千代金丸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千代金丸(ちよがねまる)は、琉球国王尚家に伝来した三振りの宝剣の一つ。

尚家当主尚裕より平成7年(1995年)、平成8年(1996年)に同家伝承文化財が沖縄県那覇市に寄贈され、平成14年(2002年)に三振りとも「琉球王家尚家伝来品」の一つとして重要文化財に指定された。更に平成18年(2006年)、歴史文書類を加えて「琉球国王尚家関係資料」として国宝に指定された。後述の伝承があるが、刀身は三振りとも本土製の日本刀である。[1]

この項目では、他の二振りの刀についても記述する。

千代金丸[編集]

千代金丸(ちよがねまる)の指定名称は、「金装宝剣拵 刀身無銘(号 千代金丸)」。

刃長71.3センチ。刀身は平造りで庵棟、やや細身で先反り強くつく。地金は板目肌流れる。刃文は広直刃調、小互の目交じり、足葉入る。帽子は直ぐに先尖りごころに反り、長く焼き上げる。彫物は表裏に五本の細樋。無銘であるが、16世紀の作かという推定もある。

拵えの全長は92.1センチ。古代の頭椎大刀のような形の金製兜金が付いた柄で、「大世」[2]の銘が刻まれている。鍔は赤銅地で木瓜型の板鍔、四方に四花型と猪の目形の透かしを入れ、鍍金毛彫り菊文を散らす。鞘は黄金色に輝く華麗なものである。柄は日本の長剣にしては珍しく片手用(かろうじて拳2つ分の幅がある程度)で、琉球独自の拵えである。ただし、太刀は本来が馬上での使用を考慮した片手打ち(片手用)であったことも考慮が必要である。

伝来は「千代金丸宝刀ノ由来」によれば、尚巴志により攻め滅ぼされた北山王攀安知[3]の所持した宝刀で、城を守りきれなかったことに怒って、守護の霊石を切りつけ、更にこの刀で自害しようとしたが、主の命を守る霊力が込められた刀であり、死にきれず、重間(志慶間)川に投げ捨ててから命を絶った。これを伊平屋の住人が拾い上げて中山王に献上したという。

治金丸[編集]

治金丸(ちがねまる)の指定名称は、「黒漆脇差拵 刀身無銘(号 治金丸)」。

刃長53.8センチで、やや大型の脇差クラスのサイズである。刀身は平造りで庵棟、先反りつく脇差。地金は板目肌。刃文は腰の開いた互の目、尖り刃や耳型の刃などが混じり、沸つく。帽子は乱込んで、表が丸く、裏が尖って反る。彫物は表裏に二筋樋を掻き流す。無銘であるが、応永信国の作と推定されている。

拵えの全長は73.6センチ。鞘は黒漆塗りで、一般的な大和風の打刀拵えであるが、と切羽は千代金丸とほぼ同じデザインである。治金丸のものに比較すれば、千代金丸の鍔と切羽は稚拙な出来であるため、治金丸は刀身だけでなく拵もまた高い技能を誇る日本本土の職人による可能性が高いと見られている。だとすれば、千代金丸の鍔はそれをモデルに琉球の職人に製作させたものであろう。なお、北海道アイヌ向けに制作されたアイヌ刀の蝦夷拵のように、京都や後の時代の江戸の職人が、異民族も含む相手の好みにあわせたデザインを製作することは、史実にも例がある。

伝来は「治金丸宝刀ノ由来」によれば、宮古島の豪族仲宗根豊見親が、大永2年(1522年[4]尚真王へ、八重山諸島(あるいは先島諸島全域)平定の慶賀として献上したという。また、王は刀身に異変(錆か)が見られたため阿波根[5]に命じて、この刀をの研ぎ師に研がせたが、研ぎ師は偽物にすり替えて渡した。王妃は最初に預ける前にその刀身の特徴を写し取っており、これが偽物であることに気づき、それを指摘された王は奪還を命じた。阿波根は再び京都に戻り、3年の月日をかけてついに取り戻したという。これより阿波根は、「京阿波根」と呼ばれるようになった。 琉球の正史である『球陽』にも、治金丸の伝来について以下の記述がある。宮古島平良の北に、轟音と共に閃光が現れ、翌朝に仲宗根豊見親がその場所でこの宝剣を見出した。これを得て以来、禍にあうことなく、伝家の宝としたが、凡愚の所有するものではないと(1522年に)中山王に献上した。ところがその帰りに難破して多くの死傷者を出したという。

