千歳タウンプラザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
千歳タウンプラザ
Chitose Town Plaza
Chitose Town Plaza.jpg
地図
店舗概要
所在地 066-0063
北海道千歳市幸町4丁目30
座標 北緯42度49分28秒 東経141度38分57秒 / 北緯42.82444度 東経141.64917度 / 42.82444; 141.64917座標: 北緯42度49分28秒 東経141度38分57秒 / 北緯42.82444度 東経141.64917度 / 42.82444; 141.64917
開業日 2005年3月12日[1]
2016年12月23日(リニューアル)[2]
正式名称 千歳タウンプラザ
施設所有者 北海道空港[3]
施設管理者 セントラルリーシングシステム[3]
延床面積 15,505 m²[4]
営業時間 施設により異なる
前身 エスプラザビル
最寄駅 JR logo (hokkaido).svg 千歳駅
最寄バス停 仲の橋通
最寄IC Hokkaido Expwy Route Sign.svg 千歳IC

千歳タウンプラザ(ちとせタウンプラザ)は、北海道千歳市にある複合施設。

概要[編集]

2005年平成17年)、閉鎖していた施設を取得していた北海道空港が3階のコミュニティセンター部分を除き商業施設として再開した。2016年(平成28年)に「コト消費型施設」としてリニューアルし、市民が本を持ち寄ったりしながら自由で開放的に本を読むことができる民間図書館の「まちライブラリー」、遊びを通じて体力づくりができる子供向け屋内遊具施設の「あそびのくに ピッピちとせ」、人工芝を敷き詰めた屋内パークゴルフ場の「千歳インドアパークゴルフクラブ」が新施設としてオープンした[5]

千歳タウンプラザ前の広場では、『千歳市民夏まつり』の行事や『千歳市民郷土餅つき大会』などのイベントを開催している[6][7]

施設[編集]

まちライブラリー@千歳タウンプラザ

  • 開館時間:10:00 - 20:00
  • 企画・運営:一般社団法人まちライブラリー
  • まちライブラリーカフェ

あそびのくに ピッピちとせ

  • 開館時間:10:15 - 17:15
    • 120分入替クール制
  • 利用料金:子ども・保護者ともに1クール1名350円
  • 対象年齢:生後6か月から小学生まで
  • プロデュース:ボーネルンド
  • 運営:セントラルリーシングシステム

千歳市中心街コミュニティセンター

  • 開館時間:9:00 - 21:00(月曜日除く)[8]
  • 集会室、会議室

千歳インドアパークゴルフクラブ

  • 営業時間:10:00 - 17:00(最終受付16:00)
  • 利用料金
    • 1日券800円
    • 半日券500円
  • ホール数:18
  • プロデュース:藤樹園[9]

コミック&インターネットカフェ「フリースタイル」

その他

  • 佐々木商店
  • カマザワ水産

沿革[編集]

千歳タウンプラザの前身は、1982年昭和57年)に千歳市中心部の再開発として開業した商業ビル「エスプラザビル」である[11]。地元の商業者などが共同出資した「ちとせデパート」が核店舗となり、ダイエーとのフランチャイズ(FC)契約を結んで営業していたが、近隣商業施設の大型化による競合によって赤字が続くようになり、1999年平成11年)に運営会社の「株式会社ちとせデパート」が約46億円の負債を抱えて自己破産を申請した[12]。ちとせデパート閉店後のエスプラザビルは、「千歳市中心街コミュニティセンター」を除いて閉鎖することになった。

2002年(平成14年)、千歳市や千歳商工会議所からの活用要請を受け入れた北海道空港が中心街の活性化と地域振興のために施設を購入し、再活用に向けた要望書を市に提出して交渉を行った[13][14]。交渉は難航し、再開の目途が立たない状況が続いたが[15][16][17]、最終的な交渉がまとまり2005年(平成17年)に「千歳タウンプラザ」として再開した[18][19]。千歳市は支援策として1階フロアのうち1,230.64 m²を10年間の「賃貸借契約」により借り上げて固定資産税に相当する分を減免する形で助成したほか、ビル再開に伴う施設改修費用の一部を負担した[20]。中心となるテナントには長谷川産業の関連会社が運営する「スイートデコレーション」が出店した。ところがテナント誘致に苦戦が続き[21]2010年(平成22年)に入店していた「文教堂書店」が千歳駅前のペウレ千歳(現在の千歳ステーションプラザ)に移転し[22][注 1]2011年(平成23年)にはキーテナントのスイートデコレーションが閉店した[24]。なお、程なくして総合衣料品販売店の「サンキ」が出店している[25]2014年(平成26年)に運営会社のセントラルリーシングシステムは市からの助成継続が難しいこと、中心街の活性化に一定の役割を果たしたこと、施設の老朽化が進んで改修工事に数億円が見込まれることなどから翌年3月での店舗部分閉鎖を発表した[26]。この発表について市側も理解を示していたが[26]、市の借り上げスペースに入店しているテナントの移転先確保が難航していたため、北海道空港は閉鎖を延期して暫定的な運営継続の方針を示した[27][28]

セントラルリーシングシステムは、新たな活用策として中心市街地のコミュニティ機能を担う交流施設へ転換するための改装工事を行い[4][3]2016年(平成28年)に民間図書館、子ども向け屋内遊具施設、屋内パークゴルフ場の新施設がオープンした[29][30]。改装オープン後1ヶ月で千歳市内や札幌圏内などから約2万人が利用した[31]

アクセス・駐車場[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ その後2019年(平成31年)3月17日をもって撤退[23]

出典[編集]

