十碧れいや

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

十碧 れいや(とあ れいや、1987年[1]4月14日[1][2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組の男役スター。

愛知県名古屋市[2]熱田高等学校出身[3]。身長175cm[1]。血液型B型[1]。愛称は「れな」、「ポコちゃん」[4][2]

所属事務所はジーアールプロモーション[5]

来歴[編集]

2005年、宝塚音楽学校入学。

2007年、宝塚歌劇団に93期生として入団[1][4]。入団時の成績は15番。星組公演「さくら/シークレット・ハンター」で初舞台[2][6][1][4]。その後、星組に配属[6][1][4][2]

下級生時代から長身で二枚目の男役として注目され[6]、2012年、「めぐり会いは再び 2nd」で新人公演初主演[6][1][4][2]。入団6年目での抜擢となった[4][2]

2014年、「アルカサル」で、麻央侑希バウホール公演ダブル主演[6][7][1]

2018年7月22日、「ANOTHER WORLD/キラー ルージュ」東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団[6][1]

退団後はライナスエンターテイメント所属となり芸能活動を開始するが、2020年7月よりジーアールプロモーション所属となる[5][8]

人物[編集]

幼稚園の頃からバレエを習っており、幼い頃の夢はバレリーナだった[4][2]

高校1年の時、叔母に連れられて初めて観た宙組公演「ファントム」がきっかけで、宝塚受験を決意[4][2]。バレエの素養はあっため、歌を基礎から1年学び、1度目の受験で音楽学校に合格を果たした[4][2]

芸名は、好きな「碧」の漢字を使い、赤ちゃんの名付け辞典から自分で選んで決めた[9]

愛称の「れな」は本名から、「ポコちゃん」は不二家のキャラクター・ポコちゃんに似ていることに由来する[9]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

  • 2007年3〜4月、星組『さくら-妖しいまでに美しいおまえ-』『シークレット・ハンター-この世で、俺に盗めぬものはない-』(宝塚大劇場のみ)

星組時代[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 十碧れいや公式プロフィールジーアールプロモーション
  2. ^ a b c d e f g h i j k l プレシャス宝塚「ツンデレ王子/十碧れいや」”. nikkansports.com. 2013年12月9日閲覧。
  3. ^ 『宝塚おとめ 2018年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2018年、103頁。ISBN 978-4-86649-049-6
  4. ^ a b c d e f g h i j k l フェアリーインタビュー 星組 十碧れいや”. ウィズたからづか. 2013年12月9日閲覧。
  5. ^ a b 【十碧れいや】所属のお知らせジーアールプロモーション
  6. ^ a b c d e f g h i j k l Memories of 十碧れいや”. タカラヅカ・スカイ・ステージ. 2020年7月9日閲覧。
  7. ^ a b 星組バウ「アルカサル-王城-」華は大きな武器、少女漫画の世界を見事に再現スターファイル
  8. ^ reiya_toa十碧れいやインスタグラム
  9. ^ a b 阪急コミュニケーションズ『RISING STAR GUIDE 2013』2013年、98-99頁。ISBN 978-4-484-13507-6
  10. ^ 凰稀かなめ主演「モンテ・クリスト伯」延期公演に渡辺大輔、廣瀬智紀らステージナタリー
  11. ^ 「RUN FOR YOUR WIFE」延期公演に宇月颯、山本一慶演じる重婚タクシー運転手の妻役でステージナタリー
  12. ^ タカラジェンヌ7名がCMに一挙出演! 美しい“歩き”を颯爽と披露 ORICON STYLE