千秋季忠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
千秋季忠
生誕 天文3年(1534年
死没 永禄3年5月19日1560年6月12日
別名 通称:四郎
官位 加賀守
主君 織田信長
氏族 熱田大宮司千秋家(藤原南家藤原氏
父母 父:千秋季光
兄弟 季直、季広、季忠
熱田浅井氏娘・たあ
季信

千秋 季忠(せんしゅう すえただ)は、戦国時代武将宮司織田氏の家臣。尾張国羽豆崎城(幡豆崎城)主。

生涯[編集]

天文3年(1534年)、千秋季光の子として誕生。

父・季光は熱田神宮の大宮司であり、かつ、武士として織田信秀に仕えていたが、加納口の戦いで戦死[1]。季忠も大宮司職を継ぎ、信秀の子、信長に仕えた。

永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いに参加。佐々政次と共に鷲津砦丸根砦を落とした今川義元軍と対峙していたが、信長が善照寺砦に到着したのを見て義元本隊に攻撃を仕掛け、政次ともども討ち死にを遂げた[2]

その時母の胎内にあった子・季信が、後に大宮司職と織田信長より遺領となる野並村を継いだ。

脚注[編集]

  1. ^ 太田牛一信長公記』 首巻 「景清あざ丸刀の事」
  2. ^ 『信長公記』 首巻 「今川義元討死の事」