  1. ^ “千歳タウンプラザがオープン”. 千歳民報苫小牧民報 (苫小牧民報社). (2005年3月12日). https://www.tomamin.co.jp/2005/cp050312.htm 2017年4月10日閲覧。 
  2. ^ “タウンプラザ改装オープン 千歳市中心街活性化に期待”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2016年12月23日). http://www.tomamin.co.jp/20161246044 2017年4月10日閲覧。 
  3. ^ a b c “タウンプラザ12月に改装オープン 千歳のまちなか活性化に一役”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2016年9月14日). http://www.tomamin.co.jp/20160942575 2017年4月10日閲覧。 
  4. ^ a b “千歳市中心部のタウンプラザが今春にも改装着手—地下はパークゴルフ場”. 北海道建設新聞 (北海道建設新聞社). (2016年1月8日). http://e-kensin.net/news/article/8901.html 2017年4月10日閲覧。 
  5. ^ 千歳タウンプラザがコト消費型施設に転換して23日オープン 国内最大級『まちライブラリー』、ボーネルンドの『あそびのくに』、『千歳インドアパークゴルフクラブ』”. リアルエコノミー (2016年12月21日). 2017年4月10日閲覧。
  6. ^ “空都彩る千歳市民夏祭り 7月16日から35日間”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2016年5月12日). http://www.tomamin.co.jp/20160538362 2017年4月11日閲覧。 
  7. ^ “千歳恒例 15県人会と圏人会、郷土餅つき大会”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2015年11月28日). http://www.tomamin.co.jp/20151132658 2017年4月11日閲覧。 
  8. ^ 中心街コミュニティセンター”. 千歳市. 2017年4月11日閲覧。
  9. ^ プログリーン施工例”. 藤樹園. 2017年4月11日閲覧。
  10. ^ フリースタイル千歳店”. タカハシ. 2017年4月11日閲覧。
  11. ^ “旧エスプラザ、来年3月にオープンへ”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年12月21日). https://www.tomamin.co.jp/2004/cp041221.htm 2017年4月10日閲覧。 
  12. ^ ちとせデパート自己破産*商店街活性に打撃*開店時借入金が重荷に”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1999年1月30日). 2017年4月11日閲覧。
  13. ^ “エスプラザ問題、公的利用で答弁 千歳市議会”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2003年3月14日). https://www.tomamin.co.jp/2003/cp030314.htm 2017年4月10日閲覧。 
  14. ^ “山口千歳市長、エスプラザ再開へ政治判断”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2003年7月21日). https://www.tomamin.co.jp/2003/cp030721.htm 2017年4月10日閲覧。 
  15. ^ “エスプラザ問題、来年6月再開は厳しい”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2003年12月9日). https://www.tomamin.co.jp/2003/cp031209.htm 2017年4月10日閲覧。 
  16. ^ “エスプラザ年内再開は困難、また延期へ”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年9月1日). https://www.tomamin.co.jp/2004/cp040901.htm 2017年4月10日閲覧。 
  17. ^ “エスプラザ再開のめどは”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2004年11月17日). https://www.tomamin.co.jp/2004/cp041117.htm 2017年4月10日閲覧。 
  18. ^ “旧エスプラザは3月12日オープンへ”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2005年2月23日). https://www.tomamin.co.jp/2005/cp050223.htm 2017年4月10日閲覧。 
  19. ^ “旧エスプラザの名称は千歳タウンプラザに”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2005年3月8日). https://www.tomamin.co.jp/2005/cp050308.htm 2017年4月10日閲覧。 
  20. ^ “千歳市が旧エスプラザ1階の借り上げスペースの概要報告”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2005年2月9日). https://www.tomamin.co.jp/2005/cp050209.htm 2017年4月10日閲覧。 
  21. ^ “タウンプラザのテナント誘致苦戦 千歳市も苦悩”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2007年3月15日). https://www.tomamin.co.jp/2007/cp070315.htm 2017年4月10日閲覧。 
  22. ^ “文教堂書店が千歳駅前のペウレ千歳に移転 27日オープン”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2010年3月6日). http://www.tomamin.co.jp/2010c/c10030603.html 2017年4月10日閲覧。 
  23. ^ “惜しむ声相次ぐ 大規模書店・文教堂が営業終了”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2019年3月18日). https://www.tomamin.co.jp/news/area1/15898/ 2019年4月12日閲覧。 
  24. ^ “スイートデコレーション千歳店が5月閉店 プラザ再び危機”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2011年2月22日). https://www.tomamin.co.jp/2011c/c11022202.html 2017年4月10日閲覧。 
  25. ^ “千歳タウンプラザに総合衣料品販売店「サンキ」が出店”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2011年6月22日). http://www.tomamin.co.jp/2011c/c11062203.html 2017年4月10日閲覧。 
  26. ^ a b “千歳タウンプラザ閉鎖へ 運営会社が契約終了を市に通知”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2014年9月9日). http://www.tomamin.co.jp/20140916719 2017年4月10日閲覧。 
  27. ^ “3月の閉鎖を延期 千歳タウンプラザ テナントは営業継続”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2015年1月29日). http://www.tomamin.co.jp/20150121601 2017年4月10日閲覧。 
  28. ^ “千歳タウンプラザの賃貸満了 テナント4店は営業継続”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2015年3月11日). http://www.tomamin.co.jp/20150323079 2017年4月10日閲覧。 
  29. ^ “千歳タウンプラザ改装、23日オープン 子供向け遊び場新設”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2016年12月15日). http://www.tomamin.co.jp/20161245751 2017年4月10日閲覧。 
  30. ^ 千歳タウンプラザ新施設オープン!! (PDF)”. 2017年4月11日閲覧。
  31. ^ “改装オープン1カ月 千歳タウンプラザに来場者2万人”. 千歳民報(苫小牧民報) (苫小牧民報社). (2017年1月25日). http://www.tomamin.co.jp/20170146998 2017年4月10日閲覧。