十倉好紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

十倉 好紀(とくら よしのり、1954年3月1日 - )は、日本物理学者東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻教授理化学研究所 創発物性科学研究センター(CEMS)センター長。 専門は物性物理学である。電子型高温超伝導体の発見(十倉法則/Tokura Rule)、酸化物巨大磁気抵抗(CMR)効果の発見と機構解明、マルチフェロイックスの巨大電気磁気効果の発見、磁気スキルミオンの観測と物性解明など多数の顕著な業績を挙げている。 同僚の樽茶清悟とは大学時代の同級生である。実兄の十倉雅和住友化学代表取締役社長。兵庫県西脇市高田井町出身。

研究業績[編集]

光誘起相転移現象の発見、電子型高温超伝導体の発見、高温超伝導物質の一般則の発見とその応用、フィリング制御モット転移系の物性研究、 酸化物巨大磁気抵抗(CMR)効果の発見と機構解明、モット絶縁体の巨大非線形光学効果の発見、有機分子性強誘電体の創製、マルチフェロイックスの巨大電気磁気効果の発見、磁気スキルミオンの観測と物性解明、など。既発表論文はNature誌19編、Nature姉妹誌30編、Science誌21編、Phys.Rev.Lett.誌170余編、他を含む。

略歴[編集]

現在まで

  • 1993年 7月 - 2002年 3月 アトムテクノロジー研究体 グループリーダー、後フィールドリーダーを併任。
  • 2001年 4月 - 2008年 3月 産業技術総合研究所 強相関電子技術研究センター センター長を併任。
  • 2001年 10月 - 2007年 3月 ERATO「十倉スピン超構造プロジェクト」総括責任者を併任。
  • 2006年 10月 - 2012年 3月 ERATO「十倉マルチフェロイックスプロジェクト」総括責任者を併任。
  • 2007年 10月 - 2013年 3月 理化学研究所 交差相関物性科学研究グループ グループディレクターを併任。
  • 2008年 4月 - 現在 産業技術総合研究所 フェローを併任。
  • 2010年 4月 - 2013年 6月 東京大学 量子相エレクトロニクス研究センター センター長を併任。
  • 2010年 4月 - 2013年 3月 理化学研究所 基幹研究所 物質機能創成研究領域 領域長を併任。
  • 2010年 4月 - 2013年 3月 理化学研究所 基幹研究所 強相関量子科学研究グループ グループディレクターを併任。

主な受賞・叙勲歴[編集]

  • 1990年 仁科記念賞「電子型高温超伝導体の発見」
  • 1990年 IBM科学賞「高温超伝導物質の一般則の発見」
  • 1991年 ベルント・T・マティアス賞「高温超伝導体の普遍性の実証」
  • 1997年 日産科学賞「酸化物巨大磁気抵抗の発見と機構解明」
  • 1999年 日本物理学会論文賞「Giant Magnetotransport Phenomena in Filling-Controlled Kondo Lattice System」
  • 2002年 朝日賞「強相関電子物質の研究」
  • 2002年 ISI最高引用栄誉賞 (応用物理部門)
  • 2002年〜2005年 トムソン・ロイター引用栄誉賞(超伝導化合物の発見を含む、強相関電子酸化物に関する傑出した研究、および巨大磁気抵抗現象に関する研究)[3]
  • 2003年 紫綬褒章受章 「物性物理学研究功績」
  • 2005年 ジェームス・C・マックグラディ新材料賞「新しいスピン電荷秩序をもつ遷移金属酸化物の創製」
  • 2011年 藤原賞「物質中の巨大な電気磁気応答の創成」
  • 2012年 IUPAP Magnetism Award and Néel Medal 「磁性科学への顕著な貢献」
  • 2013年 日本学士院賞恩賜賞「強相関電子材料の物性研究」
  • 2014年 ウプサラ大学より名誉博士号
  • 2014年 本多記念賞「遷移金属酸化物における強相関電子機能の開拓」
  • 2014年 トムソン・ロイター引用栄誉賞(新しいマルチフェロイック物質に関する先駆的研究)[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]