十文字駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
十文字駅
Jumonji Station entrance.jpg
駅舎(2013年8月)
じゅうもんじ
Jūmonji
下湯沢 (3.3km)
(3.4km) 醍醐
所在地 秋田県横手市十文字町字大道東18-1
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 奥羽本線
キロ程 217.8km(福島起点)
電報略号 シモ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
416人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1905年(明治38年)9月14日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
改装前の十文字駅(2005年9月)

十文字駅(じゅうもんじえき)は、秋田県横手市十文字町字大道東(だいどうひがし)にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)奥羽本線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線、島式ホーム1面2線の計2面3線を有する地上駅。駅舎とホームは直結しておらず、跨線橋を利用する。エレベータ、エスカレータ等は設置されていない。

横手駅管理の業務委託駅JR東日本東北総合サービス委託、早朝夜間駅員不在)。

かつては待合室の一角に、うどん・そば等を供する「キッチン伯養」、およびキヨスクが存在していたが、現在[いつ?]は廃止されており、飲料・新聞の自動販売機のみとなっている。待合室は2013年の改装により、増田の蔵をイメージしたデザインへとリニューアルされた。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先
1 奥羽本線 下り 大曲秋田方面[5]
2・3 上り 新庄山形方面[5]

※3番線は上下双方の入線・発車に対応している。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2018年度(平成30年度)の1日平均乗車人員は416人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 729 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 756 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 722 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 690 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 653 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 610 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 608 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 580 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 579 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 530 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 517 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 506 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 507 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 513 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 490 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 465 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 427 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 421 [利用客数 19]
2018年(平成30年) 416 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

駅舎側には商店街が広がっているが、国道13号沿いに郊外型店舗が立ち並ぶようになり、シャッター街と化している。また駅から徒歩15分程の国道342号線沿いにも店舗が集中している。

バス路線[編集]

バス停は2つあり、行き先によって利用するバス停が異なる。いずれも羽後交通が運行している。

  • 駅前のバス停は増田、稲庭、小安温泉、東成瀬方面 - 横手、湯沢方面が運行されている(横手方面は後述の「十文字駅前角バス停」も経由する)。
  • 駅から徒歩5分ほどの旧国道13号沿いには「十文字駅前角バス停」があり、横手 - 十文字 - 湯沢間が運行されており、当駅から横手、湯沢方面へはこちらの方が運行頻度が高い。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
奥羽本線
快速(下り1本のみ運転)
湯沢駅十文字駅横手駅
普通
下湯沢駅 - 十文字駅 - 醍醐駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ a b 秋田鉄道管理局史P360
  2. ^ 秋田魁新報1984年3月18日19面
  3. ^ 読売新聞1988年3月17日あきた第二県版
  4. ^ 平成10年1月30日朝日新聞朝刊秋田面
  5. ^ a b 時刻表 十文字駅”. 東日本旅客鉄道. 2019年8月17日閲覧。

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2018年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年7月16日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。
  19. ^ 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年2月18日閲覧。

関連項目[編集]