十九歳の地図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

十九歳の地図』(じゅうきゅうさいのちず)は、中上健次が著作した日本の短編小説および、同作を題材にした映画。

概要[編集]

『中上健次全集1』(1995年〈平成7年〉8月、集英社)の巻末に収められた高澤秀次による「解題」によると、1973年(昭和48年)6月に『文藝』に発表された「十九歳の地図」は、同年7月、第69回・昭和48年度上半期芥川賞の候補作となったが、落選に終わった。中上に対する選評は、永井龍男が「私には一番おもしろかった」と評価し、大岡昇平は「将来を期待さす才能を感じた」、吉行淳之介は「おもしろかったが、僅かだが若づくりが気になった。まだ二十代の人だから今後に期待する」と評価している。

1979年(昭和54年)に柳町光男によって映画化された。主演は本間優二。映画『十九歳の地図』は、第53回(1979年度)『キネマ旬報』ベストテン(日本映画部門)において第7位に選ばれている。また、この映画を見た尾崎豊は、それを基に『十七歳の地図』を作った。

あらすじ[編集]

主人公の「ぼく」は住み込みで新聞配達をする十九歳の予備校生。寮では紺野という三十すぎの男と相部屋で暮らしている。「ぼく」は予備校生であるが予備校にはほとんど行かず、新聞の配達先で気に食わない家を発見しては、物理のノートに丁寧に書き込んだ地図に×印をつけ、×印が三つ付いた家には嫌がらせのような電話をかけるのであった。

寮の隣のアパートの一室からは、毎日のように激しい夫婦喧嘩の声がする。相部屋の紺野はそれを聞いて涙ぐみ、そうして彼のよりどころにしている「かさぶただらけのマリアさま」の話をする。「ぼく」はそうした寮生活や配達先、集金先から見える人々の生活と、「新聞少年」と「予備校生」という自らの社会的レッテルとを見渡し、鬱屈とした感情を募らせていく。そして東京駅に「玄海号」の爆破を仄めかす電話をかけるようになる。

隣のアパートからはやはり激しい口論が聞こえ、「ぼくはなにもかもみたくない」と思い、「すべてがでたらめであり、嘘であり、自分が生きていることそのことが、生きるにあたいしない二束三文のねうちのガラクタだと思い込んでしまう、そんな感じになりはじめた」時、紺野から教えてもらった「かさぶただらけのマリアさま」に電話をし、罵倒するが、電話の声の主は「死ねないのよお」「なんども死んだあけど生きてるのよお」と呻く。「ぼく」は不意に流れ出した涙に恍惚となりながらその女の声を反芻し、歩道に立ち尽くすのだった。

主要な登場人物[編集]

ぼく
主人公兼語り手。姓は吉岡。住み込みで新聞配達をする十九歳の予備校生。物理のノートに三度も清書を重ねた自作の「地図」を書いている。地図上に×印が三つついた家には刑罰として嫌がらせのような電話をかける。
紺野
「ぼく」と同室に住む三十過ぎの男。関西なまり。「かさぶただらけのマリアさま」の話を「ぼく」に語り聞かせる。ショーペンハウエルなどを読む哲学的な面もある。紺野の話の信憑性は不確かなもの。
かさぶただらけのマリアさま
紺野が「マリアさま」と崇拝する女。実在の人物か架空の人物なのかは不明。紺野の話では「人間の出あうすべての不幸を経験」した「聖者みたいな人」として語られる。

参考文献[編集]

  • 『中上健次全集1』 集英社、1995年8月(巻末に収められた高澤秀次による「解題」)