千住河原町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東京都 > 足立区 > 千住河原町
千住河原町
—  町丁  —
墨堤通り
千住河原町の位置(東京23区内)
千住河原町
千住河原町
千住河原町の位置
座標: 北緯35度44分35.9秒 東経139度47分52.56秒 / 北緯35.743306度 東経139.7979333度 / 35.743306; 139.7979333
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Tokyo Prefecture.svg 東京都
特別区 Flag of Adachi, Tokyo.svg 足立区
人口 (2017年(平成29年)12月1日現在)[1]
 - 計 3,654人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 120-0037[2]
市外局番 03[3]
ナンバープレート 足立

千住河原町(せんじゅかわらちょう)は、東京都足立区町名郵便番号は120-0037[2]

地理[編集]

足立区の南部に位置する。千住地区(旧千住町)の中では南部にあたり、千住大橋駅北側に広がる。主に住宅地となっている。

千住河原町、昭和10年

歴史[編集]

かつては河原町であった。江戸時代から1941年(昭和16年)まで、やっちゃ場と呼ばれる青物市場が設置されていた[4]。「やっちゃ」とは市場で行われたせりのかけ声である[4]

沿革[編集]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)12月1日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

町丁 世帯数 人口
千住河原町 2,045世帯 3,654人

小・中学校の学区[編集]

区立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5]。なお、足立区では学校選択制度を導入しており、区内全域から選択することが可能。ただし、小学校に関しては、2018年(平成30年)度から学区域または学区域に隣接する学校のみの選択になる。[6][7]

番地 小学校 中学校
全域 足立区立千寿小学校 足立区立第一中学校

交通[編集]

道路[編集]

施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 足立区の町丁別の世帯と人口”. 足立区 (2017年12月4日). 2017年12月7日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年12月7日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年12月7日閲覧。
  4. ^ a b 足立史談会編(1992年)38頁。
  5. ^ 区立小・中学校の通学区域表・通学区域図”. 足立区 (2017年4月15日). 2017年12月7日閲覧。
  6. ^ 学校選択制度について”. 足立区 (2017年6月1日). 2017年12月7日閲覧。
  7. ^ 小学校の「学校選択制度の改正」について”. 足立区 (2017年5月3日). 2017年12月7日閲覧。
  8. ^ 足立史談会編(1992年)39頁。

参考文献[編集]