十二気暦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

十二気暦(じゅうにきれき)とは、中国北宋沈括元祐元年(1086年)に提案した太陽暦暦法

暦法は二十四節気にもとづき、節気によって月名を定め、12気を1年とした。年始を立春とし、大の月を31日、小の月を30日とし、閏月を廃止した。これはの満ち欠けのサイクル(朔望月)と関係なく、太陽の運行のみによる太陽暦であった。太平天国天暦に影響を与えたとされる。

今為術,莫若用十二氣為一年,更不用十二月。直以立春之日為孟春之一日,驚蟄為仲春之一日,大盡三十日,歲歲齊盡,永無閏余。十二月常一大、一小相間,縱有兩小相並,一歲不過一次。如此,則四時之氣常正,歲政不相凌奪。日月五星,亦自從之,不須改舊法。唯月之盈虧,事雖有系之者,如海、胎育之類,不預歲時寒暑之節,寓之暦間可也。藉以元祐元年為法,當孟春小,一日壬寅,三日望,十九日朔;仲春大,一日壬申,三日望,十八日朔。如此暦日,豈不簡易端平,上符天運,天補綴之勞?余先驗天百刻有餘、有不足,人已疑其說。又謂十二次鬥建當隨歲差遷徙,人愈駭之。今此暦論,尤當取怪怒攻罵。然異時必有用余之說者。 — 沈括、『夢渓筆談』補筆談

出典[編集]