法華曼荼羅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

法華曼荼羅(ほっけまんだら)とは、法華経の世界を梵字漢字などで表した曼荼羅の一種。

密教の法華曼荼羅[編集]

法華曼荼羅 (恵什・永厳 著 『図像抄』より)

天台宗真言宗に於ける法華曼荼羅は、法華経前半十四品(迹門)に登場する菩薩などを表したものである。 構成は、中央に八葉蓮華(8枚の花弁を持つ蓮の花)を描き、その上に多宝塔を描く。多宝塔中の右に釈迦牟尼佛左に多宝如来が並んでいる。その周囲、八葉蓮華の花弁に弥勒菩薩文殊菩薩薬王菩薩妙音菩薩・常精進菩薩・無尽意菩薩・観音菩薩普賢菩薩の8尊の菩薩が配置されている。さらにその八葉蓮華の周囲に迦葉須菩提舎利弗目連の4人の声聞を描く。さらにその外に外四供養菩薩、四摂菩薩、諸天、四大明王などを描く。


日蓮宗の「大曼荼羅」[編集]

日蓮宗の本尊については、記事「大曼荼羅」を参照。

脚注[編集]

関連項目[編集]