北静盧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

北 静盧(きた せいろ、明和2年(1765年) - 嘉永元年3月29日1848年5月2日))は、江戸時代中期の民間の学者。本姓は鈴木。名は慎言(ちかのぶ)。字は有和。通称は三左衛門(三右衛門)。静盧(精盧)の他、梅園、四当書屋、網破損針金という号がある[1]

略伝と逸話[編集]

生家は江戸新橋の割烹・金春屋。屋根葺棟梁の北氏を継ぐ。狂歌元木網に、国学山岡浚明に学ぶ。江戸深川に住し、博覧強記をもって村田了阿と並称される[2]。行年83。西久保巴町の天徳寺に葬る。

町人の学者として、狩谷棭斎(津軽屋三右衛門)・市野迷庵(市野屋三右衛門)とあわせて「三三右衛門」と称される[注釈 1]。貧しい生計を立てながら酒は一滴も飲まず、暇さえあれば著述の筆をとったという。火事で三度も著書を焼き、改めて稿を起こすと前のと少しも違わなかったとも伝えられる[4]。彼の性格については、喜多村信節が「お祭りを見るのが好きだった」と書いている。

著作・編著[編集]

  • 東鑑不審問答補正
  • 宇治拾遺物語抄 3巻
  • 寛平以来公卿年表
  • 五雑俎訓纂 16巻
  • 胡蝶の夢 5巻
  • 四時雑識 13巻
  • 四書笑附譯
  • 傷寒論後條辨解 2巻
  • 水滸伝新譯 12巻
  • 静盧雑抄 4巻
  • 雪案呵筆 2巻
  • 続古事談註 5巻
  • 俗語類譯 20巻
  • 園の梅 5巻
  • 梅園日記 5巻 - 朝川善庵の序あり
  • 譯語正偽 6巻
  • 静廬俗考
  • もとの雫

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 書誌学者の三村竹清は、屋根屋「三左衛門」が正しいという[3]

脚注[編集]

  1. ^ 長澤規矩也・監修『漢文学者総覧』汲古書院、1979年、105p。
  2. ^ 関隆治・編『國学者著述綜覧』森北書店、1943年、74p。
  3. ^ 三村竹清『本之話』岡書院、1930年、P.121。
  4. ^ 森銑三『偉人暦・上』中公文庫、1996年、121p。

参考文献[編集]