十和田バイパス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
国道4号標識
国道45号標識

十和田バイパス(とわだバイパス)は、青森県十和田市伝法寺から同市洞内に至る、十和田市街地を迂回する国道4号および国道45号バイパス道路。一部は隣接の上北郡六戸町を通過する。

1980年代後半に接続する国道45号より北の部分が開通したが、全線開通に至ったのが2001年11月。それまではこのバイパスを利用するためにはまず国道45号(現在の国道102号区間)を利用しなければならなかった。

全線4車線で設計されているが、全線が2車線暫定開通となっている。

このバイパスの開通によって、十和田市街地を通っていた既存の国道4号は県道や市道(一部は県管理の国道102号)に指定された。

関連項目[編集]