千明牧場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

千明牧場(ちぎらぼくじょう、正式名称・株式会社丸沼 千明牧場)は、群馬県利根郡片品村にある競走馬の生産牧場及び馬主オーナーブリーダー)である。

歴史[編集]

戦時中は一時閉鎖していた

代表者[編集]

千明大作(ちぎら だいさく)

群馬県立沼田高等学校を経て、慶應義塾大学卒。ミスターシービー(2代目)が皐月賞東京優駿(日本ダービー)菊花賞を制したことにより、中央競馬史上3人目の三冠馬の馬主となった。

牧場主である千明家は、競走馬のオーナーとして親子三代で日本ダービーを制覇している史上唯一の家系としても名高い。(先代である父は千明康、先々代である祖父は千明賢治)

本場以外の施設・関連会社[編集]

主な生産馬[編集]

群馬県産[編集]

千葉県産[編集]

浦河町産[編集]

主な所有馬[編集]

千明牧場所有馬[編集]

千明康所有馬[編集]

千明賢治所有馬[編集]

関連項目[編集]