十三号型巡洋戦艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

十三号型巡洋戦艦(じゅうさんごうがたじゅんようせんかん)、あるいは第八号型巡洋戦艦(だいはちごうがたじゅんようせんかん)は、大日本帝国海軍八八艦隊計画で計画した巡洋戦艦である。十三号艦から十六号艦の4隻の建造が計画されていたが、ワシントン海軍軍縮条約で全艦が起工前に建造中止となった。

大正9年(1920年)度補正予算(第43回帝国議会)では第八号から第十一号巡洋戦艦[註 1]と呼ばれた。[1]

なお、第一号~第三号装甲巡洋艦[註 1]はそれぞれ伊吹榛名[註 2]霧島[註 3]、第四号~第七号巡洋戦艦[註 1]天城赤城、愛宕、愛鷹(高雄)であり、金剛比叡はそれぞれ伊号装甲巡洋艦[註 4]・卯号装甲巡洋艦[註 5]である。[2][3][4]

概要[編集]

八八艦隊計画最後の4隻、13号~16号艦は、紀伊型戦艦で断念された兵装強化のため、41センチ3連装または4連装砲塔を搭載する案、46センチ連装砲塔を搭載する案などが用兵・造船関係者の間で検討されたが、軍縮条約による建造中止までに艦型は決定することなく終わったという。しかし戦時中の軍事雑誌で日本海軍は大正10年(1921年)に46センチ砲8門を積んだ「48000tの戦艦」と「46000tの巡洋戦艦」を計画、建造に着手したがワシントン軍縮会議で廃案になったという解説がなされたほか[5] 、戦後になると46センチ連装砲塔4基8門を搭載、加賀型戦艦や紀伊型を上回る厚さの防御装甲を持ちつつ30ノットを発揮する、「十三号型巡洋戦艦」として計画されていたと喧伝されるようになった(要目を参照)。330mmの装甲は後の大和型戦艦に比べるとかなり見劣りがするが、計画当時の砲弾性能においては、46センチ砲弾に耐えうるとされた。

しかし、すでに48センチ砲が試作されていたものの46センチ砲の製造については白紙の状態で、建造期間や製造設備などの問題から46センチ砲の量産・搭載する目途は立たなかったという説、また紀伊型戦艦と同様に排水量が計画値を上回って速力30ノット発揮は不可能だっただろうという説など、近年は従来伝えられていた要目に疑問を呈する見方も浮上している。

なお、予算上では「屯数(排水量)」は紀伊型と等しい41000トンとされ、「金額(1隻当たりの建造費)」は37424800円で、「屯当たり単価」は紀伊型より約4円高い約913円とされた。[6]

要目(計画値)[編集]

十三号型巡洋戦艦の想像図

諸説あるが、以下のようなものであったとされる。

  • 常備排水量 - 47500トン
  • 全長 - 278.3 m
  • 水線幅 - 31.07 m
  • 水線下最大幅 - 約31.36 m
  • 平均吃水 - 9.74 m
  • 主機/軸数 - 技本式・低圧型(各2基構成)ギヤード・タービン4基/4軸 
  • 主缶 - ロ号艦本式水管缶(重油専焼)14基
  • 出力 - 150,000馬力
  • 速力 - 30ノット
  • 兵装 - 46 cm 45口径連装砲4基8門、14 cm 50口径単装砲16基16門(ケースメイト)、12 cm 45口径連装高角砲4基8門、61 cm 水上魚雷発射管8門
  • 装甲 - 舷側330 mm ヴィッカーズ甲鈑(傾斜15度)、甲板約127 mm 新ヴィッカーズ無滲炭均質甲鈑+高張力甲鈑

登場作品[編集]

20世紀末から流行し始めた架空戦記の中には、日本が八八艦隊を実際に建造していたら…という設定で書かれた作品がいくつかある。十三号型については予定艦名が決まっていなかったため、作品ごとに違う名称で登場する。

八八艦隊物語』(横山信義) - 伊吹、穂高、鞍馬、戸隠
要目については46cm砲連装4基説をベースにしているが、限られた国力で計画を遂行するためタイムスケジュールが大幅に長期化し、就役は1930年代となっている点が史実と異なる。また、46cm砲の採用は、最上型にインスパイアされたような主砲換装(ただし条約違反)を通じての達成であり、日米開戦直前であった。主砲、機関についても上記作中背景を前提とした設計、製造である。装甲については対40センチ砲の防御力しか無いとされる。
『軍艦越後の生涯』(中里融司) - 筑波、八海、妙義、身延

また、『レッドサン ブラッククロス』(佐藤大輔)では加賀土佐が戦艦として完成した代わりに十三号艦が建造中止の後、実弾射撃の標的となって沈められており、水中弾効果も本級の実験を元に得られたことになっている。作品中では史実と異なる歴史を歩み始めてから20年弱の時が過ぎており、国力伸張で史実と差がつき始めていることを表現するための小道具としての役割を担った。

脚注[編集]

[ヘルプ]

編註[編集]

  1. ^ a b c 番号なのは本来の予算である「艦艇建造費」によるため。
  2. ^ 進水時は第二号巡洋戦艦。
  3. ^ 進水時は第三号巡洋戦艦。
  4. ^ 軍艦の減価償却費の積立金を財源とした「艦艇整備費」(いわゆる補充艦艇費)によるため。呂号以降は存在しない。
  5. ^ 日露戦争で沈没した初瀬八島の代艦建造を目的とした「臨時軍事費」によるため。進水時は卯号巡洋戦艦。なお、子号装甲巡洋艦は筑波、丑号装甲巡洋艦は生駒、寅号装甲巡洋艦は鞍馬。辰号以降は存在しない。

出典[編集]

  1. ^ 戦史叢書 海軍軍戦備<1>昭和十六年十一月まで』 p267、p269
  2. ^ 歴史群像シリーズ 帝国海軍の礎 八八艦隊計画』8-8 FLEET PLAN:CHAPTER 1 「八八艦隊」を目標とする計画の誕生と変遷(大塚好古稿) p66
  3. ^ 歴史群像シリーズ 帝国海軍の礎 八八艦隊計画』8-8 FLEET PLAN:CHAPTER 3 16インチ砲10門の戦艦・巡洋戦艦「加賀」型、「天城」型建造(大塚好古稿) p100
  4. ^ 歴史群像シリーズ 帝国海軍の礎 八八艦隊計画』8-8 FLEET PLAN:CHAPTER 4八八艦隊完成案の成立と「紀伊」型以降の建造計画(大塚好古稿) p104
  5. ^ 海軍雑誌『海と空』 昭和十九年八月号 p23「艦砲攻撃」(植松尊慶稿)
  6. ^ 戦史叢書 海軍軍戦備<1>昭和十六年十一月まで』 p267~p268

参考文献[編集]

  • 防衛庁防衛研修所戦史室『戦史叢書 海軍軍戦備<1>昭和十六年十一月まで』(東雲新聞社、1969年)
  • 歴史群像シリーズ 帝国海軍の礎 八八艦隊計画 戦艦8隻、巡洋戦艦8隻、海洋国家の根幹を成す大構想』(学習研究社、2011年) ISBN 4-05-606374-5

関連項目[編集]