東武バスセントラル西新井営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東武バス > 東武バスセントラル西新井営業所

東武バスセントラル西新井営業所(とうぶバスセントラルにしあらいえいぎょうしょ)は、東京都足立区大師前駅構内にある東武バスセントラルの営業所。組織上足立営業事務所の傘下である。

当営業所と北千住駅を南北に結ぶ2路線と、足立区コミュニティバスはるかぜ1路線を主に担当している。

かつては一部の西新井駅西口始終着系統も担当していた。これは、当営業所の敷地が手狭なために足立営業事務所(竹の塚車庫)に全面的に移管されたが、現在でも時間調整目的などで西新井駅から一時的に回送入庫する車両がある。

管轄路線全線でPASMOが利用可能である。

最寄停留所[編集]

北千住駅行き乗り場は構内西側大師参道寄り出庫口に、降車所は東側七曲街道沿い入庫口にある。主に当停留所始終着の系統は「西新井大師」、入庫口側を経由するその他の系統(足立営業事務所担当)は「西新井車庫」と称しているが、路線図等では「西新井車庫」として一括して表記されることがある。近年、同一箇所に国際興業バスの「大師前交差点北」停留所が併設された。

このほか、敷地南側の環七通り上にも「西新井大師」停留所が存在しており、足立営業事務所担当の西01系統、葛飾営業所担当の王30系統、並びに都営バス、国際興業バスの各系統が経由している。

沿革[編集]

  • 1967年12月 - (旧)西新井営業所が足立営業所となり東京都足立区伊興本町二丁目に移転、その移転前の場所に足立営業所西新井出張所として発足
  • 2002年4月 - 機構改正により東武バスセントラル西新井営業所となる。

輸送人数[編集]

現行路線[編集]

スカイツリーシャトル 上野 - 浅草線[編集]

スカイツリーシャトル(東武浅草駅付近にて)
系統名 運行区間 備考
スカイツリーシャトル 東京スカイツリータウン→吾妻橋→浅草雷門上野駅上野公園TX浅草駅浅草ビューホテル→浅草三丁目→浅草寺北→東京スカイツリータウン
  • 2011年9月10日:開設。当初は土曜・休日のみの運行。
  • 2012年5月22日:東京スカイツリーの開業に伴い、毎日運行、25便から52便へ増発[2]

2012年5月22日に開業した東京スカイツリーと上野、浅草周辺を結ぶ観光路線である。

「観光路線バス」という観点から、始発が遅く、終発が早いダイヤ設定となっている。運行ダイヤについては、運行開始当初は東京スカイツリータウン発で始発10:00、終発18:00、1時間に3回運行されていたが、スカイツリーの開業に合わせたダイヤ改正で始発8:30、終発21:30と運行時間が拡大された[2]。各時とも正時・15分・30分・45分と1時間に4回運行し、各便の始点から終点までの標準運行時間は50分間に設定されている[2]

ワンマン運転方式を採用し、乗降車の際には一般路線バスと同様、前乗り先払い方式をとり、降車の際には降車ブザーを押下して乗務員に降車希望を告げ、停留所到着後に後扉から降車する。運賃は一般の東武バス路線と同じ大人210円・小人110円で、定期券・回数券・プリペイドカード類(PASMOSuica)での利用も可能であるが、PASMO・Suicaのバス特は対象外である[2]。また、東武トラベル浅草駅支店・浅草ビューホテルでスカイツリーシャトル専用一日乗車券を発売している。

北千住駅 - 本木新道 - 西新井大師線[編集]

系統名 運行区間 備考
北01 北千住駅 - 千住桜木 - 本木新道 - 西新井大師 西新井大師行深夜バスを運行
  • 2008年3月30日:「竜田町」停留所を「千住竜田町」に「桜木町」停留所を「千住桜木」に改称。

当営業所の主力路線であり、ほぼ終日毎時6本以上の高頻度運行となっている。北千住駅から千住桜木までは後述の「100号線経由」と同じ経路をとり、単独区間となる西新井橋の北詰から終点まで本木新道と呼ばれる旧道を走る。本木新道の沿線は古くからの既成市街地で区画整理も遅れており、急カーブが多く、対向車とすれ違いが困難な箇所も点在するが、需要の高さから大型車両が運用されている。
70年代までは北千住より先の千住大橋、吉原大門を経由し浅草駅まで運行していた便(浅02)も存在した。

