千の風になって (秋川雅史のシングル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
千の風になって
秋川雅史シングル
初出アルバム『威風堂々
B面 リンゴ追分
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ポピュラー
時間
レーベル タクミノート(テイチクエンタテインメント
作詞・作曲 作詞:不詳
作曲:新井満
プロデュース 秋川雅史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2007年度年間1位(オリコン)
  • 2008年度年間65位(オリコン)
  • 登場回数120回(オリコン)
  • 秋川雅史 シングル 年表
    千の風になって
    (2006年)
    ねがい
    2009年
    ミュージックビデオ
    「千の風になって」 - YouTube
    テンプレートを表示

    千の風になって」(せんのかぜになって)は、秋川雅史の1作目のシングル2006年5月24日にタクミノート(テイチクエンタテインメント)から発売された。

    解説[編集]

    声楽を専攻する歌手としては稀となる、マキシシングルでの発売。2005年9月に発売された自身のアルバム『威風堂々』からのシングルカット[1]で、自身初のシングル作品でもある。CDには秋川自身の編曲によるピアノ伴奏付きのコーラス譜が封入されている。

    このシングルは発売当初6500枚の生産だったという。2008年3月時点では累計130万枚を超える[2]

    2006年6月1日のスポーツ紙の記事で、「今静かなブームを起こしつつある」と取り上げられている[3]

    2006年のNHK第57回NHK紅白歌合戦』への出場、紅白初出場が決定し、大きな注目を浴びることとなる。

    2007年8月からフジテレビ系列でドキュメンタリードラマ『千の風になって ドラマスペシャル』が放送された。

    秋川はこのヒットにより、2007年の『第58回NHK紅白歌合戦』にも連続出場となった。さらに、多くの民放の年末音楽番組にも出演を果たしたほか、『第49回日本レコード大賞』では特別賞を受賞、作曲を手掛けた新井満も作曲賞を受賞した。

    さらに、2008年の『第59回NHK紅白歌合戦』でも秋川が本曲を第1部の白組トリおよび大トリで歌唱した(合唱団も参加)。ただ3年連続での披露であったことから2009年1月10日発売の『週刊プレイボーイ』(集英社)の一コマ風刺漫画ページ“中川雅之の1ページムービー”にて「サンド・オブ・ミュージック」とネタにされた[注釈 1]

    なお、オリコンではこのCDは演歌・歌謡チャートでランクインしている[注釈 2]読売テレビ制作、日本テレビ系列『ベストヒット歌謡祭』では演歌・歌謡曲部門ではなく、ポップス部門でノミネートされ、「40周年記念特別賞」を受賞した。

    オリコンチャート推移[編集]

    2006年6月12日付のオリコンシングルチャートに168位で初登場[4]。その後同年11月半ば頃まで、本楽曲や秋川自身の認知度は限定的で、オリコンシングルチャートでは上位に届かなかった。

    だが、同年11月23日の『NHK歌謡チャリティコンサート』に秋川が出演後、売上を急速に伸ばし[1][5]、同年12月17日にNHKで『千の風になって』が放送後、さらに売上を加速し[6]、紅白放送前の2007年1月1日付(2006年12月27日発表)で31位まで浮上[6]。紅白では歌唱前にSMAP木村拓哉朗読したこともあり、年明け後の翌々週[注釈 3]には4位(演歌・歌謡部門では初の1位)を記録し[7]、同年1月22日付のオリコンシングルチャートで1位を獲得した。自身初はもちろん、クラシック歌手としても史上初の同チャート1位となった[8]。また、翌週(1月29日付)のチャートでも勢いをさらにつけ、前週の約3倍増となる約9.0万枚を売り上げた[9]

    オリコンの2007年1月度の月間シングルチャートでは2位[10]、オリコンの2007年上半期シングルチャートでも第1位を獲得した。男性ソロ歌手が上半期シングルチャートで首位になるのは浜田省吾悲しみは雪のように』以来15年ぶり、発売から1年以上が経過した楽曲が上半期シングルチャートで首位になるのは渥美二郎夢追い酒』以来28年ぶりである[11]

