十時弥

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
十時弥

十時 弥(ととき わたる、1874年明治7年)6月6日[1] - 1940年昭和15年)4月29日[2])は、日本教育者

経歴[編集]

福岡県衆議院議員十時一郎の二男として生まれ、大叔父の養子となった[1]1899年(明治32年)、東京帝国大学文科大学哲学科を卒業[1]学習院教授、第三高等学校教授などを務め、1922年大正11年)、社会学研究のため欧米に留学した[3]1923年(大正12年)、新設の広島高等学校(現在の広島大学総合科学部)校長に就任し、1932年(昭和7年)に第五高等学校校長に転じた[3]

栄典[編集]

著書[編集]

  • 『デモスセネス』(博文館、1901年)
  • 『社会学撮要』(普及舎、1902年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 大衆人事録 1930.
  2. ^ 『昭和十六年度版 日本人名選』、大阪毎日新聞社、1940年、p.397。
  3. ^ a b 人事興信録 1939.
  4. ^ 『官報』第2164号「叙任及辞令」1934年3月22日。

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第3版』帝国秘密探偵社、1930年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第12版(下)』人事興信所、1939年。