なお、よく知られるように日本刀研磨は特殊技能である。琉球出身者が日本刀研磨を薩摩で正式に修業し、王府より磨刀主取に任命されたのは、『球陽』によれば寛永21年(1644年)のことである。

北谷菜切[編集]

紙本著色毛利元就像(毛利博物館蔵)

北谷菜切(ちゃたんなきり)の指定名称は、「青貝微塵塗腰刀拵 刀身無銘(号 北谷菜切)」。

刃長23センチの短刀。刀身は平造りで三ツ棟、反りわずかについて現状は刺刀風に鋭く尖る短刀。地金は板目肌総体に流れる。刃文は細直刃、帽子欠。彫物は裏に細い腰樋。無銘であるが、15世紀の作と推定されている。刀身は使い込まれ大きく摩滅し、刃は切っ先部分にしか残っていない。後述の伝説があるが、実用の武器としては突き刺すことしかできないと思われる。

拵えの全長は46.5センチ。鞘は青貝螺鈿で、柄には鮫皮のように加工した金板を貼り、金具は金無垢である。小柄と笄には篆書で「天」と刻まれ、琉球王府所蔵品の証である。この金板を打ち出した鮫皮様拵えは本土の流行に沿ったもので、有名な毛利元就肖像画などでも同形式の拵えが確認できる。

伝承によれば、北谷の農婦が包丁を振ったところ、触れてもいないのに赤子の首を切って殺してしまった。取調べを受けたが無実を訴え、役人が試みに山羊に向かって包丁を振ったら同じく首が切れ、そこで農婦は放免された。この包丁を刀に鍛え直したものが、北谷菜切であるという。

それぞれの名称の入れ違いについての問題[編集]

千代金丸の鍔には「てかね丸」の文字が刻まれている。『おもろさうし』にも宝刀「てがねまる(手金丸)」の歌があり、「筑紫だら(つくしぢゃら)」は手金丸の別名と原注されている。「だら」は「太郎」の琉球方言訛りであり、転じて「大切なもの」を意味する。筑紫から来た宝剣(長脇差)の意味である。他書には千代金丸が手金丸であると記述されているが、この形状や、刀身の作成時期などから、千代金丸と治金丸の名前が入れ替わった可能性が提起されている。

千代金丸の別名に重金丸があるが、東恩納寛惇は「千代」が琉球方言訛りで「チュ」となり、それに「重」の字があてられたと推定している。

首切り妖刀の伝承はいくつか伝えられているが、そのうちの一つでは治金丸こそがその妖刀であるという。その逸話の場合、首切り事件は豊見城で起り、包丁を刀に打ち直したのは京阿波根である。ただし、治金丸を所有していたのが大村御殿の北谷王子(北谷領主である王子)であったとして、北谷と結びつけられている。北谷王子は治金丸で黒金座主という妖僧を斬殺し、その怨霊が沖縄民話の妖怪「耳切り坊主」になったとされる。

琉球での日本刀は重要な交易品であったが、その全てが本土製であった。鍛冶師や金細工師はいたものの、琉球時代を通して日本刀の刀工は見られない。ただし、薩摩で修業したという宮古島のナリヤ鍛冶の伝承がある。

脚注[編集]

  1. ^ 国宝としての指定は前述の通り、尚家に伝承された文化財全ての価値を総合したものであり、単体での評価ではない。
  2. ^ 尚泰久王の神号「大世主(おおよのぬし)」と思われる。
  3. ^ 文中での記述は「攀如」。
  4. ^ 「忠導氏系図家譜」では弘治13年(1500年)に石垣島平定(オヤケアカハチの乱)の慶賀での献上となっている。1522年は与那国島平定(鬼虎征伐)の年にあたる。
  5. ^ 沖縄空手の元祖といわれる。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 那覇市歴史博物館『国宝「琉球国王尚家関係資料」のすべて』、沖縄タイムス、2006年
  • 久保智康ほか『日本の美術 第533号 琉球の金工』、ぎょうせい、2010年
  • 外間守善西郷信綱『日本思想大系18 おもろさうし』、岩波書店、1972年