十坊山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
十坊山
Mount Tomboyama and Himeshima Island from Hamasaki Beach 2.jpg
十坊山と姫島、浜崎海岸から
標高 535.2 m
所在地 日本の旗 日本
福岡県糸島市佐賀県唐津市
位置 北緯33度28分21.2秒
東経130度04分5.0秒
座標: 北緯33度28分21.2秒 東経130度04分5.0秒
山系 脊振山地
十坊山の位置(日本内)
十坊山
十坊山 (日本)
十坊山の位置(福岡県内)
十坊山
十坊山 (福岡県)
十坊山の位置(佐賀県内)
十坊山
十坊山 (佐賀県)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

十坊山(とんぼやま)は佐賀県唐津市福岡県糸島市との境界にあるである。

概要[編集]

標高は535.2メートル。脊振山地最西端の山である。西方3kmは唐津湾に面し、国道202号JR筑肥線が海岸線を通る。東には白木峠があり佐賀県道・福岡県道143号藤川二丈線を通す。南東斜面にはゴルフ場が広がる。

山頂からは唐津湾が一望でき、視界が良好ならば、壱岐対馬の島影も見える。福岡側は可也山能古島志賀島などが見渡せる、いわゆる国見山のひとつである。

名の由来[編集]

「十坊山(とんぼやま)」とは、浮嶽の「久安寺」の僧侶が兵火に会って逃げたものの、この山の頂付近で捕縛され、殺されたことに由来すると地元に伝わる。今もこの「十人の僧侶」の供養塔が「十坊山」の山頂の大岩から「白木峠」の方に下った場所に佇んでいる。