十輝いりす

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

十輝 いりす(とき いりす、2月17日[1] - )は、元宝塚歌劇団星組の男役。

東京都[1]新宿区立西戸山中学校出身[1]。身長178cm[1]。愛称は「まぁ」、「まさこ」[1]

来歴[編集]

人物[編集]

父は外交官の多賀敏行[3]

特技は日舞で、名取名は「藤間寿美伶」[1]

退団後参議院議員片山大介事務所入所[4][5]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台公演[編集]

  • 1999年4~5月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場

組廻り[編集]

  • 1999年5~6月、月組『螺旋のオルフェ/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(宝塚大劇場のみ)
  • 1999年7~8月、雪組『再会/ノバ・ボサ・ノバ-盗まれたカルナバル-』(TAKARAZUKA1000days劇場

宙組時代[編集]

  • 2001年1月、『カステル・ミラージュ』新人公演:執事(本役:貴羽右京)/『ダンシング・スピリット!』
  • 2002年7月、『鳳凰伝 -カラフとトゥーランドット-』新人公演:トン(本役:椿火呂花)/『ザ・ショー・ストッパー』
  • 2004年1月、『白昼の稲妻』エミール、新人公演:オーギュスト(本役:初風緑)/『テンプテーション! -誘惑-』
  • 2004年4月、『BOXMAN -俺に破れない金庫などない-』(ドラマシティ・東京特別)ルーズベルト
  • 2004年5月、『ファントム』従者、新人公演:フィリップ・ドゥ・シャンドン伯爵(本役:安蘭けい
  • 2004年10月、『風と共に去りぬ』(全国ツアー)ジョージ
  • 2005年1月、『ホテル ステラマリス』エドワード、新人公演:マクファーソン(本役:寿つかさ)/『レヴュー伝説』
  • 2005年5月、『Le Petit Jardin(ル・プティ・ジャルダン)―幸せの庭―』(バウ)ジャン
  • 2005年8月、『炎にくちづけを』チャール、新人公演:フェルランド(本役:寿つかさ)/『ネオ・ヴォヤージュ』
  • 2006年1月、『不滅の恋人たちへ』(バウ)医者、青年
  • 2006年3月、『NEVER SAY GOODBYE -ある愛の軌跡-』ビョルン
  • 2006年7月、『宝塚巴里祭2006』
  • 2006年8月~9月、『Young Bloods!!-Cosmo∞(コスモ無限大)-』(バウホール)マーク・テンスバーグ *バウ初主演
  • 2007年1月、『維新回天・竜馬伝! -硬派・坂本竜馬III-高杉晋作/『ザ・クラシック』
  • 2007年3月、『A/L(アール)-怪盗ルパンの青春-』(ドラマシティ・東京特別・中日劇場)ローアン枢機卿
  • 2007年6月、『バレンシアの熱い花』ルーカス大佐/『宙 FANTASISTA!』
  • 2008年2月、『黎明の風 -侍ジェントルマン 白洲次郎の挑戦-』ラッセル少佐/『Passion 愛の旅』
  • 2008年7月、『雨に唄えば』(梅田芸術劇場)ロッド
  • 2008年9月、『Paradise Prince』ジャック/『ダンシング・フォー・ユー』
  • 2009年2月、『外伝ベルサイユのばら -アンドレ編-』ジェローデル/『ダンシング・フォー・ユー』
  • 2009年4月、『薔薇に降る雨』エストール/『Amour それは…』
  • 2009年8月、『大江山花伝-燃えつきてこそ-』酒呑童子/『Apasionado(アパショナード)!!II』(博多座)
  • 2009年11月、『カサブランカ』セザール、カーティス夫(2役)
  • 2010年3月、『シャングリラ-水之城-』(ドラマシティ・東京特別)風(フォン)
  • 2010年5月、『TRAFALGAR-ネルソン、その愛と奇跡-』ウィリアム・ヘンリー王子/『ファンキー・サンシャイン』
  • 2010年9月、蘭寿とむコンサート『"R"ising!!』(バウ・東京特別)
  • 2010年11月、『誰がために鐘は鳴る』プリミティボ
  • 2011年3月、『記者と皇帝』(東京特別・バウ)マーク・スティーブンスン
  • 2011年5月、『美しき生涯』加藤嘉明/『ルナロッサ』
  • 2011年11月、『クラシコ・イタリアーノ』ジャコモ・アジャーニ/『NICE GUY!!』
  • 2012年2月、『仮面のロマネスク』ロベール/『Apasionado!!Ⅱ』

星組時代[編集]

  • 2012年5月、『ダンサ セレナータ』アンジェロ/『Celebrity』
  • 2012年9月、『琥珀色の雨にぬれて』ルイ・バランタン/『Celebrity』(全国ツアー)
  • 2012年11月、『宝塚ジャポニスム〜序破急〜』/『めぐり会いは再び 2nd 〜Star Bride〜』クラウス/『Etoile de TAKARAZUKA』エトワールオム(歌手)
  • 2013年3月、『宝塚ジャポニズム〜序破急〜』/『怪盗楚留香外伝-花盗人-』薛衣人/『Étoile de TAKARAZUKA』(中日・台湾)
  • 2013年5月、『ロミオとジュリエット』ヴェローナ大公
  • 2013年9月、柚希礼音スペシャルライブ『REON!!II』(東京国際フォーラム・博多座)
  • 2014年1月、『眠らない男・ナポレオン -愛と栄光の涯(はて)に-ジョセフ
  • 2014年5月、『太陽王 〜ル・ロワ・ソレイユ〜』マザラン
  • 2014年7月、『The Lost Glory -美しき幻影-』ウォルター・ライマン/『パッショネイト宝塚!』
  • 2014年11月、『REON in BUDOKAN〜LEGEND〜』(日本武道館)  
  • 2014年12月、『アルカサル 〜王城〜』(バウ)アルフォンソ11世   
  • 2015年2月、『黒豹の如く』セバスチャン・デ・ディアス/『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き-』
  • 2015年6月、『大海賊』エドガー/『Amour それは…』(全国ツアー)
  • 2015年8月、『ガイズ&ドールズ』ビッグ・ジュール
  • 2016年1月、『LOVE & DREAM』(東京国際フォーラム・梅田芸術劇場)
  • 2016年3月~6月、『こうもり…こうもり博士の愉快な復讐劇…/THE ENTERTAINER!』フランク *退団公演

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2016年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2016年、102頁。ISBN 978-4-908135-67-5。
  2. ^ a b 監修:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』、阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、P111。ISBN 9784484146010。
  3. ^ 「ラトビア植樹祭」日本ラトビア協会ニュース2013年号,p20
  4. ^ [1]片山 大介(参議院議員)
  5. ^ [2]片山大介(参議院議員)