十返千鶴子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

十返 千鶴子(とがえり ちづこ、1921年6月7日 - 2006年12月20日)は、日本の随筆家。十返肇の妻。

兄に、風間真一(編集者であり、三木蒐一の筆名で『地下鉄サム』に影響された小説「地下鉄伸公」を書いた[1])、画家の風間完

東京生まれ。駿河台高等女学校卒。婦人画報社(現ハースト婦人画報社)勤務の後フリーとなる。十返肇と結婚し、1963年その死去後、随筆家として活動した。2006年、虚血性心不全のため85歳で死去[2]

著書[編集]

  • 『未亡人ばんざい』1969年、毎日新聞社、全国書誌番号:74003738
  • 『十返肇 その一九六三年八月』1969年、私家版、全国書誌番号:75010480
  • 『みんなが嘘をついている 十返肇ガンとの闘い』1969年、文芸春秋、全国書誌番号:75027087
  • 『愛を生きがいにできるか』1972年、講談社、全国書誌番号:75004659
  • 『曲がりかどの女たち』1977年、白夜書房、全国書誌番号:78012130
  • 『日々つれづれ』1981年、毎日新聞社、全国書誌番号:81020789
  • 『夫恋記』1984年、新潮社、ISBN 4-10-353001-4
  • 『男はせいぜいこんなもの』1984年、朝日新聞社、ISBN 4-02-255299-9
  • 『ひとり暮らしの老いじたく』1987年、海竜社、ISBN 4-7593-0197-6
  • 『世紀末ロンドンを翔んだ女 メアリ・ウォルストンクラフトを追う旅』1990年、新潮社、ISBN 4-10-353002-2
  • 『上手な年のとり方とられ方』1992年、海竜社、ISBN 4-7593-0333-2
  • 『ひとりで暮すいきいき老いる』1998年、海竜社、ISBN 4-7593-0566-1

脚注[編集]

  1. ^ 鏡明『ずっとこの雑誌のことを書こうと思っていた』(フリースタイル)P.87
  2. ^ 評論家の十返千鶴子さん死去 - asahi.com、2006年12月22日