千田幸信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

千田幸信(ちだ ゆきのぶ、1950年9月29日 - ) は、日本の実業家、ゲームプロデューサー。スクウェア・エニックス・ホールディングス取締役。岩手県出身。親類に千田善吉田戦車がいる[1]

経歴[編集]

1986年より2000年ごろまでドラゴンクエストシリーズのプロデューサーを務めた。

ドラクエのプロデューサー[編集]

ポートピア連続殺人事件』の堀井雄二が、千田にファミリーコンピュータ(以下、ファミコン)でのRPGの製作を提案する。当時のファミコンはシューティングゲーム・アクションゲーム(アクションRPG)などが主流であり、当時本格的なRPGはマニアがパソコンでやるジャンルという扱いであったため、エニックス社内では反対の声もあったが、最終的に千田がゴーサインを出し、ファミコン初の本格的RPG『ドラゴンクエスト』の開発・製作が始まった。

ゲーム内でたびたび登場する「ゆきのふ」という人物は、彼をモデルにしている。

ドラゴンクエストシリーズでは『I』~『VII』までの間プロデューサーを務めた。 その後の作品では現場から離れたが、その後も『XI』まではエグゼクティブプロデューサーなどの形でクレジットに名を連ねた(ホールディングス専任時期と重なったためかクレジットされていない『X』は除く)。

逸話[編集]

PCでのRPGのプレイに慣れていた堀井や中村光一は、開発中の『ドラゴンクエスト』のレベル表示について「レベルの強さはいつでもコマンドで見られる」「自分が今レベルいくつかはだいたい分かる」と主張し、ウインドウ内の表示を出来るだけ少なくして、画面を見やすくすることを提案した。しかし、それに対して千田は「レベル表示は絶対必要だよ」と反論。千田の弁によると、『ポートピア連続殺人事件』が発売されたばかりの頃、エニックスに小学生のプレイヤーから質問の電話がかかってきて、電話の向こうでわいわいとにぎやかに楽しんでいる声が聞こえてきたという。それを体験した千田は、「ファミコンはパソコンのようにひとりで遊ぶゲームではない」「ゲームセンターのようにみんなでワイワイやりながら遊ぶ、パソコンとは異なるコミュニケーションメディアだ」と力説。それを聞いた堀井・中村両氏は、「なるほどコミュニケーションメディアですね」と返答し、その提案を受け入れることになった。

ドラゴンクエストモンスターズシリーズの『配合』システムは、千田の発案によるものとされている。

馬主として[編集]

カラノテガミ、セタガヤという冠名で知られており、ほとんどの所有馬は阿部新生厩舎に預託されている。勝負服の服色は、黄、赤菱山形、緑袖赤一本輪。

主な所有馬[編集]

プロデュース作品[編集]

製作総指揮[編集]

脚注[編集]