北千住駅 - 100号線・西新井駅 - 西新井大師線[編集]

系統名 運行区間 備考
北02 北千住駅←千住桜木←本木二丁目←(西新井駅西口非経由)← 西新井大師 平日早朝のみ
西新井大師方面は正月のみ運行
北03 北千住駅 - 千住桜木 - 本木二丁目 - 西新井駅西口 - 西新井大師
北04 北千住駅 - 千住桜木 - 本木二丁目 - 西新井駅西口
  • 2006年4月11日:北02のうち、平日早朝以外の便を西新井駅に立ち寄る北03に変更。
  • 2008年3月30日:「竜田町」停留所を「千住竜田町」に「桜木町」停留所を「千住桜木」に改称。
  • 2010年10月1日
    • 北02系統の西新井大師方面の定期運行を廃止、正月のみの運行となる。
    • 西新井駅折り返しとなる北04系統を新設し、同時に北03の北千住駅方面の経路を変更。

前述の本木新道経由に対して、その400 - 500m程度東側を並行するバイパス道路である尾竹橋通り(東京都都市計画道路補助100号)を走る路線である。本木新道経由と似通った経路であるため本数はやや少なく、20 - 40分間隔程度の運行である。近年西新井駅西口周辺の道路整備に伴い尾竹橋通りから往復する形で西新井駅前への乗り入れを開始した。

北千住駅 - 江北駅線[編集]

原則小型車の運行となる。2008年9月1日に開業以来、初の減便ダイヤ改正を行った。2011年4月11日に更なる減便、始バスの繰り下げ、終バスの繰り上げのダイヤ改正を行った。

移管路線[編集]

竹の塚駅 - 西新井駅東口線[編集]

  • 竹51:竹の塚駅東口 - 中島根 - 西新井駅東口
  • 竹52:竹の塚駅東口 - 中島根(←小右衛門町、梅島二丁目→)足立区役所(平日2本のみ)

足立営業事務所へ移管。

足立区役所 - 西新井駅東口 - 鹿浜都市農業公園線(はるかぜ第4弾)[編集]

  • 西05:足立区役所 - 梅島駅 - 西新井駅東口 - 第二団地 - 西新井中学校 - 鹿浜都市農業公園(平日:昼 - 夕方、土曜・休日:昼間のみ運行)
  • 西06:西新井駅東口 - 第二団地 - 西新井中学校 - 鹿浜都市農業公園(平日:朝、夕 - 夜間運行、土曜・休日:終日運行)

足立営業事務所へ移管。

車両[編集]

  • 北01・北03系統専用の大型車・中型ロング車
    • 2580・2581(KL-LV280L1改、7E架装・銀サッシ)
    • 三郷営業所から転入した2643(KL-LV280L1改、表記が「ノンステップバス」)
    • 2683(足立営業事務所から転入)・2687・2688(KL-LV280L1改、表記が「Non-Step Bus」)
    • 三郷営業所から転属した2726・2740(PJ-LV234L1のワンステップ車)
    • 2758(PJ-LV234L1のノンステップ車)
    • 2794・2795 (PKG-LV234L2)
    • 2899 (LKG-LV234L3)
    • 9729・9730・9753・9754(KL-HR1JNEE)
  • スカイツリーシャトル専用車両 - 登録番号は、全車両が東京スカイツリーの高さである「・634」となっている。
    • 2841(PDG-LR234J2、元足立営業事務所所属)
    • 2867・2868(SDG-LR290J1)
    • 2870・2871・2890(SDG-LR290J1改)東京スカイツリーの眺望を考慮したガラスルーフが特徴。岩戸工業製ボディを架装。

中型車は、2842(PDG-LR234J2、バスロケアンテナ設置済)と2886・2887(SKG-LR290J1)が在籍。

小型車は、2823・2825(いすゞ・ジャーニーJ)が在籍している。

参考文献[編集]

  1. ^ 東武交通広告のご案内
  2. ^ a b c d “スカイツリーシャトル 4路線運行” (PDF) (プレスリリース), 東武鉄道東武バス東武バスセントラル, (2012年4月4日), http://www.tobu-bus.com/pc/images/data/20120405132953.pdf 2012年5月22日閲覧。