    登場44週目にあたる2007年8月14日付オリコンシングルランキングで、遂にミリオンを達成した[4]。オリコンにおけるシングルのミリオン達成は2006年5月29日付のKAT-TUNの『Real Face』以来約1年3ヶ月ぶり、ポップス以外の楽曲では2000年6月26日付の大泉逸郎の「」以来約7年2ヶ月ぶり、カバー曲ではKinKi Kidsによる吉田拓郎のカバー曲「全部だきしめて」(1998年9月21日付)以来約8年11ヶ月ぶりであり、クラシック歌手としては史上初となった[4]。初登場週513枚からのミリオン達成は森山直太朗の「さくら」を抜いて最も低い初登場売上からでの歴代1位である[4]。うち、銀座山野楽器本店のみで1万枚以上を売り上げている[12]。また、この記録により2007年度オリコン年間シングルチャートの1位を獲得した(ただし、ネット配信数との合算では宇多田ヒカルの『Flavor Of Life』が上回る)。

    2008年1月14日付オリコンシングルチャートで、2度目の紅白効果に乗り、3位となった。同チャートでのトップ3返り咲きは2007年3月5日付以来45週ぶりである[13]。同年3月10日付オリコンチャートでは累積売り上げ120万枚を達成し、以後同年11月10日付まで102週連続で200位以内に入り続けた。

    2019年4月にオリコンが発表した「オリコン“平成セールス”ランキング」の演歌・歌謡部門でも1位を獲得している[14]

    収録曲[編集]

    1. 千の風になって [4:32]
      作詞:不詳、日本語詞・作曲:新井満、編曲:EDISON
    2. 千の風になって 〜カラオケ〜
    3. リンゴ追分 [4:30]
      作詞:小沢不二夫、作曲:米山正夫、編曲:EDISON
      自身のコンサートでも必ずというほど披露されている、1952年発表の美空ひばりの楽曲のカバー。 また愛媛県の伊予西条駅では接近メロディーとして、 北海道の大沼公園駅では改札メロデイーとして2015年~2016年に使用された。

    収録アルバム[編集]

    カバーしたアーティスト[編集]

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 同年、美川憲一も『さそり座の女』を3年連続で歌唱したのだが、美川はネタにされていない。
    2. ^ 一方で新井満の『千の風になって a thousand winds』は演歌・歌謡チャートにはランクインしていない。
    3. ^ 当時のオリコンチャートでは年始2週を合算週とし、2週分の集計を年始2週目に発表していた。

    出典[編集]

    1. ^ a b 「千の風になって」ミリオンへ向かって、ORICON NEWS、2007年6月6日。
    2. ^ 秋川雅史ニューアルバムに、高音質CD“SHM-CD”を採用 日本ビクターがユニバーサルミュージックと共同開発した“SHM-CD”をテイチクとして初めて採用日本ビクター、2008年3月25日。
    3. ^ 静かなブーム…テノール歌手・秋川雅史、初の全国ツアー発進SANSPO.COM、2006年6月1日。(インターネットアーカイブ
    4. ^ a b c d 千の風吹いた! 秋川雅史がクラシック歌手史上初のミリオン達成、ORICON NEWS、2007年8月14日。
    5. ^ 秋川雅史、NHK出演後に大反響!!、ORICON NEWS、2006年11月24日。
    6. ^ a b 芥川賞作家作曲「千の風になって」紅白効果で大躍進、ORICON NEWS、2007年1月1日。
    7. ^ 秋川雅史は31位→4位に急上昇!演歌・歌謡では初の1位!、ORICON NEWS、2007年1月9日。
    8. ^ クラシック歌手、史上初の1位!!、ORICON NEWS、2007年1月16日。
    9. ^ 秋川雅史「千の風になって」、1位効果で売上3倍増!、ORICON NEWS、2007年1月23日。
    10. ^ 秋川雅史「千の風になって」、月間も大健闘!、ORICON NEWS、2007年2月2日。
    11. ^ 上半期ランキング首位獲得、秋川雅史、ORICON NEWS、2007年7月4日。
    12. ^ 「千の風になって」ミリオン記念でオリコンに盾贈呈、ORICON NEWS、2008年4月3日。
    13. ^ 紅白歌唱曲が史上初のオリコン上位TOP3を独占、ORICON NEWS、2008年1月8日。
    14. ^ 【オリコン“平成セールス”ランキング】シングルはSMAP、アルバムは宇多田ヒカルが1位 “平成No.1”アーティスト別セールスのB’zからはコメント到着 5ページ目、ORICON NEWS、2019年4月11日。

    関連項目[編集]