千代田形

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千代田形
横須賀に停泊中の千代田形(明治初期)[1]
横須賀に停泊中の千代田形(明治初期)[1]
基本情報
建造所 石川島造船所[2]
運用者 江戸幕府日本海軍
艦種 砲艦[3]
艦歴
起工 文久2年5月7日[4]
進水 文久3年7月2日
竣工 慶応2年5月[4]
除籍 1888年1月28日[4]
要目
排水量 138英トン[3][5]
トン数 158トン[2]
長さ 97 ft (29.57 m)[3]
または172[5](約31.52m)
または16間1尺[2](約29.40m)
全長 31.3m[要出典]
垂線間長 97 ft 4 in (29.67 m)[6]
16 ft (4.88 m)[3]
または2間半[5](約4.54m)
または2間4尺[2](約4.85m)
吃水 平均:6 ft 8 in (2.03 m)[3]
または前部:5尺4[7](約1.64m)、後部:7尺1寸[7](約2.15m)
ボイラー 製低円缶 3基[2]
主機 2気筒横置歯車増速式機関[2] 1基[6]
推進 青銅製2翼スクリュー 1軸[2]
回転数:67rpm[2]
直径:5 ft 6 in (1.68 m)[2]
ピッチ:5 ft 8 in (1.73 m)[2]
出力 推定[2]:60馬力[3][5](IHP[6])[注釈 1]
帆装 2檣・トップスル・スクーナー[6]
速力 5ノット[2]
燃料 石炭:32,000(19.5トン)[2]
航続距離 432カイリ[2]
燃料消費量:8,000斤/日[7]
乗員 35名[要出典]
慶応4年1月定員:50名[8]
明治2年:39人[9]
兵装 150mm砲 1門、ボートホイッスル筒(小型榴弾砲) 2門[要出典]
または12ポンド・クルップ砲 1門、6ポンド青銅カノン砲 2門[7]
または30ポンド砲 1門、ホウイツアー砲 2門[6]
その他 船材:[5]
テンプレートを表示

千代田形(ちよだがた)は幕府海軍の、後に日本海軍軍艦千代田江戸城の別称で、がつくのは同型艦が予定されていたため[5]

概要[編集]

幕府軍艦としては初の国産蒸気砲艦で、 薩摩藩雲行丸佐賀藩凌風丸に続く3番目の日本国内で建造された蒸気船[1]。 江戸湾・大坂湾防御のため量産化が計画されていたため千代田「形」と名付けられたが、結局2番艦以降が建造されることはなかった。 江戸脱走以降の艦長は森本弘策

艦歴[編集]

建造[編集]

設計者のひとり肥田浜五郎

戊辰戦争[編集]

  • 4月11日 江戸城無血開城にともなって新政府軍への譲渡を約束されていたが、海軍副総裁榎本武揚がこれを拒否し、旧幕府艦隊として館山に向かう。
  • 閏4月13日 軍艦取扱方勝海舟が館山に行き、榎本と談判の結果、旧幕府艦隊は品川に帰還する。
  • 5月29日 長崎丸太江丸と共に館山に到着。旧幕府脱走兵らを収容して奥州へ運送。
  • 8月19日 榎本武揚率いる旧幕府軍艦隊の一艦として品川沖を脱出。
  • 9月20日 仙台到着の後、長崎丸と共に庄内藩の援護に向かう。しかし、庄内藩は既に新政府軍に降伏していたため、飛島に停泊するが、風雨で長崎丸が座礁。千代田形一隻では人員を輸送できず、飛島に閉じ込められる。庄内藩からは降伏勧告が出されるが、拒否。
  • 11月になり旧幕府軍がチャーターしていたフランス船が飛島沖を通りかかり、同船に人員を載せることで、11月11日、ようやく蝦夷地箱館港に入港。
  • 明治2年(1869年)
  • 3月25日 宮古湾海戦。千代田形は箱館に待機。
  • 4月9日 新政府軍、蝦夷地へ上陸を開始。
  • 4月24日 新政府軍艦隊の箱館接近に対し応戦。
  • 4月29日 夜中、箱館港で暗礁に乗り上げ座礁。大砲の火門に釘を打つ、機関の破壊などの破壊工作をして全員脱出。しかしこれは、艦長森本弘策の判断ミスであり、この後潮が満ちて千代田形は離礁する。
  • 4月30日 漂流中に新政府軍によって発見・拿捕される(この事によって森本は一兵卒に格下げされた)。

日本海軍[編集]

明治2年5月、艦籍を政府軍に移す。 艦名「千代田形(艦)」。 一時久留米藩に預けられたが、明治2年7月20日久留米藩から返還され、兵部省所管となった[4]

