に移行する。
  • 2006年 - 普通コースを中高発展進学コースに、特別コースを中高一貫進学コースに名称変更。
  • 2015年 - 創立130周年記念。

授業[編集]

  • 高校3年生は11月末に学年末試験終了時に授業がすべて終了となります。
  • 中学3年生は11月末に学年末試験終了時に授業がすべて終了となります。
  • 中学3年生は3学期の授業日数は特に短い。
  • 高校3年生は3学期の授業日数は短い。

学校行事[編集]

礼拝[編集]

ペアレンツデイ[編集]

  • 5月に保護者を招き共に礼拝を守る。

文化祭[編集]

  • ミッション祭は毎年9月の3日間に行われている。 

クリスマス[編集]

  • 毎年12月に行われている。
    • クリスマスツリー点灯式
    • 市民クリスマス…一般市民を招き、礼拝ページェントを行う。
    • 学校クリスマス

テーブルマナー[編集]

  • 中学3年生は12月3日に金沢東急ホテルでテーブルマナーがあります。

自由登校[編集]

  • 高校3年生は12月5日から自由登校になり、中学3年生は12月7日から完全に自由登校になります。

受験・就職休み[編集]

  • 卒業式の少し前に1ヶ月休みがあります。
  • 中学3年生・高校3年生は2月休みになります。

卒業式[編集]

  • 毎年3月1日。中学校は第一体育館。高校は栄光館。
  • 式歌は中学校が旅立ちの日に、巣立ちの歌。
  • 式歌は高校が蛍の光、仰げば尊し。

生徒会活動・部活動など[編集]

生徒会[編集]

運動部[編集]

中高合同で活動

高校のみで活動

中学のみで活動

  • スポーツ
  • フットサル
  • 野球部は高校3年生・中学3年生の7月末で引退になります。
  • 野球部以外は高校3年生・中学3年生の8月末で引退になります。

文化部[編集]

中高合同で活動

高校だけで活動

中学だけで活動

  • 英語
  • お琴
  • クッキング
  • 理科
  • 弁論
  • この他、12月のクリスマス行事に向け、合唱部を中心に一般生徒を募集して組織される「聖歌隊」がある。
  • 高校3年生・中学3年生は8月末で引退になります。

交通[編集]

著名な出身者[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 月刊北國アクタス2003年10月号記事より

関連項目[編集]