千秋公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
千秋公園
Kogetsu-pond in Senshu Park 20180520.jpg
胡月池
千秋公園の位置(秋田県内)
千秋公園
分類 都市公園(総合公園)
所在地
秋田県秋田市千秋公園
座標 北緯39度43分20秒 東経140度7分26秒 / 北緯39.72222度 東経140.12389度 / 39.72222; 140.12389
面積 16.29ヘクタール
運営者 秋田市
駐車場 14台(30分100円のコインパーキング)
告示 1896年明治29年)
公式サイト 秋田市のサイト
テンプレートを表示
二の丸広場

千秋公園(せんしゅうこうえん)は、秋田県秋田市久保田城跡にある都市公園(総合公園)である[1]。「千秋公園(久保田城跡)」として秋田市指定名勝に指定されている[2][3]

概要[編集]

久保田城の本丸・二の丸跡地に整備された。面積は16.29ha。名称は秋田市出身の漢学者狩野良知による命名(当初は「千秋園」[4])で、秋田の「秋」に長久の意の「千」を冠し、長い繁栄を祈ったものと伝えられる。

園内には緑が多く、復元された久保田城御隅櫓・本丸表門が藩政時代の雰囲気を今に伝えるほか、園内には秋田県民会館秋田市立中央図書館明徳館、秋田市文化創造館、秋田市立佐竹史料館などがある。

また与次郎稲荷神社、八幡秋田神社、彌高神社などの神社も園内に所在する。

歴史[編集]

  • 1890年明治23年) - 陸軍省から旧藩主の佐竹氏へ城跡が払い下げられ、うち本丸・二の丸を秋田市が佐竹氏から借り受け公園とする。
  • 1892年(明治25年)
  • 1896年(明治29年) - 秋田市から秋田県へ移管。長岡安平の設計により整備される。
  • 1899年(明治32年)5月 - 東根小屋町(現在の中通二丁目)にあった八幡神社と秋田神社が本丸に移転してくる。
  • 1907年(明治40年)12月 - 八幡神社と秋田神社を合祀し、八幡秋田神社と改称する。
  • 1909年(明治42年) - 三ノ丸八幡山の八幡神社(藩政期の正八幡社)社殿を秋田県教育会が購入・修繕し、南秋田郡寺内村八橋の日吉八幡神社境内にあった平田神社を移転。更に佐藤信淵を合祀し、彌高神社と改称する。
  • 1913年大正3年) - 渋江政光君三百年祭記念碑建立(秋田藩家老の記念碑。後に2020年度林業遺産の一つに認定[6]
  • 1916年(大正5年) - 彌高神社が二ノ丸厩門前(現在地)に移転する。
  • 1950年昭和25年)10月 - 秋田県児童会館付属動物園(後の大森山動物園)が開園する。
  • 1953年(昭和28年)4月1日 - 秋田市に移管。動物園を秋田市児童動物園と改称する。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 - 付近の地名が千秋公園と改称される(後述)。
  • 1972年(昭和47年)9月1日 - 動物園が秋田市浜田の大森山に移転する。
  • 1984年(昭和59年) - 前年12月に没した佐竹宗家第35代(旧侯爵4代)・佐竹義栄の遺志に従い、公園用地(約14.6ha)が佐竹氏から秋田市へ寄贈される。
  • 1990年平成2年) - 財団法人日本さくらの会によって日本さくら名所100選に選定される。
  • 2005年(平成17年)1月9日 - 八幡秋田神社が放火により焼失する。
  • 2008年(平成20年)3月25日 - 公園が秋田市指定名勝に指定される[3]
  • 2008年(平成20年)12月 - 八幡秋田神社を再建する。

イベント[編集]

つつじまつり
  • 桜まつり(4月中旬~下旬)
  • つつじまつり(5月中旬~下旬)

アクセス[編集]

鉄道
JR秋田新幹線奥羽本線羽越本線 秋田駅から徒歩で約5分。
秋田自動車道秋田中央ICから約15分。
バス
秋田中央交通「千秋公園入口」バス停[7]、または「千秋久保田町」[8]バス停で下車。

地名としての千秋公園[編集]

1966年昭和41年)4月1日、住居表示導入に伴い町名整理が行われ、公園内(現在の明徳小学校敷地を含む)の地名が「千秋公園」となった。他にも公園周辺に「千秋」を冠した地名が新たに作られ、総じて「千秋地区」とされる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 都市公園明細表(秋田市)
  2. ^ 秋田市内指定文化財等件数一覧表 - 「指定文化財一覧表」(Excelデータ)秋田市公式HP
  3. ^ a b 「千秋公園の概要」秋田市公式HP
  4. ^ 明徳館の最高職である第4代酒祭の野上国佐の号が千秋園であった。
  5. ^ 2008年時点で園内に存在する桜771株のほとんどが明治期に有終会によって寄付されたものとされ、樹齢の限界を迎えており[1][リンク切れ]、2020年時点では毎年10株前後の新規植栽を行っている[2]
  6. ^ 2020年度林業遺産(No.43)秋田藩家老渋江政光の林業思想に関する古文書及び石碑”. 日本森林学会 (2021年). 2021年6月19日閲覧。
  7. ^ 多くの路線が経由するが、秋田駅西口の次の停留所である
  8. ^ 秋田駅西口から秋田駅の北東側へ向かう路線が経由するが、秋田駅西口の次の停留所である

関連項目[編集]