北陸電力ブルーサンダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北陸電力ブルーサンダー Handball pictogram white.svg
基本情報
正式名 北陸電力ブルーサンダー
愛称 ブルーサンダー
運営母体 北陸電力
創設 1990年
スローガン 不撓不屈
マスコット カルボ君
所属リーグ
日本の旗 日本ハンドボールリーグ
本拠地
本拠地 福井県吉田郡永平寺町
0北陸電力福井体育館フレア
練習会場 福井県吉田郡永平寺町
0北陸電力福井体育館フレア
成績
2018-19 8位
役員
オーナー 竹内正美
GM 三田英男
監督 日本の旗 前田亮介
ユニフォーム
サプライヤー Impal
ホーム
アウェイ
外部リンク
公式サイト
テンプレートを表示

北陸電力ブルーサンダー (ほくりくでんりょくブルーサンダー、: Hokuriku Electric Power Company "Blue Thunder")は、日本ハンドボールリーグに所属する社会人ハンドボールチームである。母体は北陸電力福井県福井市をホームタウンとする。

概要[編集]

1990年創部。チーム名であるブルーサンダーは青い稲妻の意。チームキャラクターネームはカルボ君。チームスローガンは「不撓不屈」。チームカラーは青。

主試合会場は北陸電力福井体育館フレア(福井県吉田郡永平寺町)である。他には福井県営体育館などがある。練習会場は同じく北陸電力福井体育館フレア。

沿革[編集]

1990年に創部し、1992年から日本ハンドボールリーグ(2部)に参戦。1996年に12勝2敗で優勝し、1部へ自動昇格を果たした。

1997年は14敗の最下位に沈み、1年で2部へ降格した。

2000年に2部優勝を果たし、1部へ昇格。1部で迎えた2001年は14敗の最下位と振るわず、入れ替え戦でHC東京に敗れ2部へ降格。

2002年から4年連続2部優勝を果たし、2006年から1部へ昇格した。同年初勝利を記録。

2009年から3年連続で最下位を記録。2012年は8位(最下位はトヨタ自動車東日本)と最下位を免れたものの、2013年から4年連続で最下位に。

2017-18年シーズンは銘苅淳が加入し、日本リーグでの連敗を79連敗でストップさせた[1]が、5年連続で最下位となった。

選手・スタッフ[編集]

現役選手[編集]

# Pos. 選手名 年齢 出身校 備考
1 日本の旗 GK 岩永龍哉 25歳 北陸高校
2 日本の旗 LW 手塚優斗 20歳 北陸高校
3 日本の旗 LB 藤坂知輝 23歳 福井商業高校
4 日本の旗 LB 大島幸人 24歳 駿河台大学
5 日本の旗 LW 久保博貴 22歳 北陸高校
6 日本の旗 RW 松島良明 26歳 駿河台大学
7 日本の旗 LB 須坂佳祐 (キャプテン) 27歳 中部大学
8 日本の旗 RW 髙森翔太 22歳 福井商業高校
9 日本の旗 RB 宮田起成 25歳 中京大学
11 日本の旗 CB 池上直輝 29歳 高松大学
12 日本の旗 GK 矢作元 24歳 日本体育大学
13 日本の旗 LW 水野雄斗 18歳 北陸高校 2019年度加入
16 日本の旗 GK 家田幹太 23歳 中部大学
21 日本の旗 PV 中山大旗 27歳 中部大学
22 日本の旗 LB 筒井亮喜 29歳 福岡国際大学
23 日本の旗 LW 成田有智 29歳 中京大学
24 日本の旗 GK 山﨑智之 22歳 中央大学 2019年加入 (2018年度)
27 日本の旗 LB 竹内功 25歳 中部大学
30 日本の旗 LB 川島悠太郎 24歳 早稲田大学
33 日本の旗 PV 西片聖 23歳 日本大学
43 日本の旗 CB 銘苅淳 (兼任コーチ) 34歳 筑波大学
2019年7月5日更新[2][3] / ○は新人、☆は内定選手、△は移籍、□は復帰
入退団 (2018-19 ⇒ 2019-20)
# Pos. 選手名 年齢 前所属 / 去就 備考
入団
13 日本の旗 LW 水野雄斗 19歳 日本の旗 北陸高校
24 日本の旗 GK 山﨑智之 23歳 日本の旗 中央大学 2019年度内定選手
退団
17 日本の旗 PV 新谷恵介 22歳

スタッフ[編集]

役職 氏名
オーナー 竹内正美
GM 三田英男
GM代行 谷先政人
監督 前田亮介
コーチ 小川俊
コーチ (選手兼任) 銘苅淳
トレーナー 大西太一
2019年7月12日更新[2][3]

成績[編集]

赤字は最下位。

日本ハンドボールリーグ[編集]

順位 レギュラーシーズン 東アジア
クラブ選手権
順位 得点 失点
1992-93 5位 (2部) 14 5 1 8 333 353
1993-94 3位 (2部) 14 8 0 6 358 361
1994-95 4位 (2部) 14 6 0 8 360 371
1995-96 5位 (2部) 14 7 2 5 352 333
1996-97 1位 (2部) 14 12 0 2 328 295
1997-98 8位 14 0 0 14 223 414
1998-99 8位 (2部) 4位 (2部東) 13 6 0 7 289 280
1999-00 2位 (2部) 8 6 1 1 206 164
2000-01 1位 (2部) 10 9 0 1 259 210
2001-02 8位 14 0 0 14 229 417
2002-03 1位 (2部) 15 14 0 1 419 280
2003-04 1位 (2部) 9 9 0 0 288 148 -
2004-05 1位 (2部) 12 12 0 0 369 224 -
2005-06 1位 (2部) 9 9 0 0 277 196 -
2006-07 8位 18 3 0 15 466 587 -
2007-08 7位 16 5 1 10 387 489 -
2008-09 7位 18 5 0 13 445 549 -
2009-10 8位 14 0 1 13 294 422 -
2010-11 8位 14 1 1 12 318 416 -
2011-12 8位 14 0 0 14 305 483 4位
2012-13 8位 16 2 0 14 392 495 -
2013-14 9位 16 0 0 16 335 478 -
2014-15 9位 16 0 0 16 346 496 -
2015-16 9位 16 0 0 16 333 497 -
2016-17 9位 16 0 0 16 364 470 -
2017-18 9位 24 3 0 21 555 714 -
2018-19 8位 24 3 2 19 594 715 -

大会・選手権[編集]

社会人選手権2010年まで実業団選手権として開催。社会人チャレンジは2011年(2010年度)まで実業団チャレンジとして、1995年(1994年度)まで実業団トーナメントとして開催。

日本選手権 社会人選手権 社会人チャレンジ
1966年 - 1回戦敗退
1967年 - 3回戦敗退
1968年 - 2回戦敗退
1969年 - - 1回戦敗退
1970年 - - 1回戦敗退
1971年 - - 1回戦敗退
1972年 - - 3回戦敗退
1973年 - - 2回戦敗退
1974年 - - -
1975年 - - 1回戦敗退
1976年 - - 1回戦敗退
1977年 - - 1回戦敗退
1978年 - - 1回戦敗退
1979年 - - -
1980年 - - -
1981年 - - 2回戦敗退
1982年 - - 1回戦敗退
1983年 - - -
1984年 - - -
1985年 - - 2回戦敗退
1986年 - - 2回戦敗退
1987年 - - 1回戦敗退
1988年 - - 1回戦敗退
1989年 - - 1回戦敗退
1990年 - - 3回戦敗退
1991年 - - 3回戦敗退
1992年 - - 3位
1993年 - 12位 3位
1994年 - 12位 ※棄権[注釈 1]
1995年 - - 優勝
1996年 1回戦敗退 12位 準々決勝敗退
1997年 1回戦敗退 - 準々決勝敗退
1998年 1回戦敗退 - 準々決勝敗退
1999年 1回戦敗退 - 予選リーグ敗退
2000年 1回戦敗退 - 優勝
2001年 2回戦敗退 8位 -
2002年 1回戦敗退 9位 -
2003年 準々決勝敗退 8位 -
2004年 2回戦敗退 8位 -
2005年 準々決勝敗退 8位 -
2006年 2回戦敗退 7位 -
2007年 準々決勝敗退 7位 -
2008年 準々決勝敗退 6位 -
2009年 2回戦敗退 7位 -
2010年 2回戦敗退 7位 -
2011年 準々決勝敗退 6位 -
2012年 2回戦敗退 8位 -
2013年 2回戦敗退 10位 -
2014年 2回戦敗退 11位 優勝
2015年 3回戦敗退 10位 -
2016年 2回戦敗退 9位 -
2017年 2回戦敗退 8位 -
2018年 3回戦敗退 8位 -
2019年 7位 -

背番号[編集]

1-10[編集]

年度 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
2009年 西田豊三 髙橋準 神田友和 落合信也 桜井渉 前田亮介 高田哲志 杉山卓也 - 大谷英之
2010年 切越巧也 落合信也
2011年 - 福田慎也
2012年 岩永龍哉 - - 小川俊
2013年 - 須坂佳祐 -
2014年 筒井亮喜 藤坂知輝 佐條雄哉 - 内田惠介
2015年 松島良明 髙森翔太 -
2016年 - 久保博貴 宮田起成
2017年 手塚優斗 -
2018年 大島幸人 -
2019年 -
年度 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

11-20[編集]

年度 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
2009年 表健治 廣瀬騎優 山原佑太 松岡孝造 - 丸山浩嗣 石塚正人 櫛田亮介 - -
2010年 石塚正人 - - - - - -
2011年 - 宮下幸也 - 赤塚孝治 - - -
2012年 - 瀬戸謙吾 川添将典 - 佐々木喬也 -
2013年 池上直輝 - - -
2014年 山原佑太 野田口賢志 横川淳平 -
2015年 - 新谷恵介 -
2016年 安藤功規 - - - 辻将典 -
2017年 矢作元 大橋慶 久郷駿 - - - -
2018年 - 家田幹太 - - -
2019年 水野雄斗 - - - - - -
年度 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

21-30[編集]

年度 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2009年 有江啓 - - - - - - - - -
2010年 - - - - - - - - -
2011年 - - - - - - - - -
2012年 - - - - - - - - -
2013年 - 成田有智 - - - - - - -
2014年 - - - - 安藤功規 - - - -
2015年 - - - - - - - - -
2016年 中山大旗 - - - - - - - 川島悠太郎
2017年 - - - - 竹内功 - -
2018年 筒井亮喜 成田有智 - - - - -
2019年 山﨑智之 - - - -
年度 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

31-[編集]

年度 33 43 94
2009年 - - -
2010年 - - 櫛田亮介
2011年 - -
2012年 - -
2013年 - -
2014年 - -
2015年 - - -
2016年 - - -
2017年 - 銘苅淳 -
2018年 西片聖 -
2019年 -
年度 33 43 94

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 阪神・淡路大震災の影響で棄権となった。

出典[編集]

  1. ^ ハンド79連敗、ついにストップ 福井新聞 (2017年10月30日)
  2. ^ a b スタッフ・選手紹介 北陸電力
  3. ^ a b 北陸電力 第44回日本リーグ 2019-2020 Season 日本ハンドボールリーグ