明治3年2月24日海軍操練所(後の海軍兵学寮海軍兵学校)に引き渡され[10]練習艦として使用された。

明治3年7月(1870年8月頃)に普仏戦争が勃発し、中立を守るために各港に小艦隊が派遣されたが[11]第二丁卯千代田形品川に留まり、同地の警備を行った[12]。 翌明治4年3月7日(1871年4月26日)に警備は解かれた[13]

明治4年11月15日、7等艦に定められた[4]

1878年(明治11年)1月26日、6等艦に定められた[4]

明治21年(1888年)1月28日除籍[5]。 除籍後は千葉県に交付[5]、 日本水産会社に貸与され「千代田丸」となった[4]。 その後の消息は不明であるが、1911年(明治44年)に解体されたという[6]

艦長[編集]

日本海軍
  • (艦長代)三上三郎:明治2年7月20日[14] - 明治2年11月10日[15]
  • (艦長代)石川武直(尚一郎):明治2年11月10日[15] -
  • 磯辺包義 大尉:明治4年6月25日(1871.8.11) - 明治4年7月23日(1871.9.7)[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ #M1-M9海軍省報告書画像11-12、明治二年己巳艦船総数表によると名馬力で60。

出典[編集]

  1. ^ a b #日本海軍全艦艇史p.490、No.1235の写真解説。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n #帝国海軍機関史(1975)別冊表2
  3. ^ a b c d e f #近世造船史明治(1973)p.172
  4. ^ a b c d e f g 中川努「主要艦艇艦歴表」#日本海軍全艦艇史資料篇p.10千代田形(初代)
  5. ^ a b c d e f g h #艦船名考(1928)pp.18-19、千代田(千代田形)ちよだ(ちよだがた)Tiyoda(Tiyodagata).
  6. ^ a b c d e f #元綱(2004)p.121
  7. ^ a b c d #帝国海軍機関史(1975)上巻pp.445-446(第2巻pp.119-120)
  8. ^ #帝国海軍機関史(1975)上巻pp.201-202人、乗員定員表。 船将(代一等)1人、 軍艦役竝勤方二等2人、 医師2人、 軍艦役竝勤方三等1人、 下役2人、 当分出役2人(以上士官)、 水夫小頭・火焚小頭3人、 平水夫・平火焚35人、 大工1人、 鍛冶1人。
  9. ^ #M1-M9海軍省報告書画像11-12、明治二年己巳艦船総数表
  10. ^ #M3公文類纂8/千代田形艦引渡日限の件海軍用所へ達画像1
  11. ^ #海軍制度沿革4-1(1971)p.7、明治3年7月28日(太政官)。
  12. ^ #M1-M9海軍省報告書画像13、明治3年7月。
  13. ^ #海軍制度沿革8(1971)p.33、明治4年3月7日(御沙汰)諸港守備ノ軍艦ヲ解クノ件「兵部省 諸港守衛トシテ出張之軍艦解備被仰付候間帰艦之儀其省ヨリ可相達候事」
  14. ^ #M1-M9海軍省報告書画像9-10、明治二年己巳 軍務官 兵部省、7月。
  15. ^ a b #M1-M9海軍省報告書画像10-11、明治二年己巳 軍務官 兵部省、11月。
  16. ^ 『日本海軍史』第9巻、第一法規出版、1995年、665頁。

参考文献[編集]

  • アジア歴史資料センター(公式)(防衛省防衛研究所)
    • 『記録材料・海軍省報告書第一』。Ref.A07062089000。(国立公文書館)
    • 『公文類纂 明治3年 巻8 本省公文 艦船部/諸達並雑記内 2月 千代田形艦引渡日限の件海軍用所へ達』。Ref.C09090105000。
  • 浅井将秀/編『日本海軍艦船名考』東京水交社、1928年12月。
  • 海軍省/編『海軍制度沿革 巻四の1』明治百年史叢書 第175巻、原書房、1971年11月(原著1939年)。
  • 海軍省/編『海軍制度沿革 巻八』明治百年史叢書 第180巻、原書房、1971年10月(原著1941年)。
  • 石井勉『徳川艦隊北走記』學藝書林、1977年。
  • 造船協会/編『日本近世造船史 明治時代』明治百年史叢書 第205巻、原書房、1973年(原著1911年)。
  • 日本舶用機関史編集委員会/編『帝国海軍機関史』明治百年史叢書 第245巻、原書房、1975年11月。
  • 福井静夫『写真 日本海軍全艦艇史』ベストセラーズ、1994年。ISBN 4-584-17054-1。
  • 元綱数道『幕末の蒸気船物語』成山堂書店、2004年4月。ISBN 4-425-30251-6。

関連項目[編集]

軍艦の部屋