千代原口トンネル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千代原口トンネル
概要
位置 京都府京都市西京区
現況 供用中
所属路線名 国道9号
起点 京都市西京区上桂三ノ宮町
終点 京都市西京区御陵塚ノ越町
運用
開通 2013年(平成25年)2月23日
通行対象 自動車
技術情報
全長 490m
道路車線数 2車線
設計速度 50km/h
テンプレートを表示

千代原口トンネル (ちよはらぐちトンネル)は、京都府京都市西京区にある国道9号トンネルである。

概要[編集]

渋滞が慢性化していた千代原口交差点(トンネル開通前の交通量は6万8千台/日[1])の渋滞解消を目的に「京都西立体交差事業」として計画され、2013年2月23日に開通した。

国道9号の右側車線が490mに亘ってアンダーパスする構造で、約7割の車両がトンネルを利用している[2]。事故防止の観点から軽車両と二輪車の通行は禁止されているため、軽車両と二輪車が国道9号を直進する場合、地上の道路を通行することになっている[3]

データ[編集]

  • 全長 - 490m[4]
  • 道路設計 - 第4種第1級
  • 幅員 - (3.25m、路側帯0.5m)×2車線[5]
  • 制限速度 - 50km/h
  • 総事業費 - 234億円(アプローチ部分の工事や周辺工事も含む)

沿革[編集]

整備効果[編集]

国土交通省京都国道事務所の調査によると、トンネルの開通後千代原口交差点付近の平均走行速度が2倍以上に改善され、朝夕の渋滞も解消された[2]

脚注[編集]

  1. ^ 千代原口トンネル開通 西京 朝夕渋滞が緩和” (日本語). 読売新聞 (2013年2月24日). 2013年2月24日閲覧。
  2. ^ a b 国道9号千代原口トンネル 渋滞解消 速度2倍に” (日本語). 京都新聞 (2013年5月1日). 2014年1月19日閲覧。
  3. ^ 千代原口トンネル 二輪車通行できず 国道9号の交通規制” (日本語). 京都新聞 (2013年2月21日). 2013年2月23日閲覧。
  4. ^ 千代原口トンネル開通 西京の国道9号” (日本語). 京都新聞 (2013年2月23日). 2013年2月23日閲覧。
  5. ^ 国道9号京都西立体交差:二輪と軽車両、通行禁止−−きょうから” (日本語). 毎日新聞 (2013年1月23日). 2013年2月23日閲覧。
  6. ^ a b 国道9号 千代原口トンネル 2月23日に開通” (日本語). 京都新聞 (2013年1月23日). 2013年2月23日閲覧。

関連項